たまにプレイする人のWCCFメモと使用感

たまにしかプレイしないので色々なことを忘れないようにするためのメモの話。 ※このブログに書いた使用感は個人的な印象によるもので、全ての人に当てはまるものではありません。 不都合などが発生しても責任は取れませんので予めご了承下さい。

2015年12月

今年も残すところ、あと数時間となりました。
これが今年最後の更新になります。

6日にプレイした記事もなんとか書き終わり、無事公開。同意がに関してはお許しを。

「よっしゃ!!今から蹴り収めに行っちゃるかい!!」とか思っていたのですが、どうにも体が重い。
というか、背中をはじめとして体のあちこちが痛い。
熱を測ってみると38度と微妙に熱がありました。

こりゃ、あれだ。疲れによる熱だな。

道理でくしゃみが止まらないわけだ。だって熱出てるんだもの。
てっきり、大掃除の際のハウスダストが原因かと思っていました(体質的にハウスダストにアレルギーがあるっぽく、一度発症すると3日以上は鼻がムズムズします)。
 
どおりで、いつも以上に頭が回らないわけだ。はっはっはっはっは。


流石にこんな体調でプレイしに行ってもこじらせるだろうし、きちんと楽しめないと思うしで今回は無くなく断念することにしました。
これを励みに頑張ってたんですけどね。
折角、今年はお世話になったハイテクランドセガ 立石店に金を落としに行こうと思ってたのになぁ。残念。

…はぁ。


というわけで、12月6日にプレイしたのが今年の蹴り収めになってしまいました。
う~ん、年末のドタバタが無ければもう少しプレイしに行くことが出来たのにな~。

皆々さまも年末の疲れがドブッと出て、体調を崩さないようにお気を付けくださいね。
疲れはは気が緩んだところを見計らってきますからね。


今年もこのブログをたくさんの方が来てくれまして、感謝の極み。
リピーターさんも、ご新規さんも楽しんでいただけましたでしょうか?

珍文乱文ばかりの一向に成長しない愚か者ですが来年もお付き合いいただけると幸いです。

今回はここまで。それでは良いお年を。 



よ~し、おじさん。明日までに熱下げて、トリックスターに行っちゃうぞ~!! 
12時からやるらしいけど、初売りみたいのはあるのかな?お正月に行ったことってないからよく分からないや。
いつもの2000円くじみたいのが買えたらいいな。  

新年初プレイにも行けたらいいな。

プレイから3週間以上経って、やっとこさメモを取ることが出来ました。
ほんと、大変長らくお待たせいたしました。
ずるずると伸び続けてしまいましたからね。お恥ずかしい限りです。

今日も今日とて高速道路を飛ばして西、東と頑張ってきましたが、やっとことさ書ききることが出来ました。

この日のプレイはゲーム本編以外で記憶に残ることが多かったので結構、重要なプレイでした。
それだけは3週間以上の時間が経っても忘れません。

なんとか。なんとか、年内に記事だけはまとめることが出来ました。
本編の年跨ぎだけは何としても避けたかったので頑張りました。


・本日の対戦成績
15戦15勝
対戦履歴

































・現チームの統計データ
統計データ



















・行った練習
休み
フランス
イングランド
DEF(カットイン:フレッジ)
スピード
日本
休み
DEF
フランス
アルゼンチン
支配(カットイン:フレッジ)
非公開
休み
アフリカ
アルゼンチン

今回のプレイでは普段はあまり買うことの無かった.netアイテムの「まねきねこ」を装備しての結果。
こうしてみるとおよそ半数は有名コーチという大きな結果に。
これにより、チームのグラフも大きく成長することとなった。

こうしてみると、これほど多く有名コーチが来るのであれば立ち上げ間もない段階では非常に有用な手段なのでは。と思ってしまう。
硬化時間が限定的とはいえ、これよりも上位の金のまねきねこを使った場合、一体どれくらいの頻度で有名コーチが来るのだろうか?
そう思うと、今となっては少し惜しいように感じてしまう。

