たまにプレイする人のWCCFメモと使用感

たまにしかプレイしないので色々なことを忘れないようにするためのメモの話。 ※このブログに書いた使用感は個人的な印象によるもので、全ての人に当てはまるものではありません。 不都合などが発生しても責任は取れませんので予めご了承下さい。

2014年10月

三国志大戦といえばWCCFと並んでATCGの黎明期を支えたタイトルとして有名ですね。
WCCFでもゴールBGMとしてこのゲームの勝利BGMが配布されたのは記憶に新しいと思います。
個人的にはこの作品がきっかけで三国志に興味を持ち始めました(横山光輝の三国志は名作だと思います)。

現在は兄弟タイトルともいえる戦国大戦が稼動していますので、同じようなゲームがやりたいのであればこちらを。ということなのでしょうが、はっきり言って似て非なるものという印象はぬぐえません。
何度も書いてきたと思いますが一つの時代が終了してしまうというのは寂しいものです。それもやりこんでいたシリーズであればなおさら。

公式では新しい三国志大戦の計画も考えられているそうですが、実際に稼動する日が来るのかは不明。
また、サービスが終了する15年1月30日はシリーズが稼動してから「3594(さんごくし)」日目らしいです。
大きな節目の日が最後の日というのはもしかしら昔から考えられていたことなのかもしれませんね。

新しいシリーズとして帰ってくることを期待しながら、今回はここまで。

 

最近、戦国大戦ばかりプレイしており、めっきりWCCFをプレイしていません。
気合入れてやるというのも何か違うような気がしますし、無理矢理プレイしに行っても面白くはないと思うので自分の中では色々と葛藤があります。
何かモチベーションが上がるようなことでもあればいいのですが・・・。


さて、本題。
今月の14日に『コミックWCCF(仮)』という本が発売が予定されているそうです。



これは一体どんなものなのでしょうか?
少なくともわかることはコミックと付いているのでマンガではあるということくらい。

プレイ日記をマンガにしたものなのか、はたまた仮想のチームを監督視点から描くというものなのでしょうか?
それとも小学生くらいのプレイヤーの男の子が「いっけぇー!!ネイマール!!シュートだー!!」って叫びながらシュートボタンを叩くとセンターサークルの辺りからゴールネットをぶち破るくらいの強烈なシュートを放ったり、ハーフタイム中に「サビオラ!!君に決めた!!」とか叫んで後半からピッチに立たせたりするのでしょうか?
はたまた、カーンの下に『不動明王』とかいうテロップが出てきて、謎のオーラがボールを止めたりするのでしょうか?

コミックWCCF。気になります。

個人的にはここまで、コロコロコミック臭がする作品であれば思わず買ってしまうかもしれません。

個人的にはここまで、コロコロコミック臭が漂ってくるのであれば間違いなく買ってしまうと思います。

そこそこ値段が高いので購入するかはわかりませんが、EXカードが付いてくるのなら迷うかもしれませんね。


そういえば、次バージョンのロケテが再開していたそうですね。
変わるかな?と思っていたラファエウも据え置きのままなので、雑誌付録などで大量にばら撒かれている現状を考えるとせっかくのロケテカードの魅力もほぼ皆無。
次のバージョンを試してみたいという人や、対戦する店舗が少ないのでエリアチャンピオンを取りたいという人以外は積極的にプレイする必要性は薄いかな?というのが個人的な考えです。

マネージャーのボイスなど前回のロケテから追加された要素もあるようなので1回プレイすればいいかな?と思います。


ラファエウがばら撒かれていなければ、または新しいロケテカードが出たのであれば違ったと思うのでいろいろともったいなく感じながら、今回はここまで。


最近の戦国大戦はバランス調整が明らかに足りていません。
WCCFは最後の砦としてその様に荒れないことを心から願います。マジで。

このページのトップヘ