たまにプレイする人のWCCFメモと使用感

たまにしかプレイしないので色々なことを忘れないようにするためのメモの話。 ※このブログに書いた使用感は個人的な印象によるもので、全ての人に当てはまるものではありません。 不都合などが発生しても責任は取れませんので予めご了承下さい。

2013年09月

・トマソン
トマソン












出場機会があまりなかったため評価は出来ない。


・セスク
セスク












ほとんどの試合でスタメンとしての起用。
クリロナにも引けをとらないクロスでチャンスを演出してくれた。
突破力も高かったため、今後は彼にクロサーをやらせることになりそうだ。

・マケレレ
マケレレ












ガットゥーゾたちと同様に、影からチームを支えていた。
繋ぎ役としても確実性が高かった。

・ガラ

ガラ












出場数が少なく印象がない

・トゥドール
トゥドール












何度かスタメンで出場させていたが首尾に回ることが少なかったため、あまり印象にない。
ボランチで使ったこともあったが、あまり良い動きではなかった。

・カンナバロ
カンナバロ












何度もスライディングを仕掛けるが取りきれないことが多かった
守備に回る機会が多くなかったため、印象はあまりない


・テュラム
テュラム













相手の近くまで体を寄せても途中で諦めて、もう一度仕掛けるというプレイが見られた
ガットゥーゾよりも高い位置にいることが目立っていたのは気になる


・プジョル
プジョル












稀に前線へ素早いパスを出していた。
守備に関しての印象はあまりない。

・ネスタ
ネスタ












コンチの決勝、ゴール前で相手にファウルを与え、自身もカードをもらうというプレイを見せた
それ以外は出番が来たら無難に仕事をこなしている印象
センターライン付近まで単独で上がって行ったことも


・ブッフォン
ブッフォン












個人覚醒フラグが立った。そのお陰か前よりは守備力の向上が見られた。
2度も続けてボールを弾いたのは任期中で初めての出来事。
コンチネンタル決勝で直接FKでゴールを狙われたが全く反応出来ず、その後もし指示を出すまで全く動かなかった。
相手のミスに助けられたがあまりよろしいとは言えない。
最後の手段としてエリアの外にまで飛び出させるという荒業を試してみた。
結果としては悪くなく、直接クリアするということもあり何度か相手の攻撃の芽を摘んでくれた。
このときは競り負けたり、相手にかわされることもなく、対人戦でも機能した。
飛び出すスピードは悪くないので、エリア内では手が使えるDFとして使うのが一番良い動きだった。
スタミナの減りもそんなに多くはなかった。

・チャールトン
チャールトン












クロスの合わせとして使用した1試合目ではクロスを延髄斬りでゴールに叩き込むプレイを見せた。
しかし、連携や身長のせいもあるだろうがクロスに合わせることが出来ない場面のほうが目立っていた。
動き回ってボールを受けに行こうとするのではなく、じっくりと待ち構えてうとうとするタイプ。

下がり目の位置(相手ゴールからカード半分ほど下げた位置くらい)に置くと守秘にも積極的になる印象。
クリロナと入れ替えでWGとして起用した時はそれなりに突破をするようになり、クロスをクリロナに届けてくれた。
突破するときは細かいタッチのドリブルとなり、持ち前のパワーで競り合いにも負けなかった。

・ビジャ
ビジャ













調子が悪くてもいなくなると前線での勢いを維持しづらくなる。

個人覚醒フラグが立った。


・クリロナ
クリロナ













クロスの上げ役からストライカーとの兼任として使ってみることに。
チャールトンの代わりに1トップとして使った時は単独でも合わせ役としても高い攻撃力を見せた。
KPでフリーロールを使用したときは一人で5点あげたことも。
合わせるバリエーションも豊富で競り勝ったり、フリーで打つなど様々。
こちらはクロスをもらいに行くような動きを見せてくれた。
クロスの合わせ役としてはチャールトンより評価は高い。

