たまにプレイする人のWCCFメモと使用感

たまにしかプレイしないので色々なことを忘れないようにするためのメモの話。 ※このブログに書いた使用感は個人的な印象によるもので、全ての人に当てはまるものではありません。 不都合などが発生しても責任は取れませんので予めご了承下さい。

この間の更新に書いた通り、先週はDOCOMOの糞対応にストレスを溜めながら仕事をしていたわけですが、その影響もあってか右手の小指と薬指に痺れるような感じが出てきました。

感じでいうと正座した後に足がしびれた後の治りかけの感じがずっと続いている感じ。

現在は座り仕事なのでキーボードを打っていると段々痛がゆくなってくるのは結構困りもの。

スマホに関しては消費者センターに相談して進めているのですが、それでもおかしい対応がされていることが判明したので、この後に改めて消費者センターに報告書を送って相談してみようと思います。


さて、本題。

今回のプレイでは50枚と大量に抜いてしまっので、書くの面倒くさいなぁ~。とか思ってしまいました。
その結果、「そうだ、動画にすれば書かなくて良いじゃん!」とか思ったんですが、あれはもっと大変ですわ。
淡々と剥いていくにしても、気になる選手が出たら止めるにしても常にカメラの映像を見ながらになるので字は読みにくいし、カードに集中したらカメラの範囲からはずれるしで、もう大変。

何より手が傷だらけなので見るに耐えません。
今までの人生で縫うような怪我は手だけで20針は、ゆうに越えてるんじゃなかろうか?

結局、手間はかかっても手書きの方がよっぽど楽にやれそうです。


今回の釣果
075 クリスチャン・プリシッチ
016 ウェルベック
218 ガビ
178 ドゥシャン・バスタ
A41 ニコラス・ガイタン

191 フィリプ・ジョルジェビッチ
261 ルベン・セメド
ARS ニコラス・オタメンディ
J54 ヨシアキ・コマイ
114 ブルーノ・ペレス

A40 ステファン・サビッチ
242 ダニエル・カルバハル
171 ジョルジーニョ
J38 リョウ・オクイ
250 コバチッチ

022 アルベルト・モレノ
078 シュールレ
005 コシールニー
197 クリスティアーノ・ピッチーニ
A34 アダム・マルシッチ

072 マフムド・ダフート
YGS ミリンコビッチ
266 ロドリゴ・エルナンデス
146 アレックス・サンドロ
A19 ロマニョーリ

238 ジェロール・デウロフェウ
065 ビュルキ
J24 トモヒコ・ミヤザキ
118 コンスタンティノス・マノラス
A48 フランチュ

246 バラン
POS カルバーリョ
201 カルバーリョ
J46 カズヒコ・チバ
008 モハメド・エルネニー

069 トプラク
089 リベリー
267 レオ・スアレス
A46 アクラフ・ハキミ
251 トニ・クロース

J39 マテウス
087 コマン
A35 パトリック・ガバロン
006 ナチョ・モンレアル
BRS ジェズス

023 アンドリュー・ロバートソン
073 ゲッツェ
147 キエッリーニ
J22 ダイキ・オガワ
081 ノイアー


追加キラは4枚中3枚と上々な結果。

オタメンディは守備の薄いアルゼンチンにはありがたい90越えのCB。
選択肢が増えるというだけでも十分ありではなかろうか。
とりあえず、登録はしないで知り合いのところ送りかな?

カルバーリョはキラが出た直後に黒が出るという、天丼を放り込んでくるとは思わなかった。
今回バージョンはパワーが高い選手のほうが良い印象があるので悪くはないのかも?

ジェズスはオフェンスが高くて優秀そうだがYGSがあるので普通に使うのであればそちらになりそう。
特殊実況がフェノメノということはロナウドに比肩する得点力があるということだろうか?


キラ以外で嬉しいのはモハメド・エルネニーかな?
EXで白カードがあるものの、もじゃ頭のバランス型CHは貴重だし、選択肢に余裕が出てきたら黒くしてみるのも面白いかもしれない。


キラだけ見れば追加は多いけれど、追加カード自体はそこまで多くはない。
BTもそこまで引けていないのはちょっと残念。
他にもめぼしい選手がいるわけではなかったので大当たりというわけではなかったかな?

