たまにプレイする人のWCCFメモと使用感

たまにしかプレイしないので色々なことを忘れないようにするためのメモの話。 ※このブログに書いた使用感は個人的な印象によるもので、全ての人に当てはまるものではありません。 不都合などが発生しても責任は取れませんので予めご了承下さい。

・選手別の印象
・キエーザ
キエーザ




























今回得点はあげたものの、トータルでの決定力ではパッツィーニに負けており、白だと少々物足りない印象が否めない。
育成していけば変わるのかもしれないが、チームの構成的にはそのような余裕はないため、リストラが決定した。

思い返せばどのカードを使っても彼を上手く使いこなせた試しがないので、相性の悪い選手なのかもしれない。

◆累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回


・パッツィーニ
パッツィーニ



























点を取ったり、アシストをしたりとなんだかんだで何でもそれなりにこなしている印象がある。
このカード以外にもミランユニなどいくらかあるので他のカードを試してみるのも面白いかもしれない。
SS適性こそ無いものの、1011の頃のほうが能力が爆発力が高いとも聞いたのでそちらも試してみたいものである。

◆累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回


・クアリアレッラ
クアリアレッラ




























彼もキエーザと同様に結果を出してはくれたものの、後半の得点源としての働きを期待する3人の中で格別優れているようには思えなかった。
彼もキエーザと同様にリストラが決定したが、こちらは違うチームでちゃんと使ってみたいと思えた。


◆累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回


・コイス
コイス



























ザウリと入れ替えで控えに降格したが、今回はザウリの銚子の悪さもあってかそれなりに試合にも出ていた。
単純な守備の能力からすればパロンボよりも優れているように思える。

消えてしまうことの多い中盤守備ながら堅実なプレイでもって、その存在感を示していた。
同じチームのマレスカとの相性も悪くなく、意外なチャンスを生み出すかもしれない。

◆累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回


・ガスタルデッロ
ガスタルデッロ




























基本的な守備能力としてはラノッキアと同様に思えた。
むしろラノッキアよりも上がって行かない印象があったのでむしろこちらのほうが判断力には優れているのかもしれない。
ラノッキアと入れ替えでスタメンに固定するのも悪くないかもしれない。


累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回


・総括
GKのモーション追加による強化は喜ばしいことだが相手も行うのでいってこいでチャラ。むしろマイナスかもしれない。

やはり画面中央に光が映り込んでしまった影響は大きく、ほとんどのボールホルダーがどのような動きをしているのかわからなかった。
今回の動画は資料とするにも物足りないだろう。
唯一の救いは目新しい特殊ゴールパフォーマンスが出なかったことくらいだろうか。


書くことよりも書けることがないという感じになってしまったところで、今回はここまで。

カメラの問題も先送りにしたことだし、ちゃんとした三脚を買って光の映り込みにくい角度からの撮影を可能にしたほうがよさそうだ。

齢30になって1ヶ月くらい経ったのですが、最近疲れがとれません。
というよりも季節の変化に簡単に対応することができません。

なんかね、時折えらい疲れるんですよ。
仕事から帰ってきたら、ばたんきゅ~で21時前に寝てしまった時には後々驚きました。

30の壁は急に来ると言いますが、それを体感するとなるとショックが来るものですね。


さて、本題。

また気がついたらプレイしてから1ヶ月くらい経過していました。
しかも、プレイし終わったあとすぐに書こうと思っていたスタッツもほったらかしになっていたことに驚き。

体力の衰えもありましたが、キーボードの不調も流石に我慢できなくなってきたことも放置の原因の一つと思われます。
打鍵していたら意図しない入力がされてしまい、作業効率の低下とストレスがマッハでした。

で、新しいキーボードに切り替えたら、これがえらい快適。
今までのと同じ機種を買ってきたのですが印象がずいぶん違うものですね。


・1試合目
1


























この試合では得点できたがコリーニのみ。
アシストもしていないことを鑑みると一人で持ちこんでからのゴールということになる。
動画を見返していると光の入りこんでしまった一の悪さが影響して全てを見返しづらくなってしまっているので細かい検証がしづらいのが悔やまれます。


・2試合目
2









































1試合目とは打って変わり、こちらではコンビネーションで点を取る流れで多めに点を取っていた。
全得点とも取っている選手が異なることを考えると上手くコンビネーションが出来ていたのかもしれない。


・3試合目 
3




























この試合ではマンチーニが得点・アシストを記録。
これもまた前試合とは異なる展開となっている。


・4試合目
4









































試合展開としては2試合目に近いと言える。
後半から投入した選手が活躍したようだ。
パッツィーニはSSが発動したものの時間が足りなかったのだろう。


・5試合目
5

































この試合では3バックの右。もしくはSBとして起用しているシルベストリがアシストを記録。
ということは彼がサイドを上がって行ったことの証左でもある。
基本的には守備の選手だが、攻撃にもそれなりに参加できるということを考えれば意外な働きをすることがあるかもしれない。


続きはこちら
スタッツ(6~10試合目)

・6試合目 
6





























この試合では試合に負けてしまった。
点を取られた相手は両方ともマルティンス。
ということは彼のような選手を苦手にしているということだろうか?
マルティンスは確かスピード型の選手だったはず。
こういう時に弱点の研究が出来るようにと思い、動画を取り始めたはずなのに研究のチャンスを失ってしまったのが悔やまれる。


・7試合目
 7



























ヴィアッリが一人で結果を出し、コイス→コリーニの流れで決める2得点を記録。
今回のプレイを思うとコリーニが良い働きをしているように思える。
もしかしたらシャドーストライクなんかも有効な手段なのかもしれないと考え始めてしまう。


・8試合目
8































ヴィアッリがエースとして機能し始めてきたのだろうか?
しかし、今までなら爆発してきそうなタイミングにも関わらず圧勝というようなことは無く、ハットトリックなんてものはそうそう見ることが出来そうにもないのが残念である。


・9試合目 
9























ここではスコアレスドローを記録。
しかも支配率も44%と負けており、基本的には攻められ続けていたということが分かる。
なんとかシュートを一本だけ打つことが出来ていたようだが結果は得点が表わしている通りである。

しかし、相手の攻撃は徹底的に防いでおりシュートに至っては1本も打たせていない。
ということは守備陣の働きは悪くないと言えるのだろう。
育成の傾向は絶対的なエースを一人作り上げるなど攻撃に重きを置いてよいのかもしれない。


・10試合目
 10



































この時のプレイ2敗目。
支配率も負けており完敗である。

こちらはシュートを2本打っているに関わらず結果を残せなかったというのは残念である。


続きはこちら
スタッツ(11~15試合目)

このページのトップヘ