・現在のチームグラフ
チームグラフ - 比較














有名コーチのおかげでグラフを大きく伸ばすことが出来た。
特に支配とスピードに至っては間もなく上限に到達する勢いなので、このまま震撼させてしまうというのも悪くはないだろう。


・カード配列
■280 ARS ディ・マリア
□214 アルダ・トゥラン
■A108 メッシ
□182 オグボンナ
■323 GES ヘーベデス
■AA05 ラノッキア
□A136 ホソガイ
■177 ブッフォン
□A071 オグボンナ
■□☆A003 アスピリクエタ
--------------------------------------------
□A144 カキタニ
☆BDF ボアテング

■057 マテュイディ
□091 ケール
■A076 ピルロ

あれ~?ここどこだったけ~?
ハイテクランドセガ 立石店?
いい店だね~!!

というわけで自引きでは初の上級レア。BDFボアテングを引けました。
10プレイやってキラが出ないな~。と思いながらEXキャンペーンの応募口数欲しさに500円を追加。
おもむろにピローを開けたせいで一気にオープンしてまして、「おお、ボアテング光ってるやんか」とか思ってたわけですよ。
で、スキルの部分を見たら「移動壁」って書いてあるんですよ。

「ん?」
とか、思って表をぺろっと返して見たら、BDFだったわけですよ。

家に帰って、調べてみたら今回のバージョンにボアテングのキラって無かったんですね。
普通にあるものだと思ってました。

それにしても、いや~、びっくりした。引けると思わなかった。
大体、週1プレイヤー。それも基本1セットの私としてはMVPなどの上級レアとは縁遠く、数シーズンに1枚引けるかどうか。
最後に自力で引いたのはいつのことだっけか?

ブログを書き始めてからだと、上級レアを自引きするのは初めてなんじゃなかろうか。
これでいつも書いている配列リストも少しは役立つかな?

証拠の写真も残していたんだけど知り合いがすぐさま引いたこともあって、間違えて消してしまったことが非常に悔やまれる。
次に上級レアを引けるのは何年後かな?


それにしても、これでBMFアザール、BGKノイアーと続いて、BDFボアテングも来たか。
ここまで来たらBFWメッシも引きたいですね。

・・・流石に無理かな?
って普段は言うところだけど、今のオレならやれる気がする!!


続きはこちら
選手別の印象(FW~CMF)

・選手別の印象
・マラドーナ
マラドーナ



















前回も書いていたと思うが、やはり浮き玉に合わせる動きは屈指のものを持っているようで、誰がクロスを上げてもボールの落下地点には必ず彼がいる。
彼が触れる前にGKに止められてしまうことはあるのは難点だが、それを言ってしまえばクロスという戦術を否定することになる。

合わせるパターンもヘディングばかりでなく、延髄切りも早い段階から見ることが出来る。
一方でスコーピオンのような変則的なシュートはまだ見ることが出来ていないので、そもそも出来ないタイプの選手なのだろうか。

今回のプレイでも持ち前の高い攻撃力が安定して披露された結果、25試合出場して50点を超える大活躍をして見せた。
アシストも合わせるならばおよそ60点と1試合で平均3点に絡む活躍をしていることになる。
この能力の高さはやはりKOLEといったところだろうか。

今回のプレイでは積極的に大小さまざまなフェイントを入れての突破を図るようになった。
これにより、元から高かった突破力に更に磨きがかかり、攻撃力が更にドン。テッテレー!という感じに。
もしかしたらマラドーナってかなり使いやすくて強いカードなのかしら?

はっ!!これはもしやテラドーナの贔屓が入っているのか!?