次回からはまたいつものペースでだらっとやっていくことにしよう。


今回はここまで。


先週はビックバン・ベイダーが亡くなったと聞いて驚きました。
セガが出したプロレスゲーム「ジャイアントグラム」シリーズでは初心者がぶつかる壁として。
リアルのプロレスでも巨体から繰り出されるパワー。それでいて軽々と宙を舞う軽快さ。まさしく怪物と言える名レスラーでした。
飢狼伝説シリーズのライデン。ビッグベアのモデルとしても有名です。

晩年は余命2年を宣告されていたということも記事を見て知りました。

ご冥福をお祈りいたします。




折角、有給を取ったのに全く休んだ気もせず、リフレッシュどころか新たにストレスを溜めただけになった最悪の一日でした。

それもどれもドコモのせいで。

先日、ケータイ補償で変わったばかりのスマホの挙動がおかしく、修理に出しても再発して悪化したと以前の記事に書きましたが、今日ドコモのお客様相談センターから電話がきたのですが、その対応があまりにも酷く、怒りと呆れの感情が入り混じり、報告とかが書ききれなくなりそうなので別記事でまとめておくことにします。

twitterでも書いたものの、事の顛末を最初から書きすぎてしまったため、読みづらくなってしまい本末転倒になってしまった感も正直あります。


肝心の内容としては先日、取り付けた約束の通り、電話が来たわけですがやっていることは前回と同じく、「初期化して修理に出せ」の一点張り。
それに対して「じゃあ、どうやって問題が起きているのか証明出来るのか?」という質問に対しては、「個人で入れたアプリがどのように影響しているのか調べることはない」と言ってきました。

スマホを使っている人はわかることですが、スマホは「自分でアプリを追加して機能を拡張して使う端末」なわけです。
それに対してドコモの回答は「文句を言いたいならアプリを入れないで買ったばかりの状態で使ってろ」と言ってきたことになります。

言葉の通りに従うとしたら、スマホゲームはおろか無料通話ソフトであるLINEを使うことも出来ません。
今時、キャリアメールだけでやり取りしている人がどれほどいるかはわかりませんが、そのような人は少ないでしょう。

さらにドコモ側は平日の昼間。しかも通話料金も支払わないと通じないところにしか相談窓口はありません(ドコモショップは受付口ではありますが相談窓口ではありません)。

そこに不具合の報告が来ていないから問題は起こっていない。とも言いきってきました。
ならば「皆が働いている平日の昼間の限られた時間」に「わざわざ公衆電話よりも高い金を支払って」不具合の報告をする人がどれほどいると考えているのか。
そして、解決法も現状の説明も何もないところに電話をかける意味があるのか?

と言いたいです。

私もたまたま有給を取っていたから対応することが出来たものの、普通に働いていたらそのようなことを相談することすらままなりません。
したとしても昼休みを返上し、「ドコモショップの人に言われたのでこちらに電話しました」→「ドコモショップに行け」という無駄な会話をするために金を支払わなければならないわけです。

一度でも電話をしたらそんなところに、こちらからかけようと思う人がいるのでしょうか?
少なくとも私は今後、そのようなところに電話したいとは思いません。


話をしているうちに責任者、部門の最高責任者と移り変わっていきましたが、言っている内容がかみ合っているとは思えませんし、自称最高責任者の男が言ってきたことは「電話を切れ」。警察に通報するぞと暗に仄めかす脅し文句。
話し方も、たまにテレビでやっている詐欺業者に電話で取材をしている番組で、詐欺業者がマスコミに逆ギレしている態度そのもの
仮にも一介の責任者がやるような態度ではありません。

こちらからしてみれば「サービスを使いたかったらこれを買え」と押しつけられた端末を使っていたら補償期間中に不具合が生じ、問い合わせたら「知るか、ボケ!」と言われているわけです。

これで問題がないと言えるのであれば、何があっても問題は無いと言っても過言ではないでしょう。

通話が終わってからも、まだ怒りが収まりません。

今日の朝に大阪で大きな地震があったため、それの対応で忙しいと仮定するとしても、事情を説明し「後日の対応でよろしいでしょうか?」と言えば、それで済む問題です。
そのような機転も利かないのが責任者というのは不思議でなりません。


またドコモ側は修理に出せと簡単に言ってきますが、その際に「こちらが使用しているフィルムなどに関しては一切補償しない」とも宣言をしています。
つまり、ガラスフィルムのようなものを買っても弁償をしないというわけです。

2つ折が多かったガラケーでは落としても中の液晶が割れることは少ないですが、スマホはご存知の通り1枚の板のような形をしています。
液晶の面も表に出ているため、落としてしまい当たりが悪ければ液晶がヒビだらけになってしまうことも珍しくありません。
そうでなくても、普通に使っていても簡単に傷が入ってしまうものです。

