たまにプレイする人のWCCFメモと使用感

たまにしかプレイしないので色々なことを忘れないようにするためのメモの話。 ※このブログに書いた使用感は個人的な印象によるもので、全ての人に当てはまるものではありません。 不都合などが発生しても責任は取れませんので予めご了承下さい。

2015年06月

チームが停滞期に入ってきたこともあり、選手の育成行うことも兼ねて選手のレアリティを上げてみることにした。
これにより、以前からの検証を合わせて行うことにした。
(今回の仮説:短期間でアイテムと併用したコミュニケーションで複数覚醒は成功するのか?)

結果はどうなるかはわからないが対象となる個人選手の覚醒が終わるまではキラのままにしておこうと思う。


・本日の対戦成績
8戦5勝1敗2分
対戦履歴















・現チームの統計データ
統計データ



















・行った練習
紅白戦
カテナチオ
休み
FK
休み
紅白戦
FK
休み


・現在のオファー
オファー













・カード配列

■□☆104 マリオ・ゲッツェ
■□☆332 GESポドルスキ
■□☆A059 リベリー
■□☆289 BRSセーザル
■□☆A008 クル・ズマ
■□☆034 ガエル・クリシー
■□☆A136 JTホソガイ
■□☆A040 ヨアン・キャバイエ


・今回のゴールデンシューズ
ゴールデンシューズ








続きはこちら
選手別の印象(FW~MF)

・選手別の印象
・スネイデル
スネイデル



















今回のプレイではライジングサンスターズ相手だが自分で持ち込む形で2得点あげることができた。
点取り役が2人になったことで相手の注意が分散した結果、動きやすくなったのだろうか?

一方でクロスに合わせるプレイは少々物足りないところがあり、クロスを叩き込むというプレイは見られなかった。
また1.5列目の役割として、他の選手のアシストということもあまりこなせていた印象は残っていない。

これらのことからスタメンから外れることも出てくるようになった。
主な投入のタイミングは直接ゴールが狙えるような距離でFKをもらったときなどになるが、そのときはそれなりに結果を残せている。

裏面に書いてある通りにムラがあるようで良いかたちに嵌ればかなり強いのだが、悪いときはとことん悪いというのはエースにするには向いていなかったということになるだろうか?
特別指導で習得するスキルによってはまた印象が変わってくるかもしれない。


・フレッジ
フレッジ






















・ウィール
ウィール



















今回はいつもの白からキラにして使ってみた。
白との違いはクロスの精度が大幅に上昇したことと、ボールのキープ力が上がったことだろうか。
特にキープ力の上昇の恩恵が大きく、クロスを上げる機械が増えたことでアシストを記録することも自然と増えていった。

またポジションの影響なのか単独での攻撃力も上がったようで今回は自分で持ち込んでシュートを決めるということもあった。
これは白のときには見られなかった変化の1つで白のときはシュートを決めきることが出来ないほどの弱いものだったが、キラは精度も威力も上がっておりゴールを狙うことが出来るレベルになっている。

アーリークロスについてだがMF登録で使っていても上げることがなかったため、こちらはほとんど行わなくなったと考えて差し支えはない。
これによりオフサイドにかかることが少なくなったため、攻撃の安定感が増したのだがスピードは落ちてしまっている。

サイドだけでなく中央よりでもそこそこにプレイすることが出来るようで、中央では縦方向のフライスルーでアシストを演出してくれた。
もしかして、このプレイはクロスだったのだろうか?


・フラミニ
フラミニ




















今回は不調(青顔)になったのだが、それでも最低限の守備はこなしてくれる。
だが守備範囲は大きく下がり、ナインゴランやラースと一緒にボールを取りに追い続けるということは見られなかった。

カード累計
Y:1枚
R:0枚


・ラース
ラース




















今回は個人覚醒でパワーを覚醒させた。
動きに特に違いは見られなかったので恩恵ははっきりとはわからない。

クロス重視を使用している状態だとクロスの精度が増すようで、少しずつアシストを重ねてくれた。


・カンパニャーロ
ウーゴ




















続きはこちら
選手別の印象(DF~GK)

・選手別の印象
・ナガトモ
ナガトモ



















現在使用している白のナガトモと違いを感じない。
カードを置いている場所からあまり動き回らず、ディフェンススタイルが変わるわけでもなかったため白のほうで十分だろう。

ロングスローに関しても違いは感じられず、イバノビッチに指定してもなぜか彼がスローインを行う。

カード累計
Y:3枚
R:0枚


・プジョル
プジョル



















チャレンジマッチにWBEで参加したとき、不用意なファウルで退場していった。
唯一の救いは相手を削ったことだが、結果としては最悪。

WBEと白ではプレイスタイルの差から白のほうが圧倒的に使いやすくなっている。
主な違いは白だと積極的なプレスでもって相手の攻撃を未然に防ぐのに対し、WBEは待ち構えて相手のコースをさえぎろうとする感じになっている。
このようなスタイルになったことで相手にシュートを打たれる機会が大きく増え、失点も増えてしまった。

