たまにプレイする人のWCCFメモと使用感

たまにしかプレイしないので色々なことを忘れないようにするためのメモの話。 ※このブログに書いた使用感は個人的な印象によるもので、全ての人に当てはまるものではありません。 不都合などが発生しても責任は取れませんので予めご了承下さい。

最近、マンネリを感じてきているので気分転換を兼ねて、検証を並行して行うことにしました。

1回目はアバテを使っているとアーリークロス重視が強力に感じられるので、かつて猛威をふるったあの人を試してみることに。
ついでに気になっていたFWも検証してきました。


検証対象

デビット・ベッカム(0607)WWF

このゲームにおけるアーリークロス重視の代名詞であり、アーリークロス重視の全盛期を築いたカード。
最近ではなりを潜めているが未だに人気の1枚。
今回の使用感次第ではまた復活する可能性も?

オレ・グンナー・スールシャール(0607)

ベッカムの相方として真っ先に思い浮かんだCF。
パラメータ自体はオフェンス以外に突出したものはないものの、裏面のコメントに惹かれて起用してみた。


その他のメンバーは以下の通り。
・オーウェン(0910)
アーリークロスは抜け出す動きと相性が良いように感じいたのでピックアップ。
ベッカムとはレアルで一緒にやっていた間柄でもあることに加え、現行バージョンでも燃費の良さがあるのかが気になる。

・チャールトン(KOLE)
若きベッカム少年に目をつけたという逸話があるとか、なんとか。
いきなりミドルシュートが打てるか。立ち回りがどうかが気になる。

・ボウヤー(0506)
ちょっと面白そうに感じていた全員攻撃持ち。
サイドを拠点に、攻守共に激しいプレイを期待しての採用。

・パーカー(0506)
スプレーキッカーとして様々な方向に散らすキックを期待しての採用。
中盤の底でのレジスタとしての動きも気になる。

・ハーグリーブス(0708)
かつての鉄板白ボランチは今も鉄板足りうる性能を持っているのだろうか?
昔から個人的な使用感はキャリックのほうが上に感じていたので評価が変わるのか気になる。

・キャリック(1011)

昔、0708を使っていた時、攻守において癖が無く、それでいて展開力もあって非常に使いやすかった印象がある。
こちらもそのような動きが見れるか期待。

・レスコット(1112)
守備的SBや3バックの左をこなせそうな能力を持っている。
ロングパス重視持ちとして、奪取後の展開力も気になる。。

・ムーア(SATLE)
イングランドのザ・キャプテンであり、もう一人のボビー。
その戦術眼はいかほどのものなのか。

・ファーディナンド(0809 WBE)
パワータイプのカバーリングで壁の厚みを増してくれるのか。またセットプレイや空中戦の動きが気になる。

・バンクス(1314 ATLE)
手に入れてから中々使うことがなかったのでピックアップ。
イングランド銀行の固さはいかほどのものなのか。

・ブラウン(0708)
似たようなパラメータのシルベストリのように上がって行くのならベッカムのサポートをこなすことも出来るだろうと思いピックアップ。

・スコールズ(1213)
ベッカムを使うのであれば是非とも使いたかった1枚。
異なる攻撃の起点としての動きが気になる。

・ネビル兄弟
控えに置いておくことで頼りになるユーティリティ系兄弟。
SS適性こそないものの、いるだけで安心できるというのは心強い。


今回のチェック項目

1.ベッカムのプレイスタイルとアーリークロスの頻度
2.スールシャールの得点力と燃費
3.オーウェンの得点力と燃費
4.スコールズのパス能力
5.MF陣以降の守備能力


まとめ

試合数こそ少なく設定したが育成はベッカムのみと、アバテのトライアウトの時に近いものに設定した。
立ち上げ時からアーリークロスを上げられるか否かというのが気になるところ。
ここでの動きが主な課題となる。

今回の検証の結果によって、アーリークロス重視が優れているのか。はたまたアバテが優れているのかが分かる。

検証の結果は後ほどまとめる。


この記事は早めに仕上げることを意識すると決めたところで、今回はここまで。

文章もとっ散らかっている気がする…。

最近、暑かったと思えば涼しくなったりと気温が安定しないため疲れがなかなか抜けません。
眠りの質も浅くなっているのも影響しているのでしょう。

何かよく寝れる方法はないものでしょうか?


