たまにプレイする人のWCCFメモと使用感

たまにしかプレイしないので色々なことを忘れないようにするためのメモの話。 ※このブログに書いた使用感は個人的な印象によるもので、全ての人に当てはまるものではありません。 不都合などが発生しても責任は取れませんので予めご了承下さい。

2015年07月

どうも、暑い日が続いていますね。
うちの近所の野良猫は暑さにだれているのかちょっと涼しいだろう日陰でだら~っと、腹を上にして垂れています。それもどうやら最近、生まれたと思われる子猫と一緒に。
少しばかし暑さを忘れる光景でしたが、水をかけてやろうか?というイタズラ心もむくむくと湧き出てくる私は流石にアカンと思います。


前回の更新で秋葉原のカードショップ事情について語っていますが、そのときの売り上げで買ったチーズタルトがとても美味しかったのでここに情報を残しておこうと思います。

お店の名前は「PABLO」さん。持ち帰りチーズタルトの専門店です。
場所は秋葉原駅の電気街口からヨドバシカメラに向かう途中の抜け道。TXの出口付近にあります。

ここの「焼き立てチーズタルト(レア)」が、まぁ~美味しい!!

ふつうチーズタルトというと結構しっかりと火の通っているもののほうが一般的だと思うのですが、ここのレアなほうのチーズタルトはふわっふわの、とろっとろという表現がしっくりときます。
クリームチーズにヨーグルトを合わせてホイップしたような固さというのが、この触感に一番近いかもしれません。

大きさは直径で20cmくらいかな?4分割にしても結構な大きさが残り、1ピースでも結構な満足感がありました。

1個850円くらいと非常にお手軽なことに加え、常温でも6時間くらいは持ち運びが出来るとのことですので観光のお土産や新幹線で食べるなんていうのにも良いかもしれません。
今の時期なんかだと暑中挨拶の手土産なんかにしても良いと思います。

一つだけ難があるとすればそのやわらかさゆえ、傾けたりすると表面が割れてしまうことがあります。
私は自転車(ロードレーサー)で持って帰ったため表面に大きな亀裂が1本入ってしまいました。
これに関してはカゴが付いていない自転車に乗っている私が悪いでしょう。

女性だけでなく、男性にもオススメできる一品ですので食後のデザートになんかも最適だと思います。
この商品は店頭限定の商品のようなので秋葉原に行かれた際にはぜひ一度、試してみてはいかがでしょうか?

ベイクドタイプのチーズタルトならネット通販でも購入できるそうなので、そちらを試してみても良さそうです。
【パブロ PABLO】プレミアムチーズタルト - チーズケーキ チーズタルト【数量限定】ギフト スイーツ 人気 メディア掲載
【パブロ PABLO】プレミアムチーズタルト - チーズケーキ チーズタルト【数量限定】ギフト スイーツ 人気 メディア掲載

さて、本題。

最近は日曜にプレイする癖が付いてきました。
今回もその癖から外れず日曜日にプレイをしています。

でも、今週はEXカードキャンペーンの応募期間が31日に終わるので、それまでにプレイをしなければ!

・本日の対戦成績
8戦5勝1敗2分(PK負け)
対戦履歴



















・現チームの統計データ
統計データ



















・行った練習
紅白戦
休み
FK
休み
カテナチオ
休み
紅白戦
休み


・現在のオファー
オファーリスト













・カード配列
■A005 イバノビッチ
■028 ラミレス
■384 SPSペドロ
□072 ラース・ベンダー
☆ATLE ジュリオ・セザール

■A114 ダニエル・カルバハル
■375 SPSセルヒオ・ラモス
□148 ドド


お座り1発とまでは行かなかったが久しぶりにキラ。それもATLEを引くことが出来た。
基本的にATLEどころか自引きしたキラはダブっていることが無いのでキラが引ける嬉しいのに変わりはない。
ジュリオ・セザールはデジタルカードプレゼントキャンペーンですでにもらっていたので2枚目の登録となった。
これで他のキラよりもゲージの伸びが良いのか試してみるのも面白いかもしれない。

今回のバージョンになってラース・ベンダーを自引きできたのは初めてかもしれない。
今使っているラースは知り合いからもらったか、補強してきたものなのでちょっとばかりテンションが上がった。


続きはこちら
選手別の印象(FW~MF)

・選手別の印象
・スネイデル
スネイデル













・フレッジ
フレッジ












以前使っていた白オーウェンのようにSSとして投入するとなんだかんだで1点はもぎ取ってくれている気がする。
なんだかんだで攻撃面を支えてくれているのは彼なのだろうか?


