4月26日に艦これのアーケードが稼働しましたね。
艦これ自体は正直どうでもいいのですが、カードのほうは非常に気になっています。

と言うのも、艦これのカードはWCCFや戦国大戦のようにピローに入ったカードではなく、筺体でその場で印刷するという仕様。
この仕様はロケテの三国志大戦でも採用されているらしく、噂では次回のWCCFでも採用されるとか、しないとか。

今後、この形式が主流になっていくのであれば一度くらいは触ってみたいな。ということを頭の片隅に置きながら立石のハイテクランドセガへ。

艦これアーケードはWCCFのコーナーに行く途中に置かれているのですが、そこにはかなりの人だかりが。
2台2台で向かい合う形で設置されており、2台ずつで異なる整列が出来ていたのですが片方だけでもパッと見で20人。もう片方のほうも15,6人は待っており、合計で35,6人くらいが待っていました。

ゴールデンウィークということもあって、この人数だったのでしょうがゲーセンでは最近見ることが出来なかっただけに素直に驚きました。
が、それよりも並んでいる人の体形が皆そっくりだったことのほうが驚かされました。
BMIが皆20代後半から30近いんでない?という人ばかりでした。

基本的に艦これは男性向けのコンテンツのため、男性が圧倒的に多かったのですがそんな行列の中にも女性の姿があったことにも驚きました。

ゲームの内容は一切知りませんが、今後このゲームがどうなっていくのかはちょっと気になります。
触れてみるのは6月位になりそうかな。


さて、本題。

というわけでモジャ縛り1stシーズン 最終回です。
期間的には約4カ月で1シーズン終了と相成りました。
最近のペースからすれば大体同じ期間と言ったところ。・・・かな?

今回のプレイでは公開された選手カードの追加購入機能のお試しも行ってみました。
個人的な感想は「これは便利だわ!」。

今までだと10クレでキラを引けないと500円を追加して、約30分ちょっとくらいの時間がかかっていたのですが、
4、5クレ位消化してキラが出なかったり、不安になったら追加で購入すれば最終的に同じ1500円でも時間を大幅に短縮することが出来ます。

もちろん、途中でキラが出ればクレジットの追加もしなくて良くなるので1.5セット分の金がかからないことにも繋がります。
この機能が今後も常に使えるのならバージョンアップ直後のBOX抜きも従来の半分の時間で過ごせるようになるわけです。
これが、なんと素晴らしいことか!!

この機能が追加された事でカードショップなどの未開封BOXも少々が価値が落ちるかもしれない副産物もありそうです。


・本日の対戦成績
10戦7勝2敗1分
対戦成績





















チャンピオンズトロフィーは獲得することが出来ず、全冠することは出来ませんでした。
流石にしっかりと育てないでSクラス多劣るに出ても何もすることが出来ずにボコにされることが多くなりますね。

次はガッチンコ構成になっているので全冠を狙っていこうと思います。


・現チームの統計データ
統計データ




















・行った練習
非公開
FK
休み
紅白戦
休み
FK
非公開
交流戦
交流戦
交流戦


・現在のチームグラフ
チームグラフ

















・カード配列
□294 ビクトル・ルイス
■083 ダビド・ルイス
□289 アルフォンス・アレオラ
■189 ガリー・メデル
□332 JTコンノ
□103 マルセル・シュメルツァー
■115 メディ・ベナティア
□221 マノロ・ガッビアディーニ
☆POY ポール・ポグバ

■238 フェルナンド・トーレス
□039 エムレ・ジャン
■023 セスク・ファブレガス

1stシーズン最終回としては上々すぎる結果。むしろ出来すぎな部類でしょう。
それにしても一つのチームの任期中に上級レアが引けるとは。重畳重畳。

っていうかね?
上級レア出すぎじゃない?
スペシャリストのほうが出てきませんよ?
せめて同じPOYなら誰か他の選手が出てほしかったです。

贅沢を言ってるのはわかってる!!
でも、言わずにはおられんのや!!
わかってくれぃ!!

流石に次のチームでは狙い打ちでもしない限りは出ることは無いでしょうが、最近は違う意味で引きが良くなったようです。



・今回の感想
記事にするには時間は経ってしまったものの、なんとか4月中にチームを終了することが出来た。
5月からは新しいチームで心機一転を図っていこうと思う。

次のチームには誰がついてきたのか。
どんなオファーを受けたのかはプレイ評価の総評のところでまとめようと思う。

師弟関係のある状態でプレイするのは年単位でやっていないような気がするので、かなり久しぶりな感じがする。
師弟関係があると最初から連携が出来あがっていたりするというようなことなので、大成功を狙って極力短期間でのチームの底上げを図ろうと思う。

育成方針は『覚醒後の大成功を狙っていった場合、効率は良いのか?』という検証を行ってみるのも面白いかもしれない。

そうなると動画の作りも少々見直す必要がありそうだ。


新しいチーム立ち上げに合わせて様々なことを検討していく必要があるなと思ったところで、今回はここまで。


ハイテクランドセガ 立石そばの和菓子屋で売ってた揚げ団子がシンプルだけど美味しかった。
1本100円で小腹が空いた時にちょうどいい感じ。オススメ!!