たまにプレイする人のWCCFメモと使用感

たまにしかプレイしないので色々なことを忘れないようにするためのメモの話。 ※このブログに書いた使用感は個人的な印象によるもので、全ての人に当てはまるものではありません。 不都合などが発生しても責任は取れませんので予めご了承下さい。

ヴィアッリ










約300試合経過での感想
個人覚醒ボーナス:スタミナ
(上記画像は2枚目のIC終了時の成績)
使用チーム
E・G・Hitch_2nd

主な使用位置
CF

プレイスタイル
フェイントを入れず直線的なドリブルでゴールに向かっていくタイプのストライカー。

ドリブルの基本性能
ドリブルは直線的なものがほとんどでフェイントを入れることもないが1対1でなら高い突破力を誇る。
いかなる状況であってもまっすぐゴールに向かってドリブルをしていくというプレイスタイルのおかげで相手コーナーキックを防いでからのカウンターで一人でボールを持ち上がり得点を決めることも多かった。
抜かれた相手は一瞬立ち止まった状態になることが多く、一度抜いたら後ろから追いつかれたりファールをもらったりすることは少ない。
ドリブル自体は特に大きく蹴りだすようには感じはなく、基本的には直線的なドリブルだが状況によっては稀に左右に切り返しを入れたドリブルで突破していくこともある。
 
シュートレンジ
シュートレンジ1 










黄色い部分が今回のプレイでのシュートレンジ。
これ以外の場所では枠内に飛んでいったり飛んでいかなかったり、入ったり入らなかったりと安定感に欠ける。
☆がついていない状態ではこれよりも少し小さめ。

長所
・ゴールエリア内では屈指の決定力を誇るストライカー
チーム立ち上げ当初の星が付いていない状態ではシュートをふかしたり枠を外したりすることも度々あるが個人の☆が付いていくことで徐々に改善していく。
個人☆2つ辺りからはシュートが枠を外さなくなり、個人☆が4つか5つになるとゴールエリア内ならどこからでもゴールを狙うことが出来るようになる。
ゴールエリア内でフリーでシュートを打てばGKに触れられることなくゴールネットを揺らす。

クロスやコーナーなどの浮き玉の対応は序盤はヘディングが多く、威力もふんわりとした弱いものが目立つが連携が育ったりセットプレイを育てることでヘディングの威力は増し、アクロバティックなボレーなどシュートのバリエーションも増えてくる。
ゴールエリア内の競り合いにも強く、周りを相手に囲まれていてもゴールを決めることも珍しくない。

・仲間に対するパス意識
ストライカーとして点を取ることだけではなく味方にパスを出す判断もなかなか良い。
ボールを持って相手ゴールエリア内に進入した時に相手のディフェンダーがチェックをしてきたときもゴールエリアに味方の選手がいればそちらにパスをすることも多く、そのパスを受けた相手はフリーの状態でシュートを打つことが出来る確率が高い。このプレイは主に2トップのときに見られた。 

またサイドが空いていればそちらに流れていき速く精度の高いクロスを上げることもある。
しかし、こちらはあくまでもオプション程度として考えておくほうが無難。

・高いボールキープ
パワーが18と高いため相手のタックルに潰されることは少ない。
とはいえパワー全盛期のカシラギとかのように触れるもの皆吹き飛ばすというほどでは無く負けるときは負ける。
相手を跳ね除けるのではなく潰されないためにパワーがあるという感じ。
相手MFに止められるということは少なく、止められるのであれば相手CBのみでそれ以外には止められた記憶がほとんどない。

・怪我耐性
今まで試合中に病院送りになった記憶がない。
練習中に1,2回あったかな?という程度。

・PK
フィールドでのPKキッカーに指定していて、任期中に数回蹴ったが外したことはない。
引き分けで発生するPK戦でも同様でPK戦に弱いといった印象はない。
ただ、回数が圧倒的に少ないのであまり参考にはならないと思われます。

短所
・エリア外からのシュートが苦手
ゴールエリア内に入ってしまえばどんな場所からでも正確に強力なシュートを放ってくれるが、ゴールエリアに入れなかった場合は威力も精度も一気にしょぼくなってしまう。
使用するKPやチームのオフェンス意識、個人覚醒でパワーを上げれば入るようになる可能性は大いにあり。