・フェライニ
フェライニ



















今回はキラではなく、黒のほうのフェライニを使ってみた。
結果を言うならばこちらのほうが使いやすい気がする。

この若いモジャ神は持ち前のパワーを存分に活かし、キングス位の選手相手ならば2人ほど背負っていてもドリブルで悠々とゴールに向かっていく。

そこから中に切り込んでのシュートも威力に安定感があり積極的にゴールを狙えるのだが、クロスのほうも十二分にゴールを引き出すことの出来る早く、低い弾道のものを持っている。
稀に不発に終わることもあるが、ターゲット役のマラドーナの合わせる能力の高さと相まって非常に強力な得点パターンになっている。

クロスとカットインの比率は大体6:4、7:3くらいと言ったところで、自分で持ち込むことのほうが多い印象。

全MFの中でも屈指の決定力とアシスト能力を持つ一枚なのではないだろうか?
少なくとも現時点では貴重なキラ枠を割いてでも黒を入れる価値はある。
U-5Rなら戦術にもよるだろうが前線での起用の選択肢に上がってくるだろう。

前線での奪取能力も結構高く、毎回ではないが意外なタイミングで相手からボールを奪い取ってアシストやゴールを記録する場面も見ることが出来た。

キラの時に感じられた豊富な運動量に伴うスタミナ不足もこちらだとあまり感じられず、持ち前の決定力を安定して披露していた。
少なくとも現時点で言えることは点取り役やシャドーストライカーとして起用を考えている場合は黒のほうが適しているだろうというくらいか。



・ウィリアン
ウィリアン



















今回もメインのアシスト役として活躍していた印象があるが、結果を見返してみればフェライニやバルデラマと僅かな差しかないということが分かった。
逆を言うならばアシスト役としての能力は白以上のものを持っているということでもある。

相変わらず突破力は高めでキングス位の相手ならば無人の荒野を行くが如く、するするっと上がっていく。
クロスの精度も高く、非常に使いやすい。

他のバージョンのウィリアンはスピードだけでなく、フェイントも織り交ぜて抜いて行ったという使用感を見かけたのだが、こちらのウィリアンがフェイントを入れているシーンを思い出すことは出来ないくらいに印象に薄い。

個人能力を鍛え上げればプレイスタイルが成長し、更なる力を秘めているのかもしれないと思うと目を離すことの出来ない、期待の選手であると言いきることが出来るだろう。

調子が悪い(青顔)の時でもキングスのSB相手なら、背負いながらもクロスを上げ、ゴールを引き出すことが出来る。
…あれ?こいつ、本当に白?下手すりゃATLEでも止められるのがいたりするのに…。
それとも、これはもじゃもじゃ同士のシンパシーによる特殊連携なの!?(まぁ、違うはず)

ブラジル縛りとかチェルシー縛りで右にクロサーが欲しいのなら彼を採用すれば間違いないように思えてきたけど、この調子なら間違いないと思います。


・バルデラマ
バルデラマ



















前回使用した時から分かりきっていたことだが、やはり守備は軽い。
それでも、たまにはボールを取るので穴の開いたザルというわけではないというレベル。
最前線のCFがボールを取るくらいの頻度と思えばちょうど良いだろう。

今回のプレイでははじめのうちは低い位置からのゲームメイクに挑戦させようとボランチ気味の位置で起用してみた。
ゲームメイク自体はそれなりにこなせるのだが、キックオフ時などタイミングが限られており、GKのクリアボールの場合は頭の上を飛び越えてしまう。

また、最初に書いたとおりポジション柄重要になる守備力に課題が残るため、個の位置で使うなら素直に前線のトップ下あたりで起用するのがベストと言 えるだろう。
理想を言うならば味方GKのクリアボールが落ちる場所あたりにパワータイプのMFを置き、浮いたボールをバルデラマに渡すという流れが出来上がればもっと化けるのだろう。

このような相方が見つかれば彼の持ち味はフルに活かされることだろう。
このチームだとフェライニがいるし、理想的な能力の持ち主なのだが彼の最前線での決定力の高さは非常に魅力的なため、つなぎ役に徹しさせるというのは非常に惜しい。
キラのフェライニを使うときはこのような起用法がいいのかもしれない。

今回のプレイでは少なくとも前半ではショートパスが主で、中長距離から得点を狙えるようなフライスルーなどは見られなかった。
序盤からアシストを記録させたいのであればやはり、前線での起用が適しているだろう。
だが、ポジションには気を配る必要があり、前回も書いたことだがパワーは決して高くはない。
相手のDFラインよりも少し下がり目の位置に配置して起用するのがベストなように思える。

