たまにプレイする人のWCCFメモと使用感

たまにしかプレイしないので色々なことを忘れないようにするためのメモの話。 ※このブログに書いた使用感は個人的な印象によるもので、全ての人に当てはまるものではありません。 不都合などが発生しても責任は取れませんので予めご了承下さい。

2015年05月

最近は地震が妙に多いですねぇ・・・。
火山活動も全国で妙に活発だし・・・。
悪いことは立て続けに怒るものですが、まだまだ連鎖するのでしょうか?
少し不安です。

・・・ベーコン作ってる場合じゃなかったか?
14549






































さて、本題。

今回はスペトロに参加してきた話。
大会についての印象はこちら。
スペシャルトロフィーに挑戦してきた。の話。

こちらは選手の使用感。

・本日の対戦成績
8戦6勝2分
対戦履歴















今回は複数失点された試合はなかった。
このチームの守りの堅さもそこそこ形になってきたようである。


・現チームの統計データ
統計データ

















得点率が微減した代わりに失点率も微減。
それ以外に大きな変化も見られない。

2プレイ目にして早くも安定期に入った頃合か?

・行った練習
スペトロ
プレス(震撼)
以下、スペトロ

・現在のチームグラフ
チームグラフ_原本














1回の練習のみで奪取が震撼してくれた。
かなり早い段階で限界値まで来てくれているのでスピードが終われば、残りは紅白戦がメインになる予定。


・現在のオファー
オファー











安定して良い練習は出てこない。
紅白戦が出たのはラッキーだったのかもしれない。

ある程度、条件があるとかがわかれば狙い撃ちをしていくのに。

・カード配列
■008 サンティ・カソルラ
□A131 ナガトモ
■192 カルロス・テベス
□A140 シバサキ
■A007 JT
■346 ITSマルキジオ
□212 ファン・フラン
■A127 クリロナ

今回のプレイでは追加版のナガトモが引けたので何試合か使ってみました。
印象はナガトモの項目で。


続きはこちら
選手別の印象(FW~MF)

・選手別の印象
・スネイデル
スネイデル












基本的に何でも出来るトップクラスのマルチロールだが、攻撃面での欠点らしいものを見つけた。
それは反転が遅いこと。
ボールをもらってから反対を向くのに少々時間がかかるため不十分な体勢でのシュートを余儀なくされたり、取られてしまう場面がちらほらあった。

個人覚醒すればまた印象が変わるのかもしれないが、現時点ではじっくりと体勢が整ってからシュートを打たせたほうが良さそうである。

良い点としては今回も直接狙える位置からFKを撃つ機会があったのだが、軌道は曲がりながら落ちるというもの。
MFなのに攻撃に関することのほとんどをこなすことが出来てしまうこのカード仕上がりは、本当に異常なレベルになっていると思う。


・フレッジ
フレッジ














・ウィール
ウィール














・フラミニ
フラミニ














・ラース
ラース













・カンパニャーロ
カンパニャーロ














続きはこちら
選手別の印象(DF~GK)

・選手別の印象
・ナガトモ
ナガトモ












2クレ終了時に追加版を引いたので何試合かお試しでプレイしてみた。
といってもユニバのときは選手がいつものパターンを取らないこともあるため、あまり参考にはならないかもしれない。

数値の違いはDEF-1、SPE+1でトータルは変わらない。

オフボール状態での位置取りが現在使っているものよりも高めの位置にいることが多くなっている。
守備のスタイルも現行はスライディングを多用していたものに対し、ぶつかって取りに行くような感じ。

DEFが下がったことで、守備の成功率が少し落ちた気がする。
一方で攻撃的な面が強くなったのかボールを取った後は積極的に仕掛けるようになった。奪取後にカウンターにつながりやすくなったのは良いことと言えるだろう。