プレイ開始時点では兼任だったが、今後は正式にチャールトンとポジションを入れ替えることになりそうだ。

・シュタイガー
シュタイガー












クリロナの代わりにWGに置いたら鋭いクロスを見せることもあった。
コンチネンタル以降は繋ぎ役としての印象が強い。

・ビエラ
ビエラ













・ガットゥーゾ
ガットゥーゾ












前線の維持に参加したり、相手を追いかけたりと影からチームを支えていた。
 

13-09-24

本日の戦績
10戦7勝1敗2分
フレンドリー
分(アンフィールズ・ビート:1-1)

レギュラー
勝(ゼニト:1-0)
敗(アーセナル:0-1)

コンチネンタル
勝(ゴールデン・ワンダーズ:2-0)
勝(ゴールデン・ワンダーズ:6-1)
勝(アンブレイカブル02:3-1)

コンチネンタルスーパー
勝(ジャッロ・ロッソ・ローマ:3-2)

レギュラー
勝(FCバルセロナ:4-0)
分(アンフィールズ・ビート:1-1)

WT
勝(対人戦:1-0)


行った練習
奪取
奪取
組織プレイ 軽め
奪取
カテナチオ
シュート
奪取
奪取
奪取
奪取


今回のプレイの総評
コンチネンタル初戦前に特別ボーナスが発生し決勝・コンチネンタルスーパーカップ(以下CSC)まで、高い調子を維持することが出来たため、難なくタイトル獲得出来た。
特別ボーナスはこのチームになってから初めて出たと思う。

またCSCを獲得したらフレンド登録してあるサブカからオファーが届いた。
フレンドからきたオファーには握手しているアイコンが付いていることを初めて確認した。

コンチネンタルカップとCSCを獲得したため、残すタイトルはICCのみとなった。
任期も50試合以上残っているので、タイミングさえ合えば全冠を達成するのもそう難しいことではないだろう。

今回のプレイで奪取のパラが最終プレイで世界最高に達した。
あと少しで念願のリンギオ、フロントミッションを発動出来そうである。

前回、変更したフォーメーションはWTでも行けそうな手応え。
WTは同じようなフォーメーションをとるプレイヤーが多い印象があり、今まで戦った相手は守備的なフォーメーションを取っていた。(ギリギリFW認識される位置にFWを2枚置いた4-4-2。MFとDFはぞれぞれ横1列に並んでいた)
前回対戦したときはオーソドックスなフォーメーションで挑み、相手守備陣を突破できずに負けてしまったが、今回は相手の再度から徹底的に攻撃を仕掛け続けて勝利をつかむことが出来た。
クロスをあげる前にボールを奪われた後にビジャが取り返すという流れは健在。

しかし、相手はカードを激しく動かさないタイプのプレイヤーだったため、カードを動かし続けられた場合h値書できるかはわからない。
過信は禁物である。 

コンチネンタル系の2タイトルを獲得したが、コンチネンタルカップの監督年俸タイトル査定の額を確認するのを忘れてしまった。
ただ、CSCは1200万ということを確認(攻略メモに反映済み)

.netを利用している人には当たり前のことかもしれないが、選手間の連携をすばやくつなげる方法がわかってきた。
アイテムを使った場合は練習がほぼ確実に成功する。
アイテムを使用する前に普通に呼び出す→アイテムを使う。
という流れを行えば連携を育てたい組み合わせを2,3回行うことが出来る。 
これを繰り返せば、すぐに目的の連携を育てることが出来る。 

グラウンドの場合はアイテムの使用と呼び出しの順番は関係ないが、壁メッセージになったときは普通に呼び出さなければならないことに注意する。

パラメータを複数上げる方法の模索について新しい方法が出てきた。
2種類のアイテムを同じ選手に使い続けた場合、どうなるか?というもの。
例えばオフェンスとスピードが上がるアイテムを使い続け、普通の呼び出しでテクニックを選択し続けた場合、その選手のパラメータは複数個上がるのだろうか?
いずれ試せるようなら試してみようと思う。 

早いもので前回のプレイから早1ヶ月ほど経過していたことに驚きました。

前回更新時は肉体的にも精神的にも参っていたようで、ただでさえ良いとはいえない文章がさらにひどいことになっていたので今回の更新に伴い修正。

明日は遅めの夏休みをいただいたので、久しぶりにプレイをしに行こうと思います。

このページのトップヘ