たまにプレイする人のWCCFメモと使用感

たまにしかプレイしないので色々なことを忘れないようにするためのメモの話。 ※このブログに書いた使用感は個人的な印象によるもので、全ての人に当てはまるものではありません。 不都合などが発生しても責任は取れませんので予めご了承下さい。

2014年06月

今までのW杯を見て思ったことは、WCCFでいわゆるオタフォメといわれていたものの1つに異常なまでに守りを固めるという今まではあまり見られなかった非現実的なフォーメーションが、実際に使われるようになってきたことに驚いています。
これからは今までオタフォメと言われていたフォーメーションが現実でも使われていくことになってきそうです。

さて、本題。

先日、購入したEXリバウドを改めてよく見ると、過去に排出されたISや現在排出されているATLEとは異なりポジション表記がFWではなく、MFだったことに今さら気づきました。

MFの選手でKPキープレイヤー重視ということは、ボールがリバウドを経由させてアシストないし、シュートを出来るようにするということになるのでしょうか?

ということはストライカーも出来る万能型というよりもゲームメイカーやチャンスメイカーとしての働きが強くなると考えたほうがいいのかもしれません。


現時点で彼を使用するのであれば、次のメインチームになるだろう『ロベカルを使ってみよう』チームのゼ・ロベルトと入れ替えになるので実際に使って印象を試してみようと思います。


少しずれますがリバウドが付いてきたSGKの記事を特に粗を読んでみたら、フォーマット崩れや誤字・脱字が結構な数見当たりました。
特に粗を探す。というような読み方ではなかったのですが、これじゃあ、「WCCFのカードのおまけに雑誌が付いてくる」っていう表現もあながち間違いじゃないな。と改めて感じました。


SGKの出版・編集には読み物として面白いもの作ってくれることを願いながら、今回はここまで。

前回の更新のときに今度の電アケの付録は何か、情報も調べずに推測を出した結果。正解は対抗としてあげていたレアルの選手のミチェルという人でした。

最近のWCCFはKOLEを軸に何人かの選手をATLEとしてピックアップしているように感じます。
選出の基準としては例えば1011のクライフのときはオランダ3人組が排出されたり、1112のベッケンバウアーのときはドイツの選手といった具合に国籍がメインになっている気がします。
それに次いでKOLEの所属していたチームからピックアップしていくというところでしょうか。

このチームからの選出というのは選手の画像などのライセンスが影響しているのだと思います。

今回のディ・ステファノも例から大きく外れているとは思わず、上記の条件のどちらかを満たしている選手はver.1.0の時点では11人中6人。ver.2.0では7人中3人となっています。
しかし、この人数は国籍ではなく、同じチームに所属していた選手が主となっています。

今回、スペインから多くのATLEが選出されなかったというのはスペインは近年、その強さが評価されたという話があるのでその影響もあるのかもしれません(テレビで聞いたものの受け売りですが)。

仮に次のバージョンのKOLEがプラティニになった場合はATLEとしてジダンが出たり、W杯で1大会13得点挙げたというジュスト・フォンテーヌなどがピックアップされる可能性があります。 


次のバージョンのロケテが始まる頃にはKOLEの推理が始まると思いますが、そこから排出されるだろうATLEの予想をしてみるというのも面白いかもしれません。

さりとて書くことがないので、今回はここまで。

この間の日本対コロンビア戦は残念でした。
とはいえ内容を見ている限りだと他の国と比べ動きが悪かったような気がします。
そして今回の敗退でザックが代表監督の辞任を表明しました。
個人的には誰か中心としてチームを引っ張っていってくれるような中心選手が表れない限り、誰が監督になっても同じような結果になってくると思います。


さて、本題。
今回のSGKは多くの人が知っている通り、ブラジル代表ユニのATLEリバウドが付いてくるという今までにない全く新しいEXカードとなっています。
発表されるまではそれなりに値段が高かったカードが、1000円で手に入るとなっては色々と店側はあせったと思います。
やはり、セガはカードショップを潰しにきてるのか・・・?

ATLEという特性上パラメータに違いがあるのかはわかりませんが、KPがチャンスメイクからキープレイヤー重視になったこともあってアシスト役から点取り屋としての能力が高くなったのかもしれません。

リバウドがこんな形で手に入るとは思ってもいなかったので、次回の主軸にするつもりだったロベカルチームにゼ・ロベルトと入れ替えで登用してみようと思います。
これで、まさかの3Rが登用するが出来ます。(本当はロベカルじゃなくてロナウジーニョだけども。ロベカルを入れて4Rとも言うので・・・)
参考:構想中チームの話 その6:そうだ、ロベカルを使ってみよう。の話


そんなことよりもリバウドに期待するのであれば、やはりあのプレイ。


「まるでキャプテン翼だ」と言わしめたこの伝説のシュート(wiki:リバウドより)。
SGK曰く、バージョンアップに伴いモーションが追加されたということなので、このシュートモーションも追加されているかも!!
今バージョンでなくても、いずれは追加してもらいたいものです。
マジで。
マ・ジ・で!!!(大事なことなので2回言いました)

中盤のゲームメイカーからのパスをこのモーションでゴールに叩き込むプレイを見れる。
そんな日はくるのでしょうか?
切に願うばかりです。

本の内容に関してはいつも通りといった印象で選手の使用感が主。
興味のある選手がバルデラマしかいなかったけど、やはり危惧していた通りにスタミナに不安があるらしい。
後半からはソクラテスと入れ替えになる可能性は高いといったところか?


