去年から今年にかけてくじやら自引きやらで結構な枚数が溜まってきたので、ここらでいっちょ使ってみようか。ということで構想してみることに。

くじなんかで上級レアを引いたりすることはちょこちょことあったものの基本的にはほとんど使うことが無いので、
このチームのように何かきっかけがないとずーっとカードケースの隅にいることになります。
そんなカードが整頓していたら出てきたので、使ってみることにする。

バルデラマやフェライニなど今後のモジャ縛りでも使おうと思っている選手は師弟としてついてきたらば基本的に継続する予定ですが、マラドーナに関しては育成のし直しも考えているので仮についてきた時はちょっと迷うところ。




継続採用 
・カルロス・バルデラマ

現行のチームでは追加能力で理想的なものが手に入ったことと、3期以上にわたる長期の起用を想定しているため継続して起用。
任期の終わりでゴールデンシューズを使うつもりなので多分ついてきてくれるでしょう。

 
・マルアーヌ・フェライニ

バルデラマと一緒に採用するつもり。
現行チームではCFとして起用していたので、今回はボランチとして起用してみることに。
それに伴い、黒からRGSにレアリティを変更。 


・ダンテ

現行チームではこれといって育成をしているわけではないものの、現行から2シーズン後にはもじゃ縛りに戻すつもりなので継続起用し、育成を行うことに。
こちらもレアリティを変更し、ダブルバンとして猛威を振るった1213ver.の黒に。
次のモジャ縛りではウィリアンのスルーパス重視をメインの戦術にすえるつもりなので、代わりに奪取の項目を伸ばすことにしたため。


採用候補

・クリスティアーノ・ロナウド(ゴールデンガン)

今年の年明けにトリックスターのくじで引いたものの、机の上にほったらかしになっていたので採用をピックアップ。
現行バージョンではあると強いものを全て兼ね備えているように思うのでとりあえず前線には彼一人がいれば大体の場面で何とかなるかもしれない。


・ヨハン・クライフ

知り合いのところからぶんどってきた無期限トレードで私のところにやってきたKOLE。
知り合い曰く「3枚もいらん」そうなので問題なし。
クロスを上げても合わせても良いそうなので、その両方で活躍しそうな場面で使ってみようと思う。
他にも万能性の高い選手であるため、様々なポジションで動きを見てみようと思います。

他にも候補となっている選手はいたのだが、先日亡くなったということもあり、追悼の意をこめて採用することにした。


・エデン・アザール(BMF)


ベルギー縛りでの採用を検討しているものの、すぐには動き出す兆しが無いのでこちらで試してみることにした1枚。
右でも左でも基点になるタイプの選手なので、その日の気分によって変えるなり相手の戦術によって変えるなりしながら使用感を見てみようと思います。
それにしても自由の騎士って聞くと、某ラノベで自由の象徴であるペンデュラム鳴らしながらやってくるZの戦士を思い出す。
セガがこれを知っててつけたのなら100%悪意しかないだろうけど、流石にそれは無いだろうな。


・ポール・ポグバ(POY)

先日、引いたばかり(?)の上級レア。
このチームでは彼がメインのチームスタイル要員になる。
彼もスルーパス重視を持っており、スルーパス重視Gが面白かったのでレアチームスタイル持っているこちらも試してみようと思う。
基本的にはボランチでの起用を想定しているが、攻撃面ではどのような活躍をするか気になるところである。


・ジェローム・ボアテング(WDF)


私が何年かぶりに自分で引いた上級レアでかなりテンションが上がった一枚。
このポジションには上級レアがあまり多くないので今後も何らかの形で使うことにもなるだろう。
ダンテと一緒に採用するのでダブルバンを試してみるのも悪くはない。


・フェルナンド・イエロ(1314v2)

今回バージョンはファウルをもらうことが多いため、FKの名手という人を採用しておこうと思いピックアップ。
昔からなんとなく様々な場面で遭遇している印象がある選手。
1011ver.とどちらを使おうか迷っていたこともあるが、組織守備重視持ちのこちらにしてみることにした。
まぁ、使い心地が気に入らなかったら、もう一つのほうを試してみれば良いわけだしね。


・ヤープ・スタム(ATLE)

実況では「オランダ史上最高のディフェンダー」と呼ばれているくらいだから、どれほど強いんだろうか?と地味に気になっていた1人。
まぁ、どちらかというとそちらよりも0607の頃から構想していたサイボーグ軍団の面子の一人として使ってみたいというのが本音だったりする。


