チーム立ち上げ~約90試合経過しての印象(中盤~終盤)
使用状況はRabies Growlのプレイ日記を参照

約30試合経過時点のパラメータ
クリロナ












起用ポジション
右WG、右SH、CF

シュートレンジ

得点を決めることが出来た大体の射程を記載。
クリロナ_射程












プレイスタイル

単独で戦局を傾けられるほどのテクニカルな突破と高い決定力を兼ね備えたドリブラー。
サイドと中央の間で起用し、サイドに流れさせればクロサーとして。中に切り込ませれば高い得点力でゴールを量産できるストライカーなど多くの顔を持ち合わせている。

長所
・フェイントを駆使した突破

立ち上げ時から豊富なフェイントを取り入れたドリブルで敵陣をかき乱しながら突破をしていく。
誰もいないところでも余計なフェイントを入れたりすることもあるが、以前使ったときのように無駄にこねている間に相手に取られてしまうことは無かった。
試合数を重ねることでフェイントを入れる判断力も増してくるようで、ごく近い距離で入れていたフェイントを程よい距離で入れて相手をかわしていくようになり、無駄なフェイントの数も減ってくる。

・立ち上げ時から披露される決定力
チャールトンやビジャは立ち上げには威力や精度がやや低いシュートを打つのに対し、こちらはいきなり相手GKが届かない位置に強烈な弾丸シュートを放つ。
成長に乏しい状態で対人戦になっても得点を狙うことが出来る。

・ミドルレンジからの得点力
10試合前後から打てるようになるのを確認したが、もしかしたら最初から打てるのかもしれない。
チャールトンが直線的に放たれるのに対し、こちらは大きく曲げたミドルシュートを相手GKの届かないところに放つ。
相手のDFを振り切ったあと、早い段階から角度が無くてもゴールを狙えるのはサイドに置いても活躍できる証と言えるだろう。

・攻撃的な役割をすべてこなすことができる
裏面では右サイド部分が濃くなっているが、CFでも高い能力を発揮してくれる。
空中戦でも競り負けることがないためクロスの合わせ役でも使用することができる。
シュートは相手GKの届かないところに鋭いシュートを放つので打ってしまえばほぼ入る。

短所
・スタミナの持ちが悪い
元々アップダウンが激しく、ドリブルをする距離も回数も多いのでKPに指定していなくてもスタミナの減りはチーム内でも随一。
1試合通して使うことも可能だが、疲れを残さないためにも大幅にリードしている時などには交代したほうが良い。
個人の星がある程度ついてくると1試合終了時にスタミナがなくなるといった具合になる。

備考
エゴイスティックさは現時点ではあまり感じられず、プレイヤーの戦術指示にも素直に従ってくれるため非常に扱いやすい。
戦術ボタンを全て点灯させれば味方を活かすプレイをし、全て消灯させれば単独での突破を図る。
FKを蹴ったことがないので精度はわからない。無回転FKを蹴るのかも不明。