たまにプレイする人のWCCFメモと使用感

たまにしかプレイしないので色々なことを忘れないようにするためのメモの話。 ※このブログに書いた使用感は個人的な印象によるもので、全ての人に当てはまるものではありません。 不都合などが発生しても責任は取れませんので予めご了承下さい。

・選手別の印象
・ザウリ
ザウリ






























コリーニが攻撃の陰の功労者とするなら、彼は守備の功労者。
相手の後ろからボールをさらい、近くの味方へと確実にボールをつなぐ。

今回はサイドチェンジのような大きく蹴りだすようなプレイはあまり見せなかったが、まるで暗殺者のように静かにかすめ取るような守備が印象的だった。

静かながらの守備にかける意識は強いようで、相手を追って最終ライン付近まで顔を出してくることも決して珍しいことではなかった。


◆累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回


・パロンボ
パロンボ






























中盤の底としてフィールドの様々な場所に顔を出しては相手を抑え込んだり、ボールを奪取するなど中盤守備の軸を担っていた。

しかし、その運動量が仇となってスタミナは豊富にある分類に属する彼であってもスタミナがギリギリになってしまう試合も少なくない。
疲れが溜まってきたなら気をつける必要があるだろう。

◆累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回


・ドミッツィ
ドミッツィ






























守備力はそれなりにあるとは思うのだが、攻撃に関する動きは悉く悪い印象がある。
どうも、自分で持ちあがろうとする気概が弱く、相手がボールを取りに来る素振りを見せたら、背を向けてしまうことも。

守備範囲の広さや卓越した能力というものをあまり感じることが出来ない。

◆累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回


・ガスタルデッロ
ガスタルデッロ






























相手の体を抑え込み、ドリブルの勢いそのままにボールを相手を離すというディフェンスを見せた。
この場合、真っ向からぶつかりに行っているのに倒してファウルを止めることなく、かといって競り負けているわけでもないと誉めるべきなのだろうか?

1人では一時しのぎにもなりにくく、ラインを割ってもどちらのボールになるのかわかりづらいが進路上に現れたら嫌な存在かもしれない。

今回の場合は相手に向かっていったことでこのような事態になったが、これが相手が内に切り込もうとしたタイミングで進路上にいられたりしたらかなり嫌なプレイでは?と思う。

累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回


・シルベストリ
シルベストリ






























3バックの右として使っているのだが、気がつけばWGの辺りまで上がっていることもしばしば。
そこそこにアシストをしようとしているのだが、精度に関してはまだまだといったところだが、ターゲット役が得意な選手と組ませれば活躍できるのでは?と感じさせてくれるレベルにはなってきた。

頻繁に上がって行く彼だが戻ってくるスピードもそこそこあるようでカウンターの穴にはなりにくくなっている。
守備範囲は縦方向に長く、横方向の守備範囲は縦の半分くらい。
ポジションを調整すれば多少横にも広くなるのかもしれないが、スタミナが格別高いというわけでもないのでガス欠には注意が必要と言える。

ドミッツィはカードの置かれている辺りからあまり動かないのに対し、彼はピンチと見るや配置個所から離れた場所であっても積極的に顔を出しに来る。
クロスやカットインといったサイドからの攻撃に対してその印象が強く、逆サイドからの仕掛けであれば自らもガツガツとボール目がけて走り込んでくる。

サイドではパットしないことはあっても、中央寄りでは足を伸ばしてボールをずらすなど水際で防ぐ守備で持って活躍をしてくれている印象がある。

◆累計カード
Y:1枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回


・パリゥーカ
パリゥーカ






























元々の足の遅さもあった左右に大きく降られるプレイの時は間に合うことなく、シュートを打たれてしまう。
調子が低水準で安定していることもポテンシャルを引き出すことのできない重要な要素と言えるだろう。

FCエウローペー12戦では特にひどく、クロスからヘッドだけでもれなく頭の上を越えられ3失点してしまった。
それともイブラヒモビッチが流行っているというのはクロスに高さで合わせるのが強いということなのだろうか?


