たまにプレイする人のWCCFメモと使用感

たまにしかプレイしないので色々なことを忘れないようにするためのメモの話。 ※このブログに書いた使用感は個人的な印象によるもので、全ての人に当てはまるものではありません。 不都合などが発生しても責任は取れませんので予めご了承下さい。

カテゴリ: 三国志大戦4

検討を続けているアクションカメラについて調べているとメモリースティックのフォーマットの関係でファイルが自動で分割されてしまうらしい。
だったらもう少し先まで見送ったほうがいいかもしれない。…のかなぁ?


さて、本題。

前回のプレイで通算3枚目となる夏侯月姫が出たのでトレードにセットしていた結果、念願の。


念願の…!!



DSC_0160 














HIGEが来たぞ~!!!

トレードしてくださった君主様、ありがとうございます!!

これで蜀伝に取り掛かれる!!
魏伝を消化しても群雄伝が進められるぞ~!!
 

折角の強カードが来たのだから全国に行けばいいのでしょうが蜀はほとんど友人にくれてやったためカードプールが薄くまともなデッキが組める気がしません。
また全国用には魏の騎馬単デッキ(使いこなせるとは言っていない)があるので優先度が低めというのもあります。

他にも台詞のバリエーションが非常に多いようなので色々楽しみでもあります。


トレードが成立しているかの確認のために寄った感が強かったのですが予想外のトレードが成立していたこともあり、折角だからと印刷を兼ねて1プレイ。

今日は久しぶりに全国をやってきたのですが降格間際のこちらに対して14連勝中の相手がぶつかるとかセガのマッチングが何を考えているんですかね?
3連勝するごとに階級とマッチするようにすればサブカで弱い人を狩る人もいなくなるんじゃないでしょうか。

どうしても戦場をメインで見ようとしてもカメラがコロコロ動き回るせいで狙ったところを見ることがしづらく、ミニマップばかり注目してしまい槍に刺さりまくるわ、妨害にすっぽり嵌って負けてしまいます。

カメラの位置を引いた状態で固定することとか出来ないですかね?
見たいところを見れないのは正直つらいです。
いっそのことヘッドマウントディスプレイで戦場を見渡すとかだったらいくらか不満を感じないのかもしれません。

…いや、それはないな。
仮に解決しても他の不満が出てきてヘイトを溜めるだけだわ(夏場の他人の汗がキモイとか)。


2戦目は群雄伝に移って騎馬単の練習。
やはり、ミニマップに注目してしまい槍に刺さってしまいがち。
騎馬単は使い慣れれば間違いなく強いのですが、操作の難しさはやはり付きまといますね。
昔は人馬一体ばかり使っていたので、早く人馬持ちのキャラが追加されてほしいです。
あわよくば魏に。ていうか!なんで騎馬の国なのに超絶がいないままなんですか!?頭悪いんですか!?セガは!!?
 

で、本日の釣果がこれ。
12474
 











まさかの全部R。
関羽は固定とはいえ残りの2枠もRが出るとは思いませんでした。
しかも全部未所有。
将器も全て長槍という驚異の揃いっぷり。
麻雀だったら何かしらの役は付きますね。
これで陸遜が蜀の槍だったら満貫役は確定ですよ。

とはいえ、1発でこれならなかなか珍しい排出じゃないでしょうか。
image

 



















久しぶりに仕事したじゃねぇか、田中。
SRをよこせや、コラァ!! ●ッ殺すぞ!!!!!


これ以上ほめるとまた田中が調子に乗りそうなので、今回はここまで。

この間のアクションカメラが気になったのであきばおーに見に行ったところ、気になっていたのとは別のものでした。
あきばおーで気になっていたのはこちら

形状はSJ4000やSJ5000に似ていましたが、対応SDカードの上限が異なることから多く出ているという『コピーのコピー』に相当するものだったのでしょう。

そんなこともあり帰宅後に再度、アクションカメラについて調べていると『【格安】1万円以下で買える高コスパ「アクションカム」の比較』まとめサイトを発見。
スペックについてもそうですが、一番ありがたいのはその商品を使用した動画も合わせて貼ってあるということ。
色味や映り方なんかも確認できるのは非常にありがたいです。

買うとしたら、この中から買うことになるかな。


さて、本題。

あきばおーに行ったこともあり、この間SRホウ徳を引いたレジャーランドに。
残り少なくなってきた魏伝を消化しながら、件のホウ徳をお試し。

将器の突撃強化は通常戦では一度の突撃で大きな変化を感じられませんが、連続戦のようなザコがわらわら出てくるところでは同じ武力の曹操では1度の突撃で倒せませんがホウ徳なら無人の野を行くが如く、次々と倒して行ってくれます。
わずかな違いですが一人で処理できる数が大きく異なるので他のキャラならミリ残るという場面で役立ってくれることでしょう。

攻城強化も騎馬兵にはありがたく、そのままの状態で城門を叩いても1~1.5コストの槍兵の壁攻城と同じくらいの1発はあると思います。
ですが、本領を発揮するのはやはり特攻戦法を使ったときでしょう。
計略を使用しているときに城門を叩くと視認でですが相手のゲージの1/4~1/3がふっ飛びます。


…彼は攻城兵でしたっけ?