・ウィール
ウィール













・フラミニ
フラミニ











最近は3ボランチとしてでなく、2ボランチとして使用することのほうが増えてきているのだが3ボランチの時よりもスタミナの消費が少ないような気がする。

この症状に対する仮説としては3ボランチとして選手を配置すると実際にボランチとして認識されるのが真ん中のボランチだけで両サイドの2人はCHとして認識されるという考えだろうか。

この場合、実際には1ボランチとなるためフィールドを幅広くカバーしなければならなくなる。必然的に運動量が増えるためスタミナがガッツリと減っていってしまう。
これならスタミナが18あってもスタミナ切れを起こしてしまうのも納得だろう。

ただ、彼の場合攻撃にもかなり積極的に顔を出しているのでそれだけというわけでもないだろう。

カード累計
Y:1枚
R:0枚


・ラース
ラース












カード累計
Y:1枚
R:0枚

・ナインゴラン
ラジャ












最近は前のウイング気味の左SHではなく右のボランチとしてスタメンとして復帰しつつある。。
高めの位置ではかなり強かった持ちたがる傾向が薄れ、起点として待ち構えているラースや、右サイドを上がって行く途中のウィールにボールを確実に渡し、自分はポジションに大きく穴を開けないような動きをとっている。

といっても、たまに持ち上がって行くことがあるのだが、そのときもクロスを選択することが多く、以前のように上がっていったからダメだなと悲観することがなくなった。
やっと最適なポジションを見つけた気分である。

自分で持ち上がって行くときはダイレクトプレイ重視を選択しているときが多く、アーリークロス重視にしていると持ち上がることが少ない。



続きはこちら
選手別の印象(DF~GK)

・選手別の印象
・ナガトモ
ナガトモ












まさかの左サイドの単独突破から持ち込んでのゴールを決めた。
今まで攻撃面ではかなり残念なことになっていたので、このまさかのプレイには心底驚かされ、思わず「はぁ!?」という間抜けな叫び声を上げてしまった。

この記事を書いていてわかったことだが今回の衝撃は初めてのことではなかったらしい。
全く印象に残ってないけど。

カード累計
Y:3枚
R:0枚


・プジョル
プジョル













カード累計
Y:0枚
R:2枚


・ラミ
ラミ













カード累計
Y:0枚
R:2枚


・イバノビッチ
イバノビッチ














・カワシマ
カワシマ












JTで今回の任期で初めてのPK戦となった。
結果は1本しか止めることが出来ずに敗退した。
チームスタイルは降臨を使用していた。

かつてはPKセービングを持っていたと思うので、少しばかり期待はずれという感じは否めない。
現時点では飛び出しのスピード以外にこれといった長所が無くなってしまった(飛び出してもファンブルをすることが多いのも難点)。
2本止めてくれれば勝つことが出来た可能性が見えただけに実に悔やまれる。

ボールが蹴られた方向に跳んだのは5本中2本というのはがっかりの要因だろう。


現時点でのGKとしての評価はこんな感じかな?
(評価は全て5段階)
セービング:2
待ち構えているときのセーブ。
待ち構えている状態でシュートを打たれると稀にビッグセーブを見せるが、基本的にはゴールが決まった後に飛ぶなんて場面もちらほら。

飛び出し速度:5
飛び出し速度は文句のつけようがない。
ただゴールエリアから飛び出して直接クリアをかますというようなことがないのでせっかくの飛び出し速度も手軽に活かせるわけではないので注意が必要。

キャッチング:2
飛び出したときはほとんどキャッチングに行くのだが、必ずキャッチングできるというわけではなく5回中2,3回という結構な頻度でぽろぽろとこぼしてしまう。

立ち上げ当初に比べればましになったと言えるが、それでも結構な確率でこぼしてしまう。
個人覚醒してもこれではいささかどうかと思ってしまう。

ハイボール処理:1
間違いなく今まで使ったGKの中で問答無用で最低と言える。
なぜなら1度もCKのボールをキャッチ出来たことがないから。
クロス偏重の攻撃パターンやセットプレイ時には期待できない。
最低評価として1にしているが0。もしくはマイナスでもいいんじゃないかと思ってしまう。

PK:1~3
試行回数が少ないため一概には言えないため、3を付けているが胸を張って強いとは言い切れないだろう。
先にも書いているが読みを当てているよりもはずしているほうが多く、しかも降臨というブーストがかかっている状態でこれと思ってしまうと「ちょっと大丈夫か?」となってしまうのも仕方ないだろう。


続きはこちら
選手別の印象(控え)と今回の総括

・選手別の印象
・カズ
カズ













ドリブル中にシザースを連発するとCPUレベルのCBなら普通に2,3人背負っていても取られることなくするすると抜けていくのには驚かされる。
レアリティこそ白だが数値の設定を考えるとやはりATLEクラスのパラメータになっているのだろうか?(J-ATLEだと微妙なとこだけど・・・)