◆累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回



続きはこちら
選手別の印象(控え)と今回の総括

・選手別の印象
・ヴィエリ
ヴィエリ






























今回はAEヴィエリを使用してみた。
基本的な使い心地に違いは感じ無かったが、自分で持ちこむというよりも待ち構える印象がある。

クロスに対しては頭で合わせるよりも、ちゃんと足で打ったほうが決定力は高い。
待ち構えてのヘディングは射角がかなり限られており、立ち位置からコースも限定されている印象。
移動しながらのヘディングとの違いはここにあるということがよく分かる。

手前でワンバンするくらいのほうが足で合わせやすくなるため、そちらのほうが旨味があるかもしれない。

◆累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回


・パッツィーニ
パッツィーニ






























もしかしたらヴィアッリよりもシュートが巧いかもしれない。
というのもきちんとコースを狙っているような印象があり、相手GKの反応を見ると逆をついているような時もある。

ボールを受ける時のトラップも巧いので育成すれば化ける可能性は秘めていると言えるだろう。

◆累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回


・マレスカ
マレスカ






























特に印象はなし。
というか、試合に出しただろうか?

◆累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回


・コイス
コイス






























相手を腕で抑え込むドリブルで意外とボールを持ちあげられた。
1対1の状態ならそこそこやることが出来ると思われる。

◆累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回


・ラノッキア
ラノッキア






























今回はスタメンで何試合か出したりしたが、彼がボールを止めている場面というのを見た記憶がほとんどない。
スタメンで起用するよりも、後半からの守備固めで使うほうが無難だろうか?


◆累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回



・総括
チャレンジマッチを経て、アーリークロス重視Gにパワーアップしたがこれといった違いは感じられなかった。
だが、アバテがダイレクト気味にアーリーを上げることが出てきたり、シルベストリが上げたりするようになったことを考えると地味に効果はあったのかもしれない。

最近、体力のほうがめっきりと持たなくなってきており、仕事から帰って来てから何かする気概になれず、ぶっ倒れるように寝てしまうこともあって予定より遅れてしまった。
しかし、これで明日は気兼ねなくプレイしに行く条件は整った。


最終的なアーリークロス検証用のメンバー構成の調整を考え始めながら、今回はここまで。

この間、久しぶりにベルセルクの新刊が出たので喜び勇んで買ってきたのですが、話が大きく動き出そうとしているので次の巻が今から楽しみです。


さて、本題。

着弾報告が続々と上がっている中、ポストを覗いてもそれらしいものはなく、「今回もハズレたかなぁ~」とか思っていたら今朝、ポストの中にあの封筒が。
仕事前ということもあり、開けたい気持ちをぐっとこらえてお仕事へ。

仕事を早々に切り上げ、家に着くと封筒もちゃんとある。
・・・夢じゃない。


夢じゃないぞ~!!!


封を切ると
430














CONGRATULATIONS!!!



当たったぞ~!!!!!!!!!!!!



いつも思うことですが、この瞬間はピローから上級レアが出るのとは異なる興奮がありますね。

ワクワクしながらピローを開封。


当然中から出てくるのは…???











「デッドプール」の画像検索結果
「呼んだ?」


お前じゃねぇ!!!!!!



「なんだよ、赤と黒が似合う男って言ったら俺ちゃん以外にいないだろ?」


少なくとも今、この場においてはお前じゃない。
皆のアイドル、デップーたんのことを知りたい人はここじゃなくて、TUTAYAにでも行ってきてください。


デップーのことはさておいて、

「さておくなよ」



もぅっ、帰れよ~!!
話が進まないじゃないかよ~!!!
も、もぅ、何っ、なんなんだよぉ~。



…。

……。

………。



今まで基本的に一人称視点で記事を書いていた身にとって、いきなりデップーと絡むのは難しいですね。
うん、ほんと難しい。



で、話を元に戻すとして中には…。

432
















スーペルピッポの御姿が!!


これや。これを生で見たかったんや…。

「パトラッシュ」の画像検索結果


あっぶね!!危うくパトるとこだった!!





裏面のト書きを見る限りだと、ワンタッチゴーラーとしての活躍が強そう。
…ということは、ベッカムとの相性もいいんじゃないかしら?

とりあえず、次回のプレイでは試そうと思っていたベッカムのアーリークロス検証用のイングランド縛りチームを修正して彼をねじこみ、一緒に検証してこようと思います。


明日、明後日中にはプレイ日記を仕上げなくちゃなぁ。と思ったところで、今回はここまで。

知り合いが最後にブーストかけたみたいだけど、当たってよかったわぁ。




このページのトップヘ