「兵種なんて攻城には関係ないんですよ!!SE○Aにはそれがわからんのです!!」と誰かが声高に叫びそうなほどのダメージが出ます。

いくらなんでもこれは強すぎはしませんかね?

正直、騎馬の欠点である攻城力不足を一人で十分すぎるほど補うことが出来るので(レアリティや起用法の違いはあるとしても)徐晃と比べると基本的な制圧力の違いもあり、ホウ徳のほうが優先度が高いと思います。
曹昂や騎馬単では無くなってしまいますが杜夫人を入れれば神速分を補うことも出来るのも徐晃には逆風といえるでしょう。

また今回の曹昂は以前とは異なり、範囲が表示されるようになったので対象を狙えるようになりました。
そのため騎馬単を維持したまま、終盤の相手を避けての城門特攻を狙えるのは大きいと思います。
ぶつかり合いのタイミングでカコウトンや連環を使って、特攻をぶちかませば苦手な関羽にも勝てそうです。

いくら士気を使うとはいえども、これだけ1発のダメージが出ると攻城役はホウ徳1人に任せて残りは色塗りに専念しているほうが攻城ダメージも出ますし、カウンターを食らうリスクも下げられそうです。
 
これだとゲージが止まらなくなる攻城術を持っているホウ徳が一番の当たりのような気がします。

次のバージョンでカコウトンを含めて今のデッキは軒並み修正を食らいことになりそうなので、それまで全国でも回ってようかな。
 

また新しくわらしべ長者でもやって関羽でも目指してみようかね?と思ったところで、今回はここまで。

免許更新の帰りに秋葉原に寄って、アクションカメラを探していたのですがあまりピンと来るものに出合えません。
基本的にはWCCFの撮影のためのものなのでそこまで高いものじゃなくていいのですがズームが出来るとありがたく、バッテリー容量が足りなくても外部からバッテリー供給しながら撮影が出来れば理想的。
録画時間は15試合分取れれば十分なのですが、実際に動いているところに触れたりできず使用感がはっきりしないなどの問題もあってなかなか食指が動きません。
いくらか気になるものをピックアップして気になるところはメーカーに問い合わせてみるべきかな?


さて、本題。

先にも述べ通り、免許更新の帰りに秋葉原に寄るつもりだったのでトレードした曹仁を印刷しようとカードを持って行くことに。

どこでやろうかしら?と少し考えた結果、今回プレイすることにしたお店は「レジャーランド 秋葉原1号店」。
友達が欲しいSRを引きまくったというのを聞いていたのと、近くのあきばおーに行ってたことの2点から決めました。

特にどこにあるかは調べていなかったものの、昔あったことからエスカレーターに乗っかって一番上の階に移動。予想通り、降りてすぐのところに目的の三国志大戦がありました。
ここのは他に待っている人がいなければターミナルを通さず、筺体にaimeを置いてすぐにプレイ出来るので手間いらずでした。

さっさと目的を済ませてしまおうと思い、今回も群雄伝でプレイを消化。
目的の曹仁が印刷される段階で田中が「こ、これはっ…!!」みたいのを「はいはい。そういうのいいから」と思っていたら、「ま、まぶしいッ!!」まで発展。

「いつもは出ないのに…」と、久しぶりにSRを引いたというのにテンションが下がるという、奇妙な感覚に。

で、出たのがこちら。
image














「うほ、いい男 画像」の画像検索結果
将器も突撃上昇で申し分ないし、副将器も騎馬単にありがたい攻城x3。実にいいウホッ!!徳 龐徳が出ました。

騎馬単に足りない攻城力を補える龐徳は昔から優秀でしたが今回は制圧も(馬としては)高めなので相性が寄り良くなった印象。
似たスペックの2のころと比べると知力が1落ちたので伏兵やらダメ計、妨害が少し怖いですが将器のおかげで戦器を持っている状態に近いと考えれば悪くないでしょう。
これは徐晃とも入れ替えかな。

今までは夏侯惇をメインの攻城役と考えていましたが他にも城ダメをもぎ取れる選択肢が増えるというのはうれしい限りです。

あれ~?ここどこだったっけ~?