レジスタとして起用していて思ったことはボールを持ち、相手が向かってくるとスライディングなどのアクションを取る直前にパスを出して確実に繋いでいるように思える。
アシストなどの記録を残さなくても良いのであれば最終ラインと中盤・前線をつなぐリンクマンとしての働きが主になるのかもしれない。



・ソング
ソング



















思っていたよりもパスの精度がずっと良い気がする。
前回、使った0809のほうはボールを持つとすぐさまパスを出すのではなく、ちょっとでもドリブルをしてからパスを出していたように思える。

それに対してこちらのほうはすぐさまパスを出し、前線で待ち構えているマラドーナの足元にスポっと収めさせたりできるのでショートカウンターの起点にもなりえる。

守備範囲も相変わらず広く、最終ラインまで積極的に顔を出していた。

相手の突破に対しても右左と進む方向を細やかに切り返してくる相手にも惑わされずに相手の進行コースをしっかりとカットしてボールを奪取している場面が見られた。
そこまで早くない相手だったのでスピードで仕掛けてくる相手の対応は分からないが、テクニック系の選手に一方的に負け続けるということはなさそうである。

ただ、一つ気になることは筺体によるものなのかもしれないがモーションの動きとプレイがかみ合っていないように滑って移動しているような場面がちょいちょい見られた。


・トンマージ
トンマジ



















累計カード
Y:0枚

R:1枚

1試合目で単独での守備を成功するシーンを見ることができた。
奪取後はすぐさま前線にボールを出し、相手の攻撃を完全に断ち切ることが出来たのはありがたい。
そのまま前線の選手に繋がれば差以上だったが、個の時のグラフの大きさや連携の強さを考えれば仕方ないだろう。

守備だけでなく攻撃面でも目を引くプレイがあり、バルデラマの出したパスをトンマージが繋いでウィリアンに通したプレイは振り返ってみれば結構すごいプレイだったように思える。

文面だけで見れば普通のことなので分かりづらいのだが
「バルデラマの出した球速の速いボールを勢いを全く殺すこと無く、ワンタッチで。ボールの勢いを一切落とさず、正確にウィリアンにボールを渡した」のである。
このようなプレイは連携が育ち、チームグラフが大きかったりする時によく見られるようになるプレイだが、連携が乏しく、チームグラフも大きいとは言えない段階で見ることが出来るとは思いもしなかった。

パラメータ上の数値こそ大したものではないが、実際にはそれ以上のものを持っているように思える。
ファンタジスタを支える才能というのは、こういう場面でも見ることが出来るものだったのだろうか?

チェックも早く、そこそこの守備力もあるので思っていた以上に足を引っ張ることはないように思えてきた。

現時点での評価は「決して目立つことはないが、攻守において確実な仕事をこなすいぶし銀」といったところか。
ただ、聖人と呼ばれている彼だがファウルの多さには些か悩まされる問題なので、低めの位置よりも少し高めの位置で使うほうが安定感があるかもしれない。

デロッシやピルロのように中盤の底からゲームを組み立てる選手と一緒に起用し、CHとして前線とボールをつなぐリンクマンとしての働きがリスクを回避しつつ、持ち味を活かすことが出来るポジションなのだろうか?

ただ、少なくともこの起用方法では今回のチームと相性はよろしくないため、素直にボランチとして使うことのほうが多いだろう。

14試合目ではまさかの一発退場をもらってしまった。
あんた…、聖人じゃなかったんかい!!
まぁ、キリストのお弟子さんにも衛兵の耳を斬り落としたりっていう話があるくらいだから、聖人と言われる人が一発退場するようなこともあるよね。
でも、ファウルは思ったよりもある印象なので流れを断ち切ったりしないかは結構、心配な点だったりする。



続きはこちら
選手別の印象(DF~GK)

