たまにプレイする人のWCCFメモと使用感

たまにしかプレイしないので色々なことを忘れないようにするためのメモの話。 ※このブログに書いた使用感は個人的な印象によるもので、全ての人に当てはまるものではありません。 不都合などが発生しても責任は取れませんので予めご了承下さい。

カテゴリ:未開封BOX > 1415OE

トリックスターでアザールを引いたよ。っていう記事を書いた途端、アクセスが2割増しくらいになってビビりました。
一体、何があったっていうんでしょう?



・・・ザキヤマ?
ザキヤマのおかげなの!?
image













「あざーっす!!」

個人的にザキヤマのピークはゲームウェーブの時だと思う。
アンタッチャブルと伊集院の組み合わせはあの頃、メチャクチャすぎて今より段違いで面白かった。
伊集院光のUP'sでTBSの廊下を原付で走ってスリップ痕残したりとかはもはや伝説レベル。今やったらどうなるんでしょう。
そういえばコナミだかKOEIだかに出入り禁止されてるのは解けたのかな?
ダンスダンスレボリューションの時に言われてたと思ったからコナミだったかな?


ザキヤマのことはこれくらいにしておいて、本題。

先月の末くらいにまたまた未開封BOXを買ってたのですが、記事にまとめないまま気がつけば1ヶ月くらい経ってました。
この間のプレイ日記用のメモを見返してたら思い出したので慌てて記事に起こしているわけです。 

写真も撮り忘れてたのも原因の一つかな。

結果はこちら。 
BOX 




















































AAナンバーのカードが8枚と前回のBOXと比べると倍の枚数入っていたことになる。
前回のBOXと比較を並べるとわかりやすくなるかな?


分析はまた別の日にまとめることにします。

今回はここまで。 

映画の『PIXEL』を見てきました。
パックマンが敵になった!っていう感じのCMでおなじみの映画ですね。
ピクセル公式サイト

内容的にはアメリカンジョークのうまさがよくわかるコメディアクション映画。
パックマンの生みの親である 岩谷徹さんも本人役として出演しているのはマニア心をくすぐられます。

私は字幕版を見たのですがスタッフロールは必見です(吹き替え版だと違うのかもしれませんが)。

レトロゲームが好きな人とか30代後半から40代半ばくらいまでの子供の頃にゲームセンターという店が出来た頃の人たちは是非とも見て欲しい映画です。
オススメ!!


さて、本題。

前日にスマホが壊れたからプレイは抑えると言ったもののやることがないまま、過去のデータを整理しているだけというのもあれかなと思ったので久しぶりに秋葉原で未開封BOXを買ってきました。
DCIM0001
 














これで今回のカードの排出比率がわかるというものです。

ちなみにver.1.0や2.0のBOXは5000円を切っていました。
未開封BOXとしては結構お手ごろな価格だと思います。
HOLEとかKOLE、ATLE目当てという人はこちらを買うのも悪くないと思います。
生産されていないことから減る一方なので購入するのならお早めに。


開封した結果はこちら。
開封リスト





















































No.が
緑のものはver.3で追加されたカード。
青いものはver.2で追加されたカード。

全体的に黄色くなっているのはキラのカード。

各バージョンの比率は
ブンプ




今回のBOXではver.2.0のカードが一番多いということがわかった。
対してver.3.0のカードはキラ並みに排出量が少なく4枚と全体の1割程度しか含まれていない。
ボックスごとに多少のバラつきがある考えると大体1BOXに3~6枚程度が含まれているということだろうか。

キラが出るタイミングに関しては今までのBOXと同様に、大体13枚前後の間隔となっている。
大体の店なら2セットプレイすればキラが引ける計算になっているので、この辺りに変化は起きていない。

キラが出てくるかどうかの目安として前回はこういうパターンならば近くにいる可能性があるというのはわかったが、今回の検証したBOXだと白が連続などの目安が掴めなかったのでなんとも言うことは出来ないだろう。


まとめ
まず、驚いたこととしてはやはりver3.0の追加カードの少なさ。
追加された枚数自体が少ないのはわかっていましたが、排出がここまで少ないとは思いもしませんでした。
これだけ少ないのでは「もしかして、旧バージョンのカードが入ってるのか?」と感じてしまうこともあるかもしれません。

排出リストを見てもらえばわかってもらえますが、追加キラも全く出ていません。
とはいえ、追加されているカード自体が決して多くないことを考えると致し方なしと言ったところなのでしょうか?
とりあえず、1BOXに必ず1枚新カードが入っているわけでは無いということがわかった分だけ良しとしましょう。

追加のクリロナやBMFなどのBEST~に魅力を感じないならば過去バージョンの未開封BOXを買って、差額で追加されたカードを買ったほうが面白いのかもしれません。

それにしても未開封BOXがここまでお手ごろな価格になっているとは予想だにしませんでした。
これくらいの値段ならちょっとしたゲーム感覚や身内で大会をやるときなんかの商品にするというのも面白いかもしれませんね。


久しぶりの未開封BOXは案外楽しめたところで、今回はここまで。

このページのトップヘ