個人覚醒をした際にDEFが上がった時はかる~く首を傾げたが、今回使っていて感じたことはチェイシングの意欲が大きく増した気がする。
以前はシュートを打つなどした後にボールを相手に取られると呆然と相手を見送ることが多かったのだが、個人覚醒後はボールをロストしてもすぐさま反応して相手に向かって行く場面が増えた。

1トップで使っているとどうしても恩恵は薄くなってしまうが、横並びの2トップ体制で使用しているとこぼれ球を押し込んだり、取られたボールを取り返して決めたりということがあるので実際のところかなり大きな変化だったと言うことが判った。

これまではFWで使っていた選手はOFFやパワー、スピードといった得点力に直結するパラメータを上げることが多かったが、前線でのボール奪取のためにDEFを上げるという選択肢も浮上してくる。
2トップでの運営を想定しているのなら決して無いというわけではないだろう。


・グリーズマン
アントン













今回のPK戦では相手GKとは逆方向に蹴りはしたのだが、ポストに当たって外れてしまった。
カワシマと同様に不確定な状態だが、少なくともGKとは逆の方向に蹴ってはいるので著しく弱いと言うわけではないだろう。


・カンパニャーロ
カンパニャーロ














・コルドバ
コルドバ














・ロランド
ロランド













・総括
今回はアーセナル戦においてこれでもかと言わんばかりにダイレクトプレイ重視が機能していた。
というのも、右側にボールいったと思ったら大きく左に返し、左に行ったと思ったら後ろに下げて細かいパスでもってボールを運ぶと言う場面が見られたため。

この積極的なパスワークが影響し、支配率が65%を超えた状態で勝利した結果、「フィールドの支配者」という称号を獲得することが出来た。
 
残りの任期も20数試合になった。
店にもよるが2,3セットで終わる分量である。
次回チームを立ち上げる準備が必要な頃合だが、次回使用するチームは前々からやろうと思っていたチームにしようと思う。
パーツはほぼ決まっているのだがGKを誰にするかだけ少し迷いどころだが、近いうちにまとめようと思う。

次の更新は今週中のプレイ日記か構想チームの話のどっちになるか。本人すらわからないまま、今回はここまで。


先述のPABLOさんのHPをよく見たらガンバ大阪のオフィシャルパートナーだったそうです。
ガンバのサポーターさんには有名なのかな?

海の日を過ぎて学生さんは夏休みを迎えてますね。・・・うらやしい。 

今までもちょこちょこブログに書いていますがWCCFの他に戦国大戦もプレイしているので、ダブりカードなどが溜まってくるわけですよ。
そこでちょいちょい秋葉原のカードショップにダブったカードを売りに行ってるわけです。 

今日はそこそこにカードが溜まっていたのに加え、戦国大戦のほうで宴カード(実際に排出されないデジタルデータだけのカード)の実カード販売が重なったので急激にダブりカードが増えたこともあって、先ほど売りに行って来ました。


秋葉原はカードショップの数も多く、どこで売るのが一番いいのかかなり判りづらいです。
そこで今回はどこのカードショップで売ればいいのか、買取についてまとめていこうと思います。


●WCCF取り扱いあり
・マロンの隠れ家
言わずと知れた秋葉原では一番有名だろうカードショップ。もしかしたら日本で一番有名な店かもしれません。

ここの最大のメリットは買取価格表がネット上でも見れることと、まとめていくらとはいえ全バージョン、全てのC,UCカードも買い取ってくれること。
買取価格表がネットで見れる恩恵は地味に大きく、カードのレートを知る基準になると思います。

店頭での買い取りは基本的に混んでいる印象があり、長いと1時間以上かかったりするので車で行く人は要注意。

車で行く人なら少し遠いが行徳の本店に持ち込んだほうが買い取り価格が10%増すのでそちらがオススメ。
行徳本店は近くに西友があるのでそこに止めると駐車場代も抑えられるのですが、ここ1,2年ほどで2件あった駅前のゲーセンが無くなってしまったのが非常に悔やまれます。

◆長所
ブログで買取表をこまめに更新しているので全ての買取価格の基本として見やすい。
買取対象のカードならなんでも買い取ってくれる。

◇短所
買取の待ち時間が長い。
1円単位のカードだけでは買取をしてくれない。


・BIG MAGIC(ラジオ会館 9階)
今回、戦国大戦のカードを売りに行ったときは最高額を付けてくれたお店。
高いカードは店の買取と他の店の販売価格が同じで、他の店の買取と比べると1000円近くの差がついていたのには驚きました。
それを知らずに売ってしまったので2000円近く損してしまいました。