・マヌエル・ノイアー(BGK)

こちらもボアテングと同様に上級レアが少なく、今回のKOLEが出なければ最高レアリティのGKだったかもしれない。
基本的にノイアーは飛び出し型のGKのようなので私のプレイスタイルにもあっているかもしれない。
ダンテやボアテングといったバイエルン勢との相性も悪くはないだろう。



控え候補
・フランチェスコ・トッティ(1314BAN)

最近、トッティ名言(迷言?)集を見て、最近使ってないなということからピックアップ。
スタメンでは厳しいスタミナもSS適性を持っているため、後半からの投入が主。
大昔に使ったときは点取り屋としてよりも最前線の繋ぎ役としていることが多かったので、どんな動きをするかはお楽しみ。


・ロベルト・バッジョ(サカつく)

こちらもずーっと昔に手に入れたものの、ただの一度も使うことなくカードプールに沈んでいたのを思い出した。
今回のバージョンで欲しいカードの1枚でもあるので、運が良ければ変えてみようと思っている1枚。
スタミナが白オーウェンばりに低いため、後半からの投入でも1試合持つかは判らないが、今使わなければこのままずっと使いそうにも無いので採用することにした。


・ヨハン・ニースケンス

前回バージョンではかなり使われていたもう一人のヨハン。
どれほど変わったのかは知らないが、攻守に置いて使いやすい選手だったようなので試しに使ってみることにした。
ボランチの選手はそんなに使ってみたいと思う選手が多くなかったので、繰り上げ当選という形に近くなる。


・ロベルト・アジャラ(0506WDF)

LEのほうは使ったことがあるので、今回はSS持ちのこちらのほうをピックアップ。
現在想定しているパラメータ構成とレアチームスタイルに必要なパラメータも噛み合っており、後半からは狩りを始めるのも面白そう。

「狩リノ・時間ダ」

「狩りの時間だ プレデター」の画像検索結果 


・パオロ・マルディーニ(0607BAN) 

ローマのバンディエラに続いてミランのバンディエラも採用。
こちらの採用のきっかけもアジャラと大体同じ。
次のカード追加でATLEになりそうでもあるので、その前に試しておこうという腹積もりでもある。


次点候補

今回は惜しくも落選となってしまったが昔から気になっているものの使っていない選手というのは多く 、次回以降の欲求発散チームを構築する際にチェックする用のメモとして残しておくことにする。

・ラファエウ(ロケテ)

多分、日本で一番持っている人の多く、もっとも価値の低いロケテカード。
その割りに使っている人がいないのか使用感を書いている人がほとんどいない可哀想な人。
あのガッカリ感は半端なかったからね。仕方ないね。
ロケテに行けない人への気遣いだったんだろうけど、ロケテに行っている人はどう思うのかがよくわかるという稀有な例。


・ダリオ・ヒュブナー(TS)


こちらも昔から気になっているものをゲッチューしてきたのでピックアップ。
点を取る以外のことが出来ないと言われていたが、昔に言ったことがあるように私は生粋の点取り屋というものが大好きなので是非とも1度は使ってみたいと思いながら結構な時間が経ってしまった。
次にやる時は必ず採用しようと思う。


・ファビアン・カリーニ

ストラーリが出るまでは唯一のユベントス白GKだったカリーニ。
一時は最強の白キーパーとの呼び声が高く、遠い昔に買ってはみたものの中々使ってみようと思うチームが思い浮かばず、今回も次点にとどまってしまった。


・ディエゴ・フォルラン


日本でのプレイも記憶に新しいCF。
このゲームではどのようなプレイをするのか知らないこともあり、地味に気になる1枚であった。



・総評

とりあえず強いカードを集めただけの『ぼくのかんがえたさいきょうのチーム』みたいになってしまったが、仕方ないじゃない!!折角手に入れたんだから、使ってみたいと思ったっていいでしょ!
上級レアを中心に集まっているものの、そこまで豪華な気がしないのはジダンとかトレゼゲがいないからだろうか?

今回の目的は圧倒的なカードパワーによる「俺TUEEEEEEEEEEE!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」になるので、主にストレス解消用になる。
ついでにバルデラマのスルーパスとの相性の良い選手はどのようなタイプなのか。
そして、複数覚醒に必要な条件のピックアップも目的になっている。
効率よく行うには勝てる可能性の高いチームにする必要があるので、このような形になったと思ってくれれば構わない。


使ってみたいものの、持っていない選手はまだまだいる。というのを思い直したところで。
今回はここまで。