はい、というわけで1カ月以上ご無沙汰になったプレイ報告です。

「たまにプレイする~」というスタンスでいる私ですが、こんなにスパンが空いたのにはちょっとした理由がありまして。
ちょっとね~、身の回りで結構な大事がありましてね。「遊びに行ってる場合じゃないがな!!」という感じになっていたわけです。

前回の更新の時も結構ドタバタしてたんですけど、それどころじゃないこともあったりして、もう大変。

とりあえず、もうヤマも越えて比較的通常運行に戻ったので週に1、2回はプレイしに行きたいです。
少なくとも早めに記事を書きあげるように努力します。
ブランク開くと書きづらいことしょうがないですしね。


さて、本題。
今回のプレイでは残りのチームの任期が少なくなってきたということもあり、継承を考えたプレイをすることに。
バルデラマとフェライニの2人を連れて行きたいこともあり、その2人を中心にしたコミュニケーションを行っていたが、アイテムを確認したところゴールデンシューズが2足あることを確認したので第3のメンバーを連れていけないかと考えて、コミュニケーションを取ることに。

第3の男としての理想はダンテ。
これは次のチームでも採用を検討しており、プレス系のディフェンスを持っている貴重なモジャでもあるため。
次点でGKのモジャ。

残りの任期はダンテとバルデラマ、フェライニとの連携線を繋いで第3のメンバーとしてついてきてくれた時の想定を進めておこうと思う。


また今回のプレイでは前線のフォーメーションを少し変更してみた。
主なポジション変更はフェライニのボランチ使用。それに伴いレアリティも黒からRGSに変更した。
他にも今回は指示ボタンの操作を極力減らしてみることにした。

これに対する印象は次回のプレイ日記で。


・本日の対戦成績
10戦9勝1敗
対戦履歴





















チャレンジマッチで2試合とも勝つと3試合目が発生することを知って驚きました。
相手はかなり強いので何らかの対策を講じる必要はありそう。
とはいえ、オールスターチームみたいに具体的な方法があるわけでもないので、チームの地力を高めることが最大の攻略法になるのだろうが。


・現チームの統計データ
統計データ



















・行った練習
非公開
FK
FK
休み
交流戦
交流戦
交流戦
休み
非公開
紅白戦


・現在のオファー
確認を忘れてしまったので今回はなし。
次回は忘れるとちょっとしたことになるので気をつけなければ。


・カード配列
■□☆215 アラン
■□☆046 ロベルト・フィルミーノ
■□☆319 ITSピルロ
■□☆300 トマス・ピナ
■□☆275 ジョアン・カンセロ
■□☆004 マテュー・ドュビュシー
■□☆186 マルセロ・ブロゾビッチ
■□☆242 アドリアーノ
■□☆003 カラム・チェンバーズ
■□☆SOC17 ロマン・ノイシュテッター


最後の1プレイでキラを引くことが出来たのでほっと一安心。
前回上級レアを引いた時と同じように配列をチェックしたら2つ次にいることがわかったものの、流石にちょっと面倒になったので今回はやめておいた。

今回のバージョンになってキラを引いてから近くに上級レアがあることが多かったため、全体的に上級レアが狙いやすいバージョンなのかもしれない。

あわよくばver.1稼働中にもう1枚は上級レアを引きたいな。


・今回の感想
前回のプレイから大分時間が空いているので前回の印象は薄れているところが多かった。
2週間前に一通りの試合を見返したものの、それでもプレイしているとでは印象が異なるもの。
それでも、あるとないとでは結構な違いだったりもしたりする。

とりあえず、残りの任期も2,3セットプレイすれば消化できてしまうので次のチームについての構想をまとめる必要がある。
現時点では特定の選手のピックアップはしていないものの、溜まりに溜まってきたあのカードらへんをいっぺん使ってみようかと画策している。
誰をピックアップするかはまた後日にまとめようと思う。

今回のチャレンジマッチ3試合目で対戦したウーゴ・サンチェスの頭がかなりのモジャということを知った。
これならモジャの中では層の薄いCFしての活躍を期待できるだろう。


ブランクが空くたびに書いていることだが、やっぱり間が空いてもこのゲームの面白さを実感できる。
とりあえず、キャンペーン期間中に時間が空いたら積極的にプレイしに行こうと思う。
今回のプレイで排出されたシールの数は2枚。
大体5プレイに1枚の比率になるので15枚までは75試合。結構長いけど無理では無い数字かな。
セガの店舗はシールが共通なので受け取りは他の店に行っても問題ないというのは地味にありがたいかな。

今回はここまで。

プレイしに行くタイミングはブログの記事をまとめてからにしないと、えらいことになるのは身に染みて理解したので、その辺は今後も活かしていこうと思います。