全てのバージョンのカードに個別の買取価格が記載されているので、どのバージョンのカードでも安心して売ることが出来る。
買取表は対応するゲームのケースの上に貼ってありました。

買取表は店頭にしかないため、確認しに行かなければなりませんがWCCFならマロンの買取表と比較が容易なのでどちらが高いか見比べてみるといいでしょう。

この店は全般的に高く買い取ってくれる印象ですが、最大の問題はいつでも買い取ってくれるわけではないこと。
買取の担当の人がいなければ買取をしてくれず、買取の時間も他の店とは異なり開店からではなく、12時からと様々な面で注意が必要。

新しいキラカードを売るのならここが一番いいかもしれない。

傷があるときは程度にもよるでしょうが、買取表の価格から大体2割ほどマイナスで買取をしていました。

◆長所
買取価格が高い。

◇短所
買取の時間が遅い。
売りたいカードをいつでも買い取ってくれるわけではない。


・すぱいらる(マロンの前の信号を渡り、2,3本行った通りのビルの3階)
今回は行ってないので不明。
全てを売り終わってから存在を思い出しました。

公式HPにリンクはないものの、買取表もブログで公開されているのですが、古いまま更新されていないのもあるので実際の価格を知りたければ店頭に行くしかないと思います。

渋谷猫風呂具さんでも触れていましたが在庫は少ない代わりに価格は安いので欲しいカードがあるなら一度は覗いてみるといいと思います。
店自体も22時までやっているので仕事終わりにも寄ってみるのにもぴったし。

◆長所
結構遅い時間までやっている。

◇短所
ネットで公開されている買取価格表の更新がまばら。


・カリントウ(マロンの隠れ家の対面のリバティーの上、4階)
こちらも記事を書いていて思い出したお店。
数少なくなった各種未開封BOXを取り扱っているお店。

新宿や渋谷といった大きな駅の近くにあることが多く、店ごとに特色があり雨の日はポイントが2倍などの違いがある。
販売価格も異なっているので最寄り駅に寄ったなら覗いてみてはいかがでしょう?

◆長所
未開封BOXを取り扱っている。

◇短所
買取価格表がないので査定してもらわなければ買取価格がわからない?


●WCCF取り扱いなし
・ホビーステーション(ラジオ会館 2階)

昔はWCCFも取り扱っており、旧ラジオ会館のときは全てのキラを最低100円での買取を保障してくれていたお店。
カードを売ってもポイントが貯まり、1点1円で使える。バック率は買取価格の5%。

今もレアリティごとの最低買取保障価格があるようなので、他の店で最低価格のカードはここで売るほうがいいかもしれません。

新しいバージョンが稼動して1ヶ月くらいは新C,UCも買い取ってくれ、まとめていくらではなく、一枚ごとに値段をつけてくれるの非常に好感触。
すぐにカードを売りたいのならここが一番安定していると思います。

◆長所
買取価格の最低保障がある(と思われる)。
最も無難かつ確実な選択肢のお店。

◇短所
ポイントカードの利率がいいせいか、普通に買ったときの価格はちょっと高め。


・トレカの洞窟(御茶ノ水よりガード下)
ラムタラの系列がやっているカードショップ。
カードの販売は安めだが、買取価格はいまひとつ。今回の買取では全てにおいて最低価格での買い取りになっている。
カードを売りに行くのにはオススメできないと思います。

夜遅く(22時半くらい)までやってるのでカードを買いに行くならありかも。

◆長所
販売価格が安い

◇短所
買取価格が安い。



記事をまとめるために振り返ってみると、買取に関しては一部を除いて店ごとに大きな違いはそうない感じでした。
1円でも高く売りたいのなら、全ての店で査定してもらったほうが無難ですが、新しいカードを売るのであれば、まずはBIG MAGICを覗いてみるのがいいと思います。

買取価格に差がなくなってきたらホビーステーションで売るのがオススメできそうです。

個人的には
BIG MAGIC
ホビーステーション
マロンの隠れ家
の順に行くのが良いと思います。

WCCFメインならホビーステーションのところがすぱいらるになるのでしょうか?
今度、ダブってるWMVPカカでも持ち込んで比較してみようと思います。


このブログを見ている人の中にはWCCF以外のカードゲームをやっている人もいると思いますので、カードを売るときに参考になれば幸いです。

うだる暑さにぐだりながら、今回はここまで。


ちなみに今回購入した宴カードは1パック3枚入り300円。それを43パック買いましたがコンプリートできませんでした。
歳久渋すぎだよ・・・。

このページのトップヘ