さて、本題。

1カ月以上ぶりにプレイしにいくことが出来ました。
最近ブランクがあくことが多いですが、新バージョンが稼働したタイミングを逃すというのも久しぶりな気がします。

最近、マンネリを感じてきているところがあるので、今後は気分転換を兼ねて何気なく思いついたチームや選手を使ってみる遊びを入れてみることにします。
今回はアーリークロス重視に復権の兆しを感じたので、その点の検証を行うことに。
詳細は後日、別の記事にまとめることにします。


・本日の対戦成績
12戦7勝2敗3分
対戦履歴




























・現チームの統計データ
統計データ



















・行った練習
練習
休養
練習
交流戦(サイド) 習得:アーリークロス重視G
交流戦(カウンター)習得:なし
練習
練習
休養
練習
練習
休養
練習


・現在のチームグラフ
チームグラフ_比較
















・カード配列
■ 309 ピケ
□ A060 スソ
■ 197 コンスタンティノス・マノラス
□ A118 JTサカイ
□ A079 ジャッケリーニ
□ 036 デヤン・ロブレン
■ 313 デニス・スアレス
□ A084 ディオゴ・ジョタ
☆ SOC23 セドリック・バカンブ

■ 201 ナインゴラン 
□ 360 サムエル・カスティジェホ
■ 344 カゼミロ
□ A026 アルフォンス・アレオラ
□ 181 マッティア・デ・シリオ
■ A075 ファン・クアドラード

新バージョン初蹴りで早速、新キラを引くことが出来た。
スキルはゲッツェやサビオラと同じため、攻撃力には期待することが出来そう。
ふと、思い返してみれば追加の時はビジャレアルのキラを早いうちに引くことが多いように思える。排出率が高いのだろうか?


・今回の感想

今回のプレイでアーリークロス重視Gを習得。
これにより、攻撃力に磨きかかかったり、タイミングが早まるか?と思ったものの、そのような感じはあまり感じられなかった。
ランクが上がれば変わるのかもしれないが、それはまだ先になりそう。

最近は仕事で文章を書くことが多いのですが、ブログの書き方をすっかり忘れてしまいました。
ここらで一度、徹底的なリハビリをする必要があります。
とりあえず、内容を薄くしてでも記事を早く仕上げられるようになろうと思います。

そのためにも、出来るだけ早く記事を書きあげ、プレイしに行く時間を稼がなければ。


今回はここまで。

・今回のプレイ動画 
・1試合目


開始時コミュ:秘書 ○

1.グラウンド:ヴィエリ ○
2.ラウンジ:ヴィエリ⇔アバテ ○(緑コメ) 
3.ラウンジ:マンチーニ⇔コイス ○(黄コメ)


・2試合目


開始時コミュ:なし

(特別指導) (習得:) (変更なし) (緑黄コメ) (アイテム:) (秘書介入)
1.ラウンジ:シルベストリ⇔ビエリ ○(黄コメ)
2.グラウンド:ヴィアッリ ○
3.ラウンジ:ビエリ⇔アバテ ○(黄コメ)


・3試合目


開始時コミュ:コーチ変更(ディフェンス)

1.ミーティング:ヴィアッリ(特別指導)  ○(習得:ストライカー)
2.グラウンド: ミーティング: ラウンジ:アバテ⇔コリーニ ×(黄コメ) 
3.グラウンド:アバテ ○

この試合からオールAに。


・4試合目


開始時コミュ:なし

1.グラウンド:アバテ  ◎
2.グラウンド:シルベストリ ○ 
3.ラウンジ:アバテ⇔ヴィアッリ ×(黄コメ)


・5試合目

ユニバ1戦目




続きはこちら
プレイ動画(6~10試合目)

このページのトップヘ