・選手別の印象
・マルセロ
マルセロ



















何だかんだで彼の持っているコンビネーションプレイのチームスタイルはこのチームと非常に相性が良いように感じられる。

問題視していた守備も思っていたよりも悪くはなく、しつこいマーキングで相手を一方的に抜かれるという場面はあまり見掛けなかった。
一人で取ることはほとんど無いが、ソングやダンテといった他の選手と連携してボールを取りに行く姿勢は組織的守備の恩恵なのだろうか。


・ダンテ
ダンテ



















今回は1213のWCBを使用してみた。
WBEよりもDEFの値が高いためか、こちらのほうが守備力は上のように感じられる。

WBEのほうが基本的に待ち構えての守備なのに対して、こちらのほうは積極的に自分から仕掛けるタイプの守備を行う。
これにより、守備範囲も広く使いやすく仕上がっている。

積極的に仕掛けるといってもWBEとの比較であり、不必要な位置まで上がっていくことはあまり多くはない。
相手がサイドから仕掛けてくる場合はマルセロやソングのどちらかが抜かれた辺りから仕掛ける印象。
文章にしてみて思ったのはフォアチェックというよりもカバーリング型のほうが正しいのかもしれない。

守備自体は現時点では非常にクリーンなもので、相手の足元からサッとボールをかっさらう感じの守備が多く、相手を持ち前のパワーで吹き飛ばすなどのプレイがあまり多くないため、カードのリスクもあまり多くないのは評価できる点だろう。




・プジョル
プジョル



















スタメンとして起用していることが多いのだが、今回はこれといった印象に残るプレイを見ることが出来なかった。
自ら仕掛けてはかわされ、サイドに取りに行ってはラインを割るといった感じである。

もう少し、安定した活躍をしてもらいたいものだが、それを望むには育成が必要になるのかもしれない。

累計カード
Y:2枚

R:1枚

・コロッチーニ
コロッチーニ



















今回もそこそこに試合は出ているものの、これと言った印象はなし。
唯一頭に残ったプレイも相手CKのボールを取ったはいいけれどもクリアをせずに、自分で負っているところを相手の選手に取られるという場面くらい。

守備の仕事が印象に残らないのは攻めている証拠だからいいのだが、だからといって悪いプレイをしてしまうのとは話は別である。



・モジャ
モジャ



















やっと使い方を掴み始めてきた感じ。
それでもかなり早い段階で飛び出させてしまうので、もう少しタイミングを遅らせて飛び出させるように意識する必要がある。

特に呼び出したわけではないが自動成長も大きいというのは地味ながら評価できる点ではないだろうか?

鉄壁というレベルではなく、決められるときはどんな相手であっても決められてしまうがGKなんてものは例え優秀であってもいつかは破られてしまうんだから特に気にすることも無いだろう。

PK戦になったことはないので一度、わざとPK戦にもつれ込ませて検証するのも面白いかもしれない。


続きはこちら
選手別の印象(控え)と今回の総括

・選手別の印象
・フレッジ
フレッジ



















相変わらず、1試合も出場していないのにやる気だけはあるのか、練習では2度カットインが発生した。

そんなことをしても、お前を試合に出すつもりはないぞ!!

このまま任期の間、1試合も出場させないでプレイしていて、そんな選手と師弟関係が生まれたなら思わず苦笑いすることになるのは間違いないよね。


・アイマール
アイマール



















チーム3人目となる得点を記録した。
決めた時は思わず「やっちゃった!!」って思いました。

バルデラマやウィリアンの代わりとして起用していましたが過去にFWとして排出されていただけにアシストだけでなくきちんと自分で決めることも出来るというのは場面を選ばずに非常に使いやすい。

現時点での問題は出場機会があまり多くないため、味方との連携がそこまで上手くいかずに折角いい球を上げても結果に繋がらないことがしばしば。
もう少し、起用の頻度が上がれば連携もこなせるようになってくるだろうから、余裕がある時にでも出していこうかな。

・ペナント
ペナント



















今回は常に調子が悪く、出場機会がなかったため使用感はなし。
持っているものは悪くはないのだけど、ここまで不調が続くのならSS要員としてはちょっと厳しいものはあるかな。
もっと使ってればコンディションが安定するのかもしれないけど、調子のいい選手を下げてまで絶不調の選手をだすっていうのも。なぁ?