・個人ですべてを打開できるタイプではない
メッシやクリロナ、カカのように高いスピードやテクニックで抜いていくタイプではないので別にパスを供給できる相手がいなければ活かされない可能性がある。(1トップ体制の時にはあまりパッとしないときも多かった)

・トラップやシュートでややもたつくことも
位置の関係上高い位置でパスを受けることが多く、後ろ向きでボールを受けてから反転しシュートを打ったりドリブルを始めるまでにもたつくことがある。
相手GKやDFに近い位置でもたつくとボールロストの原因になるので気をつけなければならない点である。

その他
基本的にはコンディションは普通以上で安定しているが、一度不調以下に落ち込むと長引いてしまう。
成長しきっていれば不調でも得点を挙げ続けることが出来るが、ドリブルなどの突破力は落ち込む。絶不調のときは何の仕事も出来なくなってしまう。
CPBがモチベーションのチームで使うと安定して得点を挙げ続けることが出来る。

フリーキックやコーナーキックのようなプレースキックは蹴らないのでどんな威力があるのかはわからない。

個人的な感想
高い位置からプレス点灯すると自陣中央まで戻ってきてしまうことが多かったため個人覚醒でスタミナを上げたが個人☆が成長することで改善されスタミナは大きく残ることになってしまった。
本来の仕事である点取り屋に専念させる場合にもスタミナをあげる必要はなかったかも。
 
テクニックやスピードを上げれば突破の可能性やカウンターのスピードが上がり、パワーやオフェンス意識を上げればミドルシュートの威力が上がったかもしれない。

ポストプレイなどをさせるために1,5列目など少し下がった場所でならチェイシングも行うのでスタミナを上げるのも良いかもしれない。

敵にボールを取られると自陣中央まで戻ってきてしまうところは個人☆や連携が繋がったことで解消された印象。
カウンターに備えるためにセンターサークルの辺りまでは戻ってくるがそれよりも深く戻ってくることはほとんど無くなった。

ゴールエリア中央、ゴールキーパーの正面よりも、ゴールエリアの左右どちらでもいいので角にかかるようにおいたほうが点を取りやすい気がする。
これは先にも述べた通りやや動きがもたつくことがあるので相手の飛び出しに対応するための時間稼ぎをするため。
彼がゴールできない場合のほとんどがシュートを打つ前に取られることによるもので打つことが出来ればかなりの確率でゴールを決められる。

10-11ver.~11-12ver.までの感想。

本日の戦績
7戦7勝
・CT





・JT

・レギュラー

オファー辞任→メキシコシティ

師弟
ヴィアッリ、マンチーニ、アントニーニ

最後の最後にJTに遭遇。
CTも獲得し、直前にあったボーナスの効果で好調、絶好調でデータ対戦に登録出来たのは良かった。
継承したチーム(Rabies Growl)でEPCを獲得したら10億までいったので、レギュラーを飛ばしてEPCの決勝で辞任すれば10億まで年俸がいったのかもしれない。

個人別使用感
・ヴィアッリ
もはや伝説と実況されるほど点を取りまくった。
最終的には200点くらいまでいったと思う。

本日の戦績
3戦3勝
EPC

・行った練習
FK(ハード)
有名コーチ(イタリア、ハード)
有名コーチ(イングランド、ハード)

選手別使用感
・チャールトン
チャールトン











立ち上げ時のグラフの小ささ、ミドルシュート重視C→Bでは流石にエリア外からのシュートは威力が弱く決まらなかったがコースは狙っている印象。
エリア内でもまだ威力はやや弱めで相手GKに当ててしまうこともしばしばだがコースを狙っているような印象もある。 
打つときにもたつきもあるもののなんだかんだで決めるので問題なし。

・ビジャ
ビジャ











決定力やパスの精度はまだまだ微妙だが決定的な縦パスを出すなどこれからに期待出来るプレイを見せてくれた。
シュートはコースを狙って打つが現時点では威力は弱め。
他のカードにミドルシュート重視があるためこちらもエリア外からシュートが入るようになる可能性があり期待が持てる。
サポートKPでチェイシングを使用しているが彼が取っているのはあまり見かけない。
ハードプレスディフェンスの影響か前線の全員がボールに群がっていくのは見ていて楽しい。
エゴイスティックなプレイを見せるのかと思いきや味方を活かすプレイがメインで攻守にわたって献身的に動いていたのはある意味で誤算。

