・選手別の印象
・ザウリ
ザウリ





























いつも通りの仕事をこなしている印象。
これといった目新しさは感じなかったが、言い方を変えれば安定しているということでもある。
大きく目立つわけではないが、縁の下の力持ちとして優秀と言えるだろう。

プレイ範囲も相変わらず広く、左サイドに配置していたにも関わらず気がつけば右サイドに顔を出していたりする。

◆累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回


・パロンボ
パロンボ






























ボランチとして配置していたが、守備の役に立っていることは少なかった。
以前よりも守備の範囲が狭まったような印象で中盤の端から端まで顔を出すというようなことは無く、その割にはスタミナの消耗も激しかった。

展開力もこれといって優れている印象がないので、コリーニと位置を入れ替えたほうが結果的には良かったのかもしれない。

◆累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回


・ドミッツィ
ドミッツィ






























相手のマークに付くが止めたりシュートコースを制限することなく、フリーと相対さない状態でシュートを打たれていしまっていた。
元より一人で相手を封じ込めることが少ない選手であったが、今回のバージョンではより厳しくなったように感じる。

起用方法の見直しが必要だったのかもしれない。

◆累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回


・ガスタルデッロ
ガスタルデッロ































相手の進行方向を予測しての守備を行うが目測を誤る。または読みを外してしまうこともしばしば。
パワーが持ち味の選手であるが、パワーを活かせるような展開になることがすくなかったのは厳しかった。

展開力も今一つで、バックパスで下がってきたボールを(相手よりの)空白地帯にパスを出してピンチを招いてしまうこともあった。

累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回


・シルベストリ

シルベストリ






























守備の質が落ちたような感じがある。
前から「こんなんだったよ」と言われればそんな感じもしないでもないが、相手を転がす。誰もいないところにクリアボールを放るなど、動きに「あわよくば繋がれ」というような感じが無くなったような気がする。

ただ、これは一概に彼だけの責任というわけでもないような気がしないでもないところがあり、原因の一つとしては『アバテが下がってくるようになった節がある』ことも影響しているだろう。

この誰もいないところに上げてしまったボールも、「今までならアバテがいたであろう位置にボールを出した」と考えればしっくりとくるところがある。
守備の質の低下もこれまでの3バックから4バックに変えてみたことも影響しているかもしれない。
慣れない戦術になってしまえば、本来の持ち味を出せないのも致し方なしと言えるだろう。


◆累計カード
Y:1枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回


・パリゥーカ
パリゥーカ































前回のバージョンでは待ち構えさせたほうが守れているような印象があったが、現行バージョンでは積極的に飛び出させたほうが相手のシュートを止められるような印象がある。
しかしながらファンブルが多く、一度止めてもその後押し込まれてしまう展開も多いため、トータルでの失点率で言えば飛び出させても、待たせてもどっこいどっこいと言ったところに落ち着くかもしれない。

SランクタイトルくらいのCPUでも至近距離でかなり早い一撃を打ってくるようになったので打たせる前。それも味方がマークに付いている時に飛び出させてキャッチさせるのがベストなタイミングかも?

とりあえずは積極的に飛び出させるほうが吉と見た。

◆累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回



続きはこちら
選手別の印象(控え)と今回の総括