最近、出会った作品ですが「九十九の満月」がすごく面白い。
現行の三国志大戦をやる人ならば1.5コストの馬甘皇后を思ってくれればわかりやすいです。

ジャンルは一言で言うならば妖怪漫画になるわけですが、鬼や龍といった有名どころの種族以外はほとんどオリジナルの妖怪が出てくる作品になります。
近年の妖怪ものだと妖怪ウォッチの影響もあってか基本コミカルで可愛らしいのが主ですが、こちらのマンガはそれらに加えて水木御大が書くような不気味で恐ろしい妖怪なんかも出てきます。
元々はニコニコ静画でアップされていたマンガなのですが、私は古本屋で見つけた単行本で知りました。

思わず笑いがこみあげ、思わず涙が出そうになり、全身が震えて仕方ありませんでした。
今のテンションで作品の魅力について語ろうとするとクソみたいな言葉で魅力を伝えられないままネタバレをしてしまいそうな気がします。
これ以上の細かい御託を並べるのはとにかく野暮というもので是非とも一度目を通していただきたい作品。

この漫画を知らないのはもったいないです。
こんなクソの役にも立たないものを見てる時間があるなら、「九十九の満月」を読んでください。


全身が震えあがるようなものに出会えることはそうないので、出会うとテンションが変な感じになってしまいます。

面白い本はそれこそ簡単に出会えるのですが、全身が震えあがるくらいになると半年に一度あるかないか程度しかなく、誰かれ構わず読んでほしくなってしまいます。

鳥肌が立つほどの出会いで失敗したと思えるものは一度もないのが私の人生で唯一の幸せですね。
…あ、これが一目ぼれってやつか。


さて、本題。

というわけでタイトルの通り、最終回になります。
今回はヴィエリの使い心地と新バージョンの印象を中心にまとめていくことにします。
最終回に新しいカードの感想とかどうかしてるとは思いますが、そこは適当にお付き合いお願いいたします。

・選手別の印象
・ヴィアッリ
ヴィアッリ





























今回は主にヴィエリの検証のため、出場機会は少なめ。
そんな少ない試合展開でありながら得点に絡む機会はさらに少なく、エースとしての仕事をこなせているとはいえなかった。

最近はゴール製造機としての機能も弱ってしまったのか、点取り屋としての結果を残すことも出来なかった。

◆累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回



・マンチーニ
マンチーニ






























点取り屋としての仕事でだけでなくアシスト役としての仕事も期待していたが、どちらの仕事もこなせているとは言い難い。
試合後のスタッツでは悪いほうの評価の常連になってしまっている。

過去に使用したときに見せたヒールリフトはおろか、ジグザグにかわすようなドリブルも見られなくなったことから、大きく弱体したと言えるだろう。

たまに相手のボールを奪ったりするがすぐさま取り返されたりしてしまうため、ほとんど意味がない。
それでもボールを奪える時があるようになっただけ、多少はマシになったのかもしれない。

◆累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:1回

試合:0回


・ドニ
ドニ





























攻守に置いてそれなりに動いているようだが、動きの質で言えばザウリとそう変わらない割には守備範囲が広いわけではないのでトータルでは負けている気がする。

持ち味の一つであったドリブル突破もあまり見られず、持ちこんでのミドルを打つ機会もそう回ってこなかったのは黒を割いている選手としては物足りないと言わざるを得ないだろう。

累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回


・アバテ
アバテ






























アーリークロス上げる頻度は上がったが、下がってくることも増えたため、カウンターの速度で言えば行ってこいでチャラといったところか。

上げたボールは味方を走らせるタイプではなかったので通る確率は3割程度。
合わせる役のスタイルの相性を考えさせられることにはなった。

今後のアーリークロスの検証を行う際の方針はぼんやりとだが見えてきた気がする。

◆累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回


・コリーニ
コリーニ






























前線でのパスカットで相手のカウンターを防いだり、遅らせたりと守備の面での仕事をこなしてみせた。
トップ下あたりと守備役としては高めの位置でありながら、守備に活躍してくれるとかなりありがたい。
パスは確実につなぐ傾向があるので、奪取後の展開も悪くはない。

しかし、パワーが高くないこともあってかカットした後にすぐ取り返されてしまうこともあったのは残念。
まぁ、位置が高ければ再び取られてもディレイにはなるので最低限の仕事にはなっている。

累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回



続きはこちら
選手別の印象(ボランチ~GK)