・選手別の印象
・ザウリ
ザウリ






























戦術ボタンに素直に従う傾向があり、左サイドで起用していると、「とりあえず」と言わんばかりにサイドチェンジを敢行する。
少しばかり引きつけてくれればなお良いのだが、今でも最短距離を目指せるので悪いものではない。

数値以上に輝くものを持っていることが今回のスペトロで証明された印象がある。

個人的にはコンテ、ザウリ、アバテは縛りゆるめのイタリア縛りなら優先的に入れられることだろう。
イタリアは枚数の多さゆえに層の厚さが相当なものがあるが、その中でも埋もれる選手ではないだろう。

◆累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回


・パロンボ
パロンボ































中盤の守備能力は悪くは無いのだが、その後の展開力は物足りない。
折角、ボールを奪取してもパスミスで再び受けに回ってしまうことも珍しくは無い。

スタミナはあるのだが、動き回るからか思っている以上に消耗は早い。

絶対的な強みは感じにくいので印象には残りづらい。

◆累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回


・ドミッツィ
ドミッツィ






























3バックの左として起用。
SBとしての動きも兼ねているため、時たま予期せぬ位置まで上がってボールを取りに行くことも珍しくは無い。

抜かれてもすぐに諦めることは多くないので、抜かれても相手のマークに付き続ける。

この時のバージョンはDFにスタミナはあまり必要ない印象があるので運動量の割にスタミナは余裕がある。


◆累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回


・ガスタルデッロ
ガスタルデッロ






























足を伸ばして相手の足もとからボールをかきだすなど、CBの中央としてふさわしい仕事をしてくれている。
しかしながら、一人では取りきれないこともしばしばあり、油断をしているとあっさり抜かれてしまうことも。

守備の範囲は想像以上に広いので3バックでも穴を出すようなことはそう多くない。

ボールのクリアは大きく蹴りだすよりも、持ちあがる傾向があるので取られてしまった場合は一気にピンチになってしまうことも気に留めておきたい。

累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回


・シルベストリ
シルベストリ































守備にも貢献してくれるが、それよりも前で待つアバテへのボール供給という面でも仕事をこなしてくれる。

逆サイドにいるドミッツィと比べると守備範囲は狭まる印象があるが、守備力自体はそう違わないように思える。

絶対的なストロングポイントこそ感じられないが、アバテの後ろに置いておくことでボールの供給量を増やしたり、リスクをカバーさせることは出来るだろう。

◆累計カード
Y:1枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回


・パリゥーカ
パリゥーカ































◆累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回



続きはこちら
選手別の印象(控え)と今回の総括