レジャーランド秋葉原1号店?

良い店だね~!!
良い店なんだね~。


それにしても、なんで店を変えた途端にSRが出るんですかね?
今回の三国志大戦は全体的に最初に選んだところからははずされてしまう運命でもあるのでしょうか?
孫呉然りですし…。最初に選んだ呉は全然出てこないし…。出てもダブリかハズレだったs…。


今回のプレイで曹仁を印刷したので魏伝コンプに必要なのは陳宮のみ。
リサボがあればとうに拾えてそうですが今回は残念ながらそうもいきそうにありません。
…なんかUCダブってたかなぁ?
何か考えておく必要がありそうです。 


カードの印刷が完了したことでトレード掲示板を使うことが出来るようになったので司馬懿を転がして目指す、わらしべ長者をすることに。

とりあえず最初に最終目的地である張春華を選択してから、ステップアップ兼戦力強化を兼ねた超絶強化騎馬の孫策を選ぼうかね?と考えながら張春華を選択したら。
DSC_0155















あっさり、トレードが成立してしまいました。


…あれ~?


いや、嬉しいんですよ?
嬉しいんですけど、ちょ~っとばかし早すぎはしませんかね?

本当はもう何回か転がして、その度にデッキを組んでは「あ~、あのカードが強かったなぁ~」みたいなことをやりながら最終目的地を目指していこうと思ってたのですが、こうもあっさり成立してしまうと少し拍子抜けです。
しかも将器も突撃力アップに相性の良い速度上昇が2つと攻城アップ1つ。と騎馬と相性の良いものの組み合わせなのも驚きです。
欲をかけば3つ揃って欲しくはありましたが、流石にそれは贅沢を言いすぎというものでしょう。

というわけで、わらしべ長者プロジェクトは今回で完結です。早かったですね。
トレードしてくれた君主様、誠にありがとうございました。


さて、欲しかった張春華を手に入れたことでまたもやデッキの再構成を考えることに。
これまでは2.5、2.5、2、1の構成を軸に考えていましたが、2.5、2.5、1.5、1.5の構成も考えられるようになりました。
今までと同じ騎馬単なら持っているのは将器が速度上昇に更に速度上昇x2の曹洪がいますし、槍兵には連環計略持ちと超絶騎馬に強い満寵。未所有ですがダメ計で裏の手になりうる荀攸など選択肢が多くあり、とても頭を悩ませてくれます。

あぁ、このデッキの試行錯誤をしている感じ。久しぶりだなぁ…。


さて、今回プレイで縁も100を超えたので…。

HIGEチ~ャンス!!(イントネーションはこんな感じで)を開催してきました。

RIO姉さんは面白かったですね。

先にプレイしていた時は友人と連絡がつかなかったこともあり、レジャランではなく地元の駅前のゲーセン(導入台数2台)で開催することに。

この間まで「誰を対象にしようかしら?」と考えていたのですが前回は友人が1/4で負けるという低いリスクを背負った結果、私がそれに勝ったということもあり、今回も私が1/4で勝つというという構成にすることで解決しました。

これくらいのリスクがなければ勝ったとは言えないよなぁ~。
「アカギ 勝利」の画像検索結果


今回、HIGEチャンスの対象になったカードはこちら。
DSC_0156
















前回の反省を活かし今回は写真を撮っています(少し学びましたよ)。

私が選択したのは呉夫人。
対して友人が選択したのはHIGE、甘夫人、夏侯覇の3人。

呉夫人は昔から使っていたこともありますが今回に関しては絵柄で選びました。だって織田nonなんですもの。

友人のほうはただのガチチョイス。
前回、曹操で負けたのが後々悔しくなってきたこともあるそうです。

「この間はとてもいい曹操をありがとね~www」
image

 











「うわっ、ぶっ殺…!!」

互いに欲しいカードを選択し、煽りを一発かましたところで赤ボタンをプッシュ!!


HIGEチャンスどころか、蜀チャンスになった結果は…!!







DSC_0157 


















呉夫人!!