この問題はあまりにも大きすぎたため、WBEから白に戻さざるを得なかった。
せめて、他の選手と連携して守ってくれれば良かったのだが黄金連携のコルドバとも連携を取ろうとせず、彼のいる場所は常に穴になっていると言わざるを得なかった。

プレイヤーの好みにもよるだろうが、このタイプの選手は基本的にかなり使いづらいと思う。
ゴールを許す上に退場までしていくのであれば、かなりのはずれ物件としか言いようがない。

カード累計
Y:0枚
R:1枚


・ラミ
ラミ



















プジョルが退場した試合でこちらも一発レッドをもらい退場していった。
こちらにいたっては相手を削ることすら出来なかったので最も意味のない最低のプレイとなっている。

一発でレッドするリスクが高いことを考えると厳しい人材と評価することになるだろう。

カード累計
Y:0枚
R:2枚


・イバノビッチ
イバノビッチ




















セットプレイ時にブーストを発動させていると延髄切りでゴールを狙おうとする姿勢を見せてくれるようだ。


・カワシマ
カワシマ





















続きはこちら
選手別の印象(控え)と今回の総括

・選手別の印象
・カズ
カズ



















今回はいつもの白からLEのカズに変更し、スタメン起用をしてみた。
白と比べるとクロスに合わせる力が高く、結構な点数を稼いでくれた。

単独でも持ち込むことがあったがアシストを狙うというようなプレイはあまり見られなかった。

コミュニケーションの成功率は白と同様にあまり高い印象はない。


・グリーズマン
グリーズマン



















合わせるのがかなりうまい印象。
延髄やオーバーヘッドといった派手な感じはなく、ヘディングで合わせることが多い。
このフォームが知人の使っているMVPメッシがクロスに合わせるときの形に似ている気がする。


・ナインゴラン
ラジャ



















ジャイアントキリング発動中にセンターサークル付近でボールを奪取した後、そのまま一人で持ち上がっていきゴールを決めて見せた。

個人能力を覚醒させれば攻撃面が強化されるのだろうか?


・コルドバ
コルドバ



















キラを使ったのだがパラメータの通り、白よりもキラのほうが守備力が低く感じられた。
なんというか寄せるまでは良いのだが、あと一歩が足りずにボールを取れないという感じ。

スタミナは1試合を通して活躍できるだけあるのだが、止めきれないのではあまりスタミナの恩恵も感じられない。

全体的に見ればスタミナに不安があるものの、SSがある白のほうが使いやすい。


・ロランド
ロランド























セットプレイからヘディングでゴールを決めた。


・総括
プレミアリーグで優勝は出来たのだが内容は4勝3分というもの。
優勝こそ出来たものの、あまり実感できない成績にもやもやさせられる。

連携の大成功に何度か挑戦してみたのだが今回も成功はなし。
そろそろ諦めた方が良い頃合だろうか。 
 

関東は梅雨に入ったというのにあまり雨も降らず、梅雨らしさをあまり感じることが出来ませんね。
そのくせ、湿度ばかりが高くて蒸し暑いだけなのがなんとも。

さて、今日はイベントの手伝いで浅草に行ったので帰りにそのままプレイしてきました。
浅草なんて稀に付き合いでwinsに行くくらいなのでゲーセンに行くのはもしかしたら初めてか10数年ぶり。
価格帯もまったく知らなかったのですが地元のゲーセンと違いはありませんでした。

観光地ということを考えると秋葉原よりも安いと考えるほうが健全かな?


・本日の対戦成績
4戦2勝2分
対戦成績









相変わらず、0405スターズに勝てない。
一方的に攻め続けられているというわけでもなく、そこそこに攻めているのにどうも攻めきれない。
展開としてはパスワークやクロスからの攻撃パターンに偏っているので、相手CBにターゲットマンが封じられたりキャッチされてしまう。

次は強豪チームに勝つためだけのチームを作るべきだろうか?


・現チームの統計データ
統計データ



















・行った練習
紅白戦
FK
休み
カテナチオ


・現在のチームグラフ
グラフに変動はほとんど見られないので次からは省略してもいいかもしれない。

・現在のチームの育成度合
普通に写真を撮り忘れてたので今回はなし。


・現在のオファー
オファー












相変わらず、ろくなオファーがこない。
法則性でも探してみるべきだろうか?仮説すら立てられていないし。

・カード配列
□130 アバーテ
■A107 シャビ
■171 エルナエス
□262 ジョアン・ペレイラ


続きはこちら
選手別の印象(FW~MF)

このページのトップヘ