選手別の印象 DF~GK
・カンナバロ
 カンナバロ












サイドからの攻撃を高い所まで上がって未然に防いでくれる
フェイントにも騙されにくいためテュラムよりサイドに適しているかもしれない。

・プジョル
プジョル 











今回は3バックの右で起用。
こちらも高い位置まで上がって攻撃を潰し、そのまま攻撃の起点になっていた。
しかし逆サイドから攻撃されることが多かったため、今回のプレイではあまり活躍していた印象は無かった。 
また今回のプレイでは彼のフォアザチームを何度か使用したがコンテの時よりもKPの効果の実感が沸かない。
途中でランクが上がっても印象は変わらなかった。
チームが成熟したり、選手のポジションを変える。キャプテンに指定するなど行えば印象が変わってくるのだろうか?

・テュラム
 テュラム











中盤からの縦のロングクロスでチャールトンのゴールをアシストすることも。
カンナバロの位置に置いたときは動きがあまりパッとしなかった。
フェイントを入れられた様子も無かったのでスピードタイプの選手が苦手なのかもしれない。そう考えるとサイドからの攻撃を防ぐことは適していないと思われる。
その後は中央に置いていたが積極的に上がっていくことはなく、サイドから攻め込まれることが多かったためあまり活躍している場面を見られなかった。

・ネスタ
ネスタ 











ディフェンスラインの最後の一人としてほとんどの試合でブッフォンに仕事をさせることが少なかった。
クリアにはムラがあるようで、そのまま攻撃につながりカウンターの起点になりそうなものを見せたと思えば中途半端な距離に出して相手にとられてしまうもののあった。
ディフェンスラインに幅広く顔を出していたのも印象的でカンナバロの後ろにいたかと思えば、次のプレイではプジョルの後ろにいたりもする。
守備は高めの位置に置いたときはスライディングを多用し、下がり目の位置のときはぶつかりながら取りに行っていた。

・ブッフォン

ブッフォン 












飛び出しのレスポンスが良く、ボタンを押すと同時に素早く飛び出してくれる。
レギュラーでは見られなかったファンブルをフレンドリーマッチで見せ、その球をゴールに押し込まれていた。
同ランクの相手に普段では見られなかったことを考えると負けフラグでも経っていたのだろうか?
現時点では飛び出している間に飛び出すコースを修正することが無かったので飛び出させるときはきちんと相手の動きを見極める必要がある。