後日発売される電撃アーケードでもリバウドと同様にATLEが付いてくることは確定のようなので、選手や他の付録によっては購入しにいこうと思います。
今回のリバウドとブラジルW杯が行っているということを考えると、今バージョンで排出されているブラジル人のATLEと考えるのが一番無難と思われる。
そうなるとやはり、ジーコかロベカルが無難なところかな?

対抗は今回のKOLEがディ・ステファノということから彼と同じくレアル・マドリードの選手。
となると上記の2つの条件を満たしているロベカルが1番無難なところで、次点でジーコってところだろうか?

大穴は新規のATLE選手で最近に引退した選手のインザーギとか、各国の伝説的な選手になるのかな?ついにロシアの黒くもが出ちゃう?それともイギータ?
仮にイギータだとしたら3冊買うけどね。黒くもでも買うけど!!

超大穴としては最近、セガがカードショップに対してダメージを与えにきているように感じることから高額LEのロナウドがATLEとして付録されるっていうのもあるかも。
Ro-Roコンビの相方ロマーリオが排出されていることもあるし。
ただ、これに関してはやるなら次のバージョンの目玉にするような気もする。

最近は、プレイするよりも付録で付いてくる選手の情報のほうが楽しみになりつつ、今回はここまで。

今回のW杯で頑張って欲しいな~と思っていたスペインの予選敗退が決定してしまいました。
内心、日本よりもいい感じにいくんじゃないかと思っていたのでかなりショックです。

・・・もしかしたら、私が応援したチームが負けるのでしょうか?

よーし、明日の朝はギリシャを本気で応援することにします。堅守速攻というコンセプトが大好きなのでも応援に熱が入りそうですぞ!!


さて、今月の13日に申請した『セガR&D1サポーターズサイト』の申請結果が届きました。

結果は・・・

・・・

・・・

・・・

許可!
申請をクリアしました!!
これで、サポーターズサイトの仲間入りです。


しかし、話には続きがあります。
今回の許可はあくまでも「いったん許可」というもの。
今後、以下の点に気をつける必要が出てきました。

今回の結果発表のメールで注意された点は2点。
・カード配列に関する注意書
・権利表記が記載されていない画像について

カード配列に関してはあくまでもユーザー間での噂話であるため、『※こちらはセガの公式見解ではありません』(大事なことなんで赤くしました)というメッセージを付けなければならないということ。

権利表記が無いカード画像はそのまま使用することが出来ず、画像の下などに『CSEGA』と権利表記を付けなければならないということ。
これは選手カード自撮りやwccf.netなどの公式から提供されている画像などにも付けなければならないということでしょう。
雑誌付録のEXカードの場合はカードにつけて雑誌には付けなくていいのかなど、細かいところは気になります。

恐らく、この規定に何度も外れるようなことをした場合は公認から外されるのだと思います。


他にもガイドラインによる規定が定められているので、それに従い少しずつブログの改装を行っていきます。


唯一の救いとしては過去のページなどで選手画像を上げていた場合はそのままで良いということでしょうか。
修正が必要ならどれだけ時間が取られるかわかりませんものね。 

さて、折角登録審査を通ったのでオフィシャルから提供されているブログパーツを使って少しずつデザインを変更していこうと思います。
とりあえず、タイトル部分から変更していこうかと模索しています。


明日のギリシャの勝利を願い、久しぶりにセイント星矢を読みながら今回はここまで。


・・・本気でギリシャが勝ったら俺、怒られるのかな? 

Eテレの『グレーテルのかまど』がえらい面白い。
基本的には女性向けの料理番組なのですが料理を作るだけでなく、その料理の文化にも触れているので老若男女。料理初心者からベテランまで楽しめる作りになっています。
題材も歴史上の人物の好物から、マンガに出てきたラムネなど非常に多岐に渡っているのも特徴です。
機会がありましたら是非、一度見てみてください。


さて、ここから本題。

ぬくぬくさんのところで「aimeプレゼントキャンペーン募集に試しに応募してみたら当たった」という旨の記事が書かれていたので、「よっしゃ、いっちょはずれを引いたるぜ」というつもりで使いもしないfacebookアカウントを作って応募してみました。

結果としては残念ながら私も1回で当選してしまいました。(画像のキャプは取り忘れてしまいました...)

そもそも、このキャンペーンは未プレイの人を取り込もうというのが狙いのはず。
「過去3ヶ月以内にプレイしました」という人は恐らくaimeは持っているはずなので多少ずれているような気もします。

それはさておき、気になるのはaimeよりも選手カード。
サンプル画像では白カードですが、 背景には追加のキラカード。
そして前回のキャンペーンで配布されたのは黒カード。
全く予想することが出来ません。

ただ、サッカーに興味が少ない人でも知っているような有名選手がもらえるのは間違いないでしょう。 


個人的には初心者を取り入れたいのであれば手に入りやすい白黒カードよりも、強いキラカードを配ったほうが補強することなく強いチームを組めるのでより楽しめると思うのですがいかがでしょう?(ソーシャルゲームなどでよくある最初にレアガチャを引ける手法ですね)


新キラが引けないのでバルデラマを買うか、引くまで粘るか悩み始めながら今回はここまで。
 

このページのトップヘ