・アケ
アケ



















今回のプレイで初めての登板。
気になるスタミナは思っていたよりも動き回らなかったためか1試合通しても余裕でもったことには驚いた。
ベテランの選手なら珍しいことではないのであまり気にしないけど、これだけ若い選手で落ち着きのあるプレイを出来るというのは珍しいように思える。

とはいえ、基本的には押してる展開のほうが多かったため、仕事をする機会が少なかっただけなのかもしれない。
それでも無駄に動き回らない選手なら計算をしやすく良い選手とも言えるだろう。


・ルイス
ルイス



















起用した試合は決して多くはなく、攻めている展開が多かったため、多くの印象があるというわけではないが、相手のボールを取りきれなくてもすぐさま体勢を整え直し、再びボールに向かっていき奪取したシーンは素晴らしいの一言。

基本的にはコロッチーニの控えとして起用しているが、この白が普通の場合にスタメンとして使われているのも納得である。


・総括
排出カードのところでハイテクランドセガ 立石店。いい店だね~!と言いましたが、今回については引きが良いからってだけではないですよ。

ブログを見てくれている人ならご存知でしょうが、最近はプレイ動画を撮りながらプレイしているわけですよ。
で、そんな私を見ていた店員さんが話しかけてくれまして、「WCCFにも録画の装置欲しいですか?」と聞いてきてくれたわけです。

二つ返事で「はい!あるとすごい嬉しいです!」と言ったところ、「それでは技術部のほうに掛け合ってみます」という前向きな返事をいただけました。

もうね。これだけで嬉しいです。
他の店でこういう風にプレイしていてもこんな風に声をかけてくれる店員さんはいませんでしたし、話し声が撮影中の動画に入らないように声のボリュームにも気を使ってくれました。

たとえ、WCCFに撮影用の機材が入らなかったとしても私はこの店に何があっても通い続けることに決めました。
だって、いい店だもん!こんないい店、他に知らないよ!!

イベントにも積極的で今日もエクストリームバーサスのイベントやってました。

羽田空港から一本で来れる好立地?でもあるので羽田を使って東京に来るという方は是非、1度訪れてみてください。
秋葉原のゲーセンよりもずっとプレイしやすい環境でいい店ですよ。
もちろん、羽田を使わない人も東京近郊に住んでいる人も品川から1本なので実はアクセス良好なので行ってみてください!!

前にも書いたと思いますけどゲーセン離れが進んでいるという風潮の中、繁華街ではないのにこの店はいつも活気に満ち溢れている気がします。

今までは「クレサが充実してるからかな?」とかいう風にしか思っていませんでしたが今日、その理由を知ることが出来ました。

もう一回言っちゃうけど、ハイテクランドセガ 立石店いい店だね~!!
EXカードキャンペーン最終日だったから10口まで溜めとくか?とか思ってたけど、ボアテング自引きできたし、いい気持ちになれたから当たらくてもいいやw

最終的には知り合いと合わせて7口。
プジョル当てたときはこんなもんだったけど流石に厳しいだろうね。


というわけで、伸び伸びだったプレイ日記を書くことがやっとこさ出来ました。
途中で文体などが変わるのはいつものことですが今回は3週間以上前のもの入っているのでいつもよりばらばらな感じになっています。

今年最後のキラは結果的にボアテングになりました。
今年中にもう少しプレイしたかったけど、今年はイレギュラーだったと諦めることにします。

まぁ、最後に引いたのが上級レアだったわけですし、いい終わりではあるか。

この時のプレイ動画はまだ編集が終わっていないのでZOO最終回などの動画一緒にまとめてアップする予定です。
動画も見るよという方はもう少しだけ、待っててください。


続きはこちら
今回のプレイ動画

このページのトップヘ