・選手別の印象
・フレッジ
フレッジ























今回はフェライニを中盤に下げた関係もあり、スタメンで起用してみた試合もいくらかある。

全体的には結果は上々だったようで、公式戦1試合につき1点というペースを記録している。
記録には残らないもののチャレンジマッチでも4得点を記録。
点取り屋としての働きとしては十分すぎるものを記録していると言える。

ウィリアンと同様にフレッジも動きながらのトラップを見ることが出来た。
この動きが出るとスピードが落ちるが少なく、すぐさまトップスピードに戻るので突破力が大きく増す印象がある。



・アイマール
アイマール























フレッジと比べるとこちらの活躍はかなりマイルド。
呼び出しで☆を付けてみたが、戦術の星だったせいか印象に大きな変化はなく、プレースキックの精度が上がるというようなことも無かった。

だが、流石に☆一つで別人になるというようなことはないので妥当なところと言えるだろう。


・ペナント
ペナント























今回のプレイでは初めての得点を記録した。
ブースト中のことなので具体的なシュートの威力は分からないものの、コースはきちんと狙っているようではあった。

シュートを打つまではドリブルで持ち込んで行ったのだが、一度スピードに乗ってしまえば一方的に負けるというのはそうないのかもしれない。
ブースト発動したタイミングはシュートを打たせる直前なのでこちらには影響はない。

今まではライン際で起用していたが、スペースに限りがある状態だと上手く動けない。もしくは動きづらいのかもしれない。
ドリブルは相変わらず直線的なものなのでコースを限定されてしまうのが良くないのだろうか?


・アケ
アケ























公式戦の他にもチャレンジマッチにも出場している。

攻守のいずれでも現在のスタメンを押しのけて採用できるものがあるか?というと首を傾げてしまうだろうが、からだを ぶつけて取るような守備と最低限のつなぎ役は現時点でもこなせるようである。

だが、印象としては及第点というには少しばかり物足りない印象もある。

スタミナは思ったよりはもったが、相変わらずこれといったストロングポイントが見当たらないように思える。

そんな彼だgあ、今回は珍しく敵陣深くまでドリブルで持ち上がり、強烈なシュートをゴールに放った。
結果はゴールにならなかったものの、威力はそこそこに高く、狙っているようなミドルシュートを確認できた。

全く育成に手間をかけていないことを含めて考えれば、素質は間違いなく良いものを持っているのだろう。


・ルイス
ルイス























今回は出番はなし。


・総括
今回の動画の撮影は何が原因かは分からないが、音声が録音されていなかった。
編集を終えて、試しに撮影してみたがそちらではきちんと音を取ることが出来たので原因は不明となっている。

一体、何が原因だったのだろうか? 

音が無いことでボタンを押しているタイミングが分かりづらく、結果だけでしか物事を見れなくなってしまった。
クロスに合わせるときにどのタイミングでボールを押せているか分からないのでは次に活かすことが出来なくなってしまうのはかなりの困りものである。