たまにプレイする人のWCCFメモと使用感

たまにしかプレイしないので色々なことを忘れないようにするためのメモの話。 ※このブログに書いた使用感は個人的な印象によるもので、全ての人に当てはまるものではありません。 不都合などが発生しても責任は取れませんので予めご了承下さい。

・選手別の印象
・ザウリ
ザウリ



























逆サイドの最終ラインまで相手を追いかけていくことも。

縦方向よりも横方向にプレイの意識が向いているような気がする。
戦術ボタンに従っているだけなのかもしれないが、センターラインを越えたあたりでは彼自身が積極的に攻め上がるというよりも移動して壁パスの壁になっている印象のほうが強い。
しかし、低めの位置(DFとMFの登録が変わる位置くらい?)からだと、長めのボールで一気に縦方向(といっても斜め45度くらいのコース)で加速をさせることも。

基本的に守備の人なので前線での攻撃力を求めるよりも、中盤よりも後ろで守りのパーツとして。またつなぐためのリンクマンとしての動きに期待が持てる。。




守備的な選手の割には競り合いになることがほとんどない。
そのため一人での守備はあまり期待できないが、ディレイ役と組み合わせることで、安定性が生まれる。
守備が軽めのコリーニは彼と連携することで早い段階で攻撃の芽を摘むことも出来る。



◆累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回


・パロンボ
パロンボ



























最終ラインまで顔を出しての守備。守備力も高く、DF陣の枚数が1枚増えているような感もある。
DFが抜かれても、最後に止めてくれることもあるので、守備力は思っているよりかは高め。
相手の足もとからダイレクトに蹴りだす際もコースや落とす位置を調整している感がある。

味方を走らせようとするパスを出すこともあるが狙いすぎている感もあり、そのまま相手にボールをパスしてしまう形になることも。
レベルはまだ低めに分類されるのので今後に期待というところだが、頭の隅には入れておきたい情報だろう。

サイドあたりで味方を走らせようとすると、アバテが向かっていくこともあり問題は無いのだが、その際に点取り屋も向かってきてしまうことがあるので連携の度合いも少し重要になるかもしれない。

◆累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回


・ドミッツィ
ドミッツィ



























止めたり止められなかったりでこれといった印象が無い。
シルベストリのように上がって行くこともほぼなければ、逆サイドにまで顔を出すほど守備範囲が広いわけでもないのがその一因だろうか。


◆累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回


・ガスタルデッロ
ガスタルデッロ



























奪取後のパスは加速させるようなものというよりも確実につなぐ印象のパス。
相手のボールをダイレクトにクリアする時はロング。取ってからのボールはつなぐ感じ。

3バックの中央ということもあり、多くの場面で最初のDFとして相手にぶつかっていくことが多い。



累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回


・シルベストリ
シルベストリ



























全体的に高めの位置にいる印象。
単独での突破はそれなりにこなせるのだが、クロスの印象は今一つで軌道が山なりだったり、距離が短かったりとまちまち。
パスも含めて味方にボールを渡すプレイというのがあまり上手いほうではないのかもしれないが、味方を走らせるタイプのプレイをすることも出来るので連携の強化や育成で化ける可能性はある。
とりあえず20くらいでまた動きが変わることを期待。

現時点でも稀にだがアーリークロスを上げることがある。
スピードは実用レベルに達しているが、精度に関してはあと一歩足りない感じ。
まだ粗削りだが原石としての可能性はかなり高いように思える。


守備の質は攻撃につなげるための守備という感じで、ラインを割らせて時間を稼ぐというよりもそのまま攻撃に転じるために内に向かってボールを出したり、そのまま縦方向に進路を取る動きをすることがある。
近くに壁役になり得る選手がいるほうが安定感が増すかもしれない。

ドリブルで仕掛けてくる相手に対して正面からぶつかりに行くプレイが得意で、このパターンは他のシチュエーションよりも奪取率が高いように思える。


久しぶりにサイドを駆け上がる突破を披露。
相手の隙というか、裏をついているのかフリーで上がって行き、クロスを上げてみせた。
この時のクロスは素早くもなければ、軌道も山なりで少し時間がかかるタイプのもの。
フリーの状態で合わせたのだが案の定、頭で合わせ、結果的にはチャンスを不意にしてしまった。

状況的にはコース上に相手選手がいなかったためグラウンダー。もしくは低めのスルーパスのような感じでボールを出してくれればアシストを記録したのかもしれない。




◆累計カード
Y:1枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回


・パリゥーカ
パリゥーカ



























絶不調の時でもゴールキックの精度と威力は変わらず。
そういえば相手に直接取られることはあまりなかったかもしれない。

しかし、流石にセービングまでは無理だが、全く止められないというわけではない。
むしろ調子が悪い割には止めているほうなのかも?