・クリロナ
クリロナ












立ち上げ時から角度のない所から強烈なシュートを披露。この決定力は大きなアドバンテージになりそう。
フェイントは相変わらず多目で今までの感覚からすると多少ヒヤヒヤすることもあるが突破力も申し分なし。

・ガットゥーゾ
ガットゥーゾ












奪取力が高く守備範囲も広い。
危惧していた足の遅さもなく玉離れも悪くない。
現時点ではパスは確実につなぐショートパスオンリーで決定的なパスは見られない。

・ビエラ
ビエラ













こちらもガットゥーゾと同様に広い守備範囲とどこまでも追いかける守備に好感が持てる。
何気にチーム2得点目をあげている。
こちらのシュートもまだエリア内からでないと入らないと思われる。

・カンナバロ、プジョル、テュラム
カンナバロプジョルテュラム 



































3人ともフォアチェック型で気がつくとトップ下の辺りのかなり高い所まで上がっている。
しかし守備力は高く、戻りも早いためなんだかんだで相手に仕事をさせない。
タイプはいずれも似ているが細かいところに違いがあり、
テュラムは切り返しを多用したテクニカルなドリブルを見せ、
プジョルはビジャやセスクに一気に通すパスや、コーナーをヘッドで押し込むパワーを、
カンナバロは前線から最終ラインまで振り切られずに追いかける守備を見せてくれる。
守備はいずれもクリーンな印象がある。
ただ、やはりどこまでも上がっていってしまい最終ラインがいなくなってしまう危険性もあるので最後の1枚をネスタにしたのは正解だったと思う。

・シュバインシュタイガー
シュバインシュタイガー











現時点では決定的な仕事は見られなかったものの攻守に参加していく姿勢はよい。
ただビジャの動きが思っていたのと異なり、かなり献身的だったため役割がやや被っているようにも感じる。

・セスク
セスク 












ハーフタイムに交代し後半から投入。
こちらもビジャ同様に得点に結びつくような縦のフライスルーを度々披露。
玉離れは異常なほど良く、受けたボールはほぼダイレクトにパスに繋げる印象でドリブルをしている所を見かけないように感じるほど。
SS持ちらしいので発動した時にどうなるのかが気になるところ。

・トマソン
トマソン 











1試合のみ後半からの投入。
外科医というあだ名から切れ味の良いプレイを想像していたが、こちらも献身的なプレイを披露。 
裏面に書いてある通りSTの辺りが適正なのか?
cpuチームでssが発動していたのでSS持ちなのは間違いなさそう。

・トゥドール
トゥドール 












こちらも1試合のみ後半から投入。ディフェンスラインではなく、ボランチでの起用。
絶不調での投入だったがCPBの効果で不調程度に。
不調状態でもプレイの質は悪くなくガットゥーゾと同様にシンプルなパスで確実につなぐ印象。
ドリブルも決して遅い印象はなかったが、上がってからのパス出しはボランチに置いたせいか?

・ネスタ、ブッフォン
ネスタ
ブッフォン 























3試合で2人ともワンプレイしか見られなかったので細かい評価は出来ないがネスタは相手のシュートコースを切りながら奪取に向かう印象。
ブッフォンの影響なのか成長しきっていたペリッツォーリの時よりもネスタのポジショニングが良かった印象がある。

・マケレレ、ガラ
マケレレガラ






















 

登板なし。


※ここに書いた使用感は個人的な印象によるもので、全ての人に当てはまるものではありません。不都合などが発生しても責任は取れませんので予めご了承下さい。

チームのパラメータ、KP
無題 












O:ミドルシュート重視C→B
D:ハードプレスディフェンスC→B
S:チェイシングC→B

・チーム全体の印象
連携が繋がっていないため素早いパスワークなどは見られずシュートを打てないこともしばしばあった。
しかし相手DFにボールを取られても次から次に取られたボールに襲いかかり相手にクリアさせる前に取り返してゴールを決めるプレイは構想段階から望んでいた通りの動き。

まだチームの勝利意識が低いため選手のモチベーションも高いとはいえず調子もやや低め(好調か不調、絶不調はなし。呼び出した選手のみ絶好調)といった印象。

ただ動きは想像してよりも遥かに良く連携やグラフが成長していったらどうなるのか期待出来る。

立ち上げ時のパラメータでEPCとはいえタイトルを獲得出来たので前途洋々と言える。


攻略用メモ
タイトル獲得年俸ボーナス
EPC:600万

次回コミュニケーション
チャールトン→賞賛

このページのトップヘ