本日の戦績
レギュラー1st


EPC




行った練習
スピード
スピード
スピード
休養

使用感
・スネイデル
スネイデル












パラシオの代わりにCFで起用。
調子が最悪でもクロスをゴールに押し込むなど一定の仕事はこなしてくれる。
クロスは低いものなら高い確率で決められるが、高いボールになると身長の点もふまえてイマイチ。
しかし、合わせることが出来ればヘディングでゴールを決めることができる。
展開力も相変わらず優れており、CFで使っていたときも奪取からサイドにいるヘススに長いロングパスを届けていた。
単独での突破もある程度こなすことが出来る。


・イニエスタ
イニエスタ












スネイデルの代わりにトップ下でスタメン起用。
スタミナが15あるのはやはり心強い。
しかし、調子が不調だったこともあり、イマイチな印象に。


・アセンホ
アセンホ













星が3つあっても待ち構えてゴールを守るのは苦手なようで、攻め込まれているときはキチンと飛び出させた方がよい。
EPC準決勝ではCPU相手とはいえ3本中央2本止め、パーフェクトで勝った(1本は相手が外した)。
PK戦には強い可能性がある。


・ハマン
ハマン












中盤ならどこでも問題なさそう。
得点も決められるので攻撃的なポジションでも問題はない。
ポジション柄、キックオフ時にボールを受けることが多いが、多少のドリブルを挟んでからのパスで確実にヘススにボールを届けてくれるので自分の仕事はキチンとこなしてくれる印象。



・ミケル

ミケル












特殊実況を初めて聞いたが、かなり格好良いと思う。
デロッシよりも守備力が高いのでこのままスタメンでの起用でもいいかもしれない。


・ヘスス
ヘスス













高い突破力とクロスの精度で攻撃の起点として大活躍していた。
相手にあわせてクロスを選んでいるようで、背の低いスネイデルには足元に収まるようなグラウンダーのものを出し続けていた。


・パラシオ
パラシオ













今回のプレイでは登板は無し。理由は調子の悪さ。
最終プレイでやっと普通になり、休養と合わせて好調になったという程度。
プレイ開始時から最終プレイまでと、調子の回復まで時間がかかりすぎている。


総評
約半年ぶりに稼働し、レギュラー1試合とEPCに出場。
レギュラーは最終節だったようで優勝。プレミアに昇格した。

試合数が少ないため個別の印象は少ないが、全体的に守備陣は固い守りを形成し相手の攻撃を防ぎ、前線はキチンとゴールを決め、パスワークなどもスムーズだった。
メインチームのRabies Growlが単独での攻撃をメインに据えているチームなので、動きの種類にだいぶ異なる印象を抱いたが、やはりチームで戦ったほうが手軽に強いチームができるのかもしれない。