◆累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回



続きはこちら
選手別の印象(控え)と今回の総括

・選手別の印象
・ヴィエリ
ヴィエリ



























アバテのクロスを移動しながらトラップ。相手GKとは逆方向に移動しながら懐に納めたためフリーの状態でシュートを打てた。
自由な状態でのシュートは強く、正確に狙っている印象がある。
味方を走らせるパスを出すことが出来る。

強引に突破を仕掛けるだけでなく、後ろに下がってマークに来た相手を引きつけ、アシスト役のフリーを引きだすなど囮としての動きもこなす。

ボールの落下点にいることが多い?彼は動いていなくても相手が動いているような場面も。
相手より先にベストポジションに入り込んでいると考えるほうが良いのだろうか?
直前に相手をはじき出している感じもするので競り合いにも強いのかも

ヘディングでのシュートは威力が弱いため、過度な期待はしづらい。
いっそのことトラップさせてからシュートをさせるのも良いのかもしれない、



今回のプレイでは、マンチーニのプレースキックを後ろ向きにトラップするとそのままリフティングで上げてオーバーヘッドで決めるというテクニカルなプレイを披露。
このチームで久しぶりのスーパープレイを見ることが出来た。
パワー一辺倒な選手かと思いきや予期せぬテクニックを見せたりと驚かさせてくれる。
驚かされたのは私だけでなく相手のGKも同様なようで完全に裏をつかれていたのがよくわかる。


◆累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回


・パッツィーニ
パッツィーニ




























ミドルシュートは威力はやや劣るがコースは僅かな隙間も狙って決めることができる。
かわしながら反転して間もなく、でもこのシュートを打てるのでボディバランスに優れていると思われる。

こぼれ球に反応し、またすぐに押し込むのではなく、一旦相手の動きをかわしてからシュートを打つなど、全体的に周りが見えている印象があるのであわててシュートを押さないほうが良い結果になるのかもしれない。

◆累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回


・マレスカ
マレスカ




























以外といいクロスを上げる。
速度・精度共に実用範囲。それどころか実践レベルかも?
連携があまり育っていないことが気がかりだが、控えに置いておくなら妥協できる範囲。

中央よりも右サイド寄りに置いておいたほうが化ける可能性あり。



◆累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回


・コイス
コイス




























守備は軽いが、抜かれても再び向かっていき、追いつくことができる。
ただ、守備力の軽さは思っているよりも1段階は下に思っているくらいがちょうどよいだろう。

スタミナは平均的で仕事もしている印象があるのだが、余裕を感じさせるため、モードのオンオフが上手いのかもしれない。

彼もコリーニやザウリと同様に一人での守備はあまり得意ではないがディレイをかけたり、抜かれてもすぐさま体勢を整えて向かっていくことは出来るので相手にプレッシャーをかけ続けることは出来る。

奪取後のボールはとりあえず蹴りだしている印象がある。
これは試合時間が残りわずかで大量にリードをしている時ではあったが、言い方を変えれば慢心、油断をするということでもある。
ギリギリリードの時なんかではやらかすかもしれない。


◆累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回


・ラノッキア
ラノッキア



























奪取後の球離れが良い。一度取ったボールをその場で取り返されるということは多くは無いと思われる。




◆累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回


・総括
Lv.10.20で壁があったと感じていたが、25を超えたらそれまでとは全くの別物になるということが分かった。
バランス良く育てるとなるとここまで来るのはかなり時間がかかるだろうが、1点集中なら1,2セットで目的値に届かせることも可能と思われる。
次のチームではその点を抑えてやってみようと思う。

本当ならば今回のEXキャンペーンの間、7プレイ2セットで応募口数が稼げ、1プレイ分が余るので色々と実験しようと思っていたのだが、結局キャンペーン中に実践することは叶わなかった。
しかしながら、折角なのでしばらくは気分転換を兼ねてお試しプレイのようなものをやることにする。

とりあえず、次回はアーリークロス重視が復権したと感じたので、文字通り一強時代を作ったアーリークロスの名手を中心に据えたチームを試してみることにする。
FWにはスタミナに不安があるものの、決定力に定評のあるアーリー役と相性の良い選手の2人を起用。全後半でそれぞれ一人ずつ使ってみようと思う。


今後も気になることを消化する機会を設けていこうと思ったところで、今回はここまで。

このページのトップヘ