10-11の頃に立ち上げたチームを147試合でオファー辞任。
オファー内容は以下の通り。
本拠地:メキシコ・シティ
新練習:FK練習(オフェンス中up、パワー・奪取小up、スピード・支配微down)
所属選手:なし

最終的な監督年俸は9億9141万でCML E→CML Sに

11-12ver.に入って新チームを立ち上げるのは初めてのこと。

チーム名は「Rabies Growl(レイビースグロウル:狂犬のうなり声)」に。
ガットゥーゾのレアKP「リンギオ」を使っていこうということから、この名前に。
Rabiesは正確には狂犬病だが、他の言葉では語呂が悪かったり文字数の関係上入りきらなかったりするのでRabiesに。

メンバーは以下の通り
●スタメン
FW 
ボビー・チャールトン(0708 KLE)
ダビド・ビジャ(1011)
クリスティアーノ・ロナウド(0809 WMVP)

MF
バスティアン・シュバンシュタイガー(1011 WCM)
パトリック・ビエラ(0405)
イヴァン・ガットゥーゾ(0607 WMF)

DF
ファビオ・カンナバロ(0405)
カルレス・プジョル(0405)
リリアン・テュラム(0405)
アレッサンドロ・ネスタ(0405 WDF)

GK
ジャンルイジ・ブッフォン(0405)

●控え
ヨン・ダール・トマソン(0203)
フランセスク・ファブレガス(0910)
クロード・マケレレ(0405)
イゴール・トゥドール(0102)
ウィリアム・ガラ(0607)

ポジションはこんな感じ 
a54df48e2dcf760c01506f44b48ccfa2e1d0b64d_99_2_2_2























●使用KP
・オフェンス
メイン:ミドルシュート重視(チャールトン)
・ディフェンス
メイン:ハードプレスディフェンス(ガットゥーゾ)
サブ:プレスディフェンス(カンナバロorテュラムorブッフォン)
・サポート
メイン:チェイシング(ビジャ)
サブ:フォアザチーム(プジョル)

グラフ育成はオフェンス・奪取・パワーを震撼させ、レアKPにする予定。 

キャプテンはカンナバロ
CPBはモチベーション。 

●コンセプト
・U-5RでやったことがないからU-5Rでやってみよう。
→今までのU-5と動きに違いは出るのか?巷で噂されている動きのぎこちなさなどはあるのか?
・あまり見かけない選手(カード)と、過去に使いこなせなかった選手のリベンジ。
→昔は使いこなせなかったボビーとクリロナを使いこなしてみたい。
・ガットゥーゾのリンギオ、ビジャのフロントミッションを使ってみよう。
→前線で積極的に奪取を仕掛けて攻撃を途切れさせなければどれほど点をとることが出来るのか?
・ミドルシュートを打ちたい。
→今まで使っていたチームはペナルティエリア外からシュートを打って入ることが稀だったので、ちゃんとゴールを狙えるチームにしたい。
・カードパワー強めで。
→一説にはトータルの数字が1400を切るように作ったほうが良いと聞いたことがあるが、それは本当なのか検証してみよう
・ブッフォンはPKに弱いのか?
→全冠したらWTにも積極的に参加して、ブッフォンがPKに本当に弱いのか検証してみようと思う。