私はそれが嫌でダンパー代わりにもなるガラスフィルムを貼っています。
ガラスフィルムも最近は100均で買えるようなものも出ていますが、それはiphoneのみ。
統一規格の無いandroidではそのような価格で買えるものはなく、実際に買えたとしても石油の臭いがする嘘ガラスフィルムであったり、表示されている商品と異なるものが届くことも多いです。
現に私も何度も掴まされました。

確かに以前と比べると高品質なものが安く買えるようになってきましたが、それでもまだ1000円以上するものも多くあります。
普通のフィルムであっても定価が800円前後するわけです。

それでも余程酷く扱わなければ、1年以上使用しても問題ない商品です。
1度買えば頻繁に変えるということも無いでしょう。

そしてガラスフィルムは一度剥がしてしまうともう貼りつけないことがほとんどです。
通常のフィルムもほこりが貼りついてしまい、同じように使うことは出来ません。
それをユーザーの意志ではなく、メーカーの強制によって破棄させられるのです。

スマホのような10万超える商品も珍しくない高額な商品を。さらに2年縛りというユーザーに不利益しかない契約の違約金を支払ってまで頻繁に買い替えるという人がどれほどいるかは知りませんが、長く使う前提の道具であれば壊れないように使うのが普通だと思います。

長く使うために買った道具を、補償期間中に何度も壊れる品物のために何度も無駄にされることに怒りを覚えない人はどれだけいるのでしょう?

今回買わされた機種がここまで不具合を起こすと知っているのであれば、いくらか金を支払ってでも最新の機種を購入していました。
それほど不快な出来事です。


様々なところで文章化したことで多少落ち着きましたが、言われた内容に納得するようなことはとてもではありませんが出来そうもありません。


とりあえず、今回はここまで。

会社から昼休みを返上すれば、なんとか歩いて行ける範囲に消費者センターがあるそうなので一度相談しに行ってみるのも一つの手かもしれません。

昼過ぎにアップした通り、久しぶりにプレイしに行くことが出来たので、やっておきたかった50枚抜きをやってきました。
プレイの後に映画を見に行ったのですが面白かったです「ピーターラビット」。

レディ・プレイヤー1を見に行った時の予告を見て、必ず行こうと決めていたのですが、twitter上の「ピーターラビットっていうか、ただの外道」的なコメントが気になっていたのですがあながち間違っていない気がします。
吹替しかやっていなかったので、そちらで見たのですが久しぶりに千葉繁のテンションの高いセリフ回しを聞くことが出来たのでそれだけでも儲けものでした。

何も考えずに笑える映画なので、多くの人が楽しめると思います。
オススメ!


さて、本題。

そろそろ次のチームであるもじゃもじゃ縛りに移ろうと思っているので継承要員であるサンチェスの能力の上げ直しをしてきました。
そのため、レベル30になるまでずっとサンチェスを呼び、練習の頻度も極力減らしてみました。

最終的な結果はプレイ日記で。


・本日の対戦成績
18戦11勝3敗4分
対戦履歴






































今回はレギュラーリーグとチャレンジマッチのみを周回していたが、特定パラーメタ上昇練習は出なかった。
とりあえず、現任期中に伝家の宝刀は抜けそうにないだろう。


・現チームの統計データ
統計データ


















サンチェスの記録が一旦リセットされたが、すぐさま2位に返ってきた。
それよりもファンニステルローイが得点・アシストで共に1位になっていることのほうが驚き



・行った練習
休養
練習
休養
練習
練習
休養
交流戦
交流戦
練習
休養
練習
休養
練習
休養
練習
休養
交流戦
交流戦


・現在のチームグラフ
チームグラフ_原本 - コピー























・カード配列
枚数が多いから、後で。




・今回の感想

前回のプレイからまた1ヶ月くらいあいてしまったが、その辺りはまぁ仕方なし。ということにしておいて、久しぶりに日曜の朝っぱらにプレイしに行ったが、けっこうプレイしに来る人がいて驚いた。

ほったらかしブログのアクセス数も少し戻っていたので、離れていた人がバージョンアップに伴い戻ってきているということなのだろう。

現行の検証もそろそろ終わりが近づいてきたので、そろそろ次回チームのメンバーもまとめておく必要がある。
いろいろと準備が必要になってきた。ということだろう。

とりあえず、13試合ほどあればレベル30にすることは出来るのは確認取れたので、次回はもう1回リセットして育成し直してみることにする。
とりあえず、トータルで+10する方法が確立できれば次のチームでの育成方針として役に立つことだろう。


明日は有給を取ってお休みなので、続きは明日にでも書くことにしようと思う。

よーし、後でもう一本映画を身に行っちゃうぞ~!!
今度はデップーだ!!


今回はここまで。

練習の結果とかは後で、もうちょい修正します。

このページのトップヘ