たまにプレイする人のWCCFメモと使用感

たまにしかプレイしないので色々なことを忘れないようにするためのメモの話。 ※このブログに書いた使用感は個人的な印象によるもので、全ての人に当てはまるものではありません。 不都合などが発生しても責任は取れませんので予めご了承下さい。

2013年10月

キャンペーン最終日を前にEXカードが届きました。
気になるEXカードはSSラツィオのMF ステファーノ・マウリ(白)でした。

パラメータは上から順に15,11,15,15,14,15 TOTAL85
SKILLは卓越したボディバランス

裏面は両サイドが色濃くなっており、どちらかというとWGのポジションに近いと思います。

パラメータは突出したところはありませんが全体的に能力がバランスよく整っているのはいいですがサイドで使うのであればスピードが14というのはやや低めでしょうか。


当初の予定では前回のプレイ日記の更新予定でしたが仕事などの影響もあり、そこはまた後ほど。 

先月末にプレイした分のメモ書きだけをアップ。
本当はもう少し早くにあげる予定だったが、家にいる時間よりも会社にいる時間のほうが長い日々を過ごしているのでプレイ日記を整理することもままならない。
戦績や選手の画像などについては今週末ごろにアップする予定。


練習
奪取
奪取 覚醒
fk
fk
休み
組織
組織
組織
組織
カテナチオ


選手ごとの印象

チャールトン
ボビー




















トマソンとあまり擦ることが無かったのでわからなかったがトマソンとも相性が悪いらしく、緑メッセージが表示された
ビエラも同様に相性がよろしくない感じ
クロスの合わせ役として使った時はボールを待ち続け自ら貰いに行くような動きはほとんどの見られない


クリロナ
クリロナ




















店内ベストイレブンに選出
疲労が溜まっているようなので2試合目は控えに回した
フリーロールを使っていると単独で突破をすることもあるようになった

ビジャ
ビジャ




















個人覚醒した
上がったのはテクニックのみ
奪取が震撼したのでフロントミッションに追いかけ回していく距離が伸びた印象
個人覚醒の影響か、全体的なスピードが良くなった印象


セスク
セスク





















パラメータではパワーが低いがテクニックやスピードが優れているためかあまり競り負けているという印象はない


シュタイガー
シュタイガー




















ガットゥーゾ
ガットゥーゾ




















個人覚醒し、さらにリンギオになった
個人覚醒ではスピードが向上
プレスを押している間はプレスの積極性が増し、寄せに行くスピードも上がった気がする


ビエラ
ビエラ




















力で叩き込むだけでなく、GKをかわすようにヘディングを打つこともあった
クロスの質もなかなか良い印象
今までのプレイも合わせて考えるとフィールドで求められる動きを全ての動きを平均以上にこなしてくれている印象がある


テュラム
テュラム




















カンナバロ
カンナバロ





















プジョル

プジョル




















いつもとあまり印象に違いはない
ただスタメン組のDFは今回のプレイでは全体的にファウルが目立った
直接狙えるfkが3回、pkが1回という致命的なものが立て続けに起きた

後述のネスタは致命的なミスを犯してICC敗退の要因を作った

ブッフォン
ブッフォン





















個人覚醒した
しかも何をやった記憶もないが3箇所も上がった
上がった箇所はディフェンス、テクニック、パワー
一体何が要因なのか益々わからなくなる
過去の日記を参考にしようと思う
確かアイテムは頻繁に使っていた
覚醒した影響か全体的に能力が向上し、ちゃんとボールに反応してくれるようになった

トマソン
トマソン




















出場機会が少なかったが、出場した時はクロスの合わせ役としてだけでなく、単独でのフィニッシュも行うことが出来た。

マケレレ
マケレレ




















守備力は相変わらず高く、最終ラインにも頻繁に顔を出してくれる
クロスはあまり得意ではない模様

ネスタ
ネスタ




















ICC敗退の原因
一発レッドをもらい、相手にPKを与えなければ展開は変わっていたかもしれない
せめて対人戦で負けたかった。

ガラ
ガラ




















出場機会が少なく、ファウルをかますということもなかったため印象にあまりない

ドゥドール
トゥドール




















ボールを奪うと何故かするすると抜けていくことがある
今回のプレイでは特にファウルを犯すなどせず安定した守備で最終ラインを支えてくれた


総評
パラが震撼した影響かチーム全体のスピードが増した印象がある

当初の目的である全ての項目にレアKPを達成することが出来た。
しかし、もうひとつの目標であった個人プレイの集まりというのは想像以上に厳しく、支配の低さもあってかパスミスなどが非常に目立った。
クリロナを個人覚醒させたら残りの任期は徹底的に連携を鍛える必要がありそうである。

全冠を達成し、非公開練習など全てのパラメータがアップする新練習が出たら辞任を選択するかもしれない。

このページのトップヘ