一方でアーリークロス重視に指定していてもクロスを上げることはなかったため、大筋では前回のナガトモと大差のない仕上がりになっているのだろう。
SS適性はいずれもなく、BM適性(もしかしたらGKも?)はあるだろうから絵柄の好みやチームスタイルで使い分ける程度でいいのかもしれない。
チームスタイルが一緒ならどちらでも。という感じになるだろう1枚。



カード累計
Y:3枚
R:0枚


・プジョル
プジョル















・ラミ
ラミ













カード累計
Y:0枚
R:1枚

・イバノビッチ
イバノビッチ














・カワシマ
カワシマ













続きはこちら
選手別の印象(控え)と今回の総括

・選手別の印象
・カズ
カズ
















・グリーズマン
グルーズマン















・ナインゴラン
ナインゴラン











なぜか店内BEに選ばれていた。
FW陣の誰かが選ばれていたらもう少し攻撃面が充実していただろうことを考えると少々残念。

チーム内においてはどうも中途半端な印象が否めない状況に変わりはなく、スタメンよりも後半からラースの代わりに入ることのほうが多かった。


・コルドバ
コルドバ












相手に削られケガをした。
次の試合にはケガは直ったが、絶不調の期間は結構長かった。


・ロランド
ロランド















・総括
今回は全体的に選手の印象は少なめ。

これは前回やりすぎたために目新しく感じるようなことがなかったことに起因する。
全てを見終えているとは思えないのだが、プレイ回数に差がありすぎると印象がぼやけてしまう。

仕事にかまけて記事を先延ばしにしすぎてしまったことも反省しなければならない点だろう。
次からは注意しよう。



・駄文
さて、本文の初めにも書いたが燻製熱はまだまだ続いていて、ついぞベーコン様も作るようになりました。
一方でレシピのバリエーションもそう多く持っているわけではないので結構尽きてきた印象があります。
なのに、なんで1.5kgもばら肉を買ってきたもんだか。

皆さんの何かオススメの食べ方があったらコメント欄から教えていただけると幸いです。


とりあえず、今回のプレイでもっともわかったことは”メモを取る道具は大事”ということでしょうか。
いつも使っていたボールペンのインクが切れたので適当なのを一本取ったらぜんぜん書けませんでした。
もしかしたら、これも今回のプレイで選手の印象が少ないことの原因なのかもしれません。
ゲーセン帰りに新しいやつを買ったのでもう少しストレスフリーにゲームを楽しめそうです。

WCCFと関係ない内容が増えてきたような気がするけどそこからは目をそらしたところで、今回はここまで。

今日からスペシャルトロフィーということをすっかりと忘れ、ゲーセンに行ったら気がついたので早速プレイしてきました。

基本的にはユニバと同じですが1人モードとじく待ち時間をスキップすることができます。

ユニバとの違いは試合中にミッションが発生するということでしょうか。
このミッションを達成したからといってボーナスがどれくらい増えるかはわかりませんでした。


相手は基本的にはCPUで、ゴーストチームとも対戦します。
対戦の比率としてはゴースト4のCPUでした。
相手のディビジョンはプレミアリーグ。

今回対戦したゴーストは称号が不敗神話だったり、負けなしのチームばかりでした。


ちなみにうちのチームの構成で2対1で勝利したときに貰えたポイントは大体これくらい
image

多少の前後はありましたが大体3000~3500ポイント位でした。
引き分けでこれの半分程度でした。

1周でデジタルカードを貰うのはかなり厳しいと思います。

一番気になる参加賞のシューズについてですが、1試合目終了後にレギュラーをやったところ靴の数が増えていたので1試合やれば問題ないと思います。


ざっと、こんなところでしょうか。
とりあえずカードがもらえるまではやっておこうと思いますが白か黒なら毎回1回だけやればいいかな?というのが現時点での感想。

もらえるカード次第でモチベーションが大きく変わりそうです。


1周する必要性があったのか気になったところで、今回はここまで。

このページのトップヘ