仁「Fuuuuuuuuuu!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
友「チクショー!!!!!!!」
仁「I'm WINNER!!! You LOSER!!!!!!」
友「ぐぬぬぬぬぬ…!!!」



image








今回はレアリティが落ちたので少し勝負の規模は落ちましたが今回も縁を使った賭けは盛り上がりました。
前回も今回と同様に蜀3枚と別の勢力1枚という構成だったことを考えると、何か作為的なものを感じてしまうところがあります。
そうそう検証することも出来ませんが恐らくただの偶然でしょう。
仮にこれで狙い撃ちが出来るようなら1本釣りは必要なくなってしまうわけですしね。

将器に関しては友人を煽るのにかまけて写真を撮るのを忘れてしまいましたが主効果は士気上昇でした。
発動させることは少ないと思いますが、士気が増えるのは麻痺矢号令や天啓のような大型采配には相性の良い将器なので当たりに分類されるほうだと思います。
守城術も当たりだとは思いますが武力の低い弓だと少し厳しいようにも思えますが複数重ねたりすると強くなりそうです。

思い返せば今回蜀チャンスになったのは呉夫人以外に欲しいカードが思い浮かばなかったことが主な要因だったのですが、丁奉も少し前までの候補になっていたことを今さら思い出しました。
…麻痺矢デッキを使うことはもう無いのかもしれません。
 

次は友人のほうでHIGEチャンスの開催が決定したところで、今回はここまで。
さ~て、次は何を狙い撃とうかな?

三国志大戦4が稼働したときに「年越せるのか?」という感じのコメントをTwitterやらこのブログやらで口にしたのですが、休み前だというのに3台が空き台でした。

先週までのにぎわいがまるで夢幻のよう。
稼働してから2週間程度で早くもピンチを迎えてしまったのでしょうか?

これは早くもカード追加がされるか、何らかのてこいれが入るのかしないと本気でまずいような気がします。
とはいってもクレサを導入してもゲーセンは元を回収しきっているわけでもなく、キラ率・縁の上昇キャンペーンをやっても「もっと早くにやれ!!」という言葉が聞こえてきたり、先の投資の前借をするようなものなので一時しのぎにしかなりそうにないのも問題。

あれこれってもしかして、本格的にヤバいのかも?


さて、本題。

今日も今日とて友人とプレイしに行ったので、前回やった賭けの結果を確認してきました。

気になる結果は…!?




ダメでした~!!
 


ちなみに賭けの対象として提示していたのはこんな感じ。
DSC_0147 














そりゃ、当たり前だ~よね~。

普通に考えればこれとトレードしたいなんて思わな~いも~んね~。
知ってた知ってた。

だから、残念だったね。とか一切思わないもの。

 
でも、流石にこのまま曹操と小虎のトレードじゃサメトレどころの話ではなくなるので、おっぱい要員現状では使えるデッキのない雛氏とトレードすることに。


で、代わりにうちにきた曹操がこれ。
f7c6c25d










 







将器が復活減少でで、さらに複効果も復活減少x3。
あれ?これって、強くないかしら?
鼻兎2 










試しに群雄伝で殺してみたら21秒で帰ってきました。

…早い。

早いよ!!

どれだけ早いんだよ!!

思わず兄貴を思い出しちゃったよ!!


また9秒、世界を世界を縮めたぁ~。はっはっはっはぁ~…。

ここまで主と副が噛み合った将器が手に入ると、多少雑に扱ってもリスクが少ないのが非常に良い感じ。
これなら一騎打ちにあっても被害を最小限に留められるので号令役と復活減少の噛み合わせも非常にいい感じ。
上手い人なら戦闘力を重視するのでしょうが、私にはこっちのほうが性に合っています。


今回のプレイは3セットやってRが6枚という大当たりは無いものの十分な釣果。

そのうち4枚もダブっていなければね!!



まだ全体の1/4もRが出ていないというのにダブりが4枚ですよ。

…。


……。


………。


image

















田中ー!!!!!!!!!!!!




ちょっと誉めてやったらすぐこれだ!!
やっぱダメだ!!あいつ!!ダメダメだよ!!
まったく、あいつのことを少しは見直した俺がバカだったよ!!

田中は私と意思の疎通なんてものをまったくするつもりがないらしいです。


一緒に行った友人は欲しがっていたSR馬超を引きました。



…。


……(ピキッ!!)


田中ー!!!!!!!!!!!!!!


トータルでは同じくらいのプレイ数だというのに、かたやSRの排出量が倍ほど違うと流石に何か作為的なものがあるのではと勘繰ってしまいます。
しかも、あっちはR以下も全然ダブらないし。

とりあえず、田中をシめるにはどうすればいいんですかね?セガへのカチコミ?


友「じゃ、仁徳さん。俺、引退するから」
仁「ファッ!!??

なんでも作りたかったデッキが完成したので玉石混交の状態の今、別に焦ってやらんでもということらしい。

私も今回は何度か全国をやったがデッキが完成しているだけじゃなく、奥義もマスターになっている相手とやったので納得です。
私も騎馬単デッキも使い慣れてないし、いざ使ってみた結果、同系統の妨害が2種類あっても使いづらいのでメンバーの調整を行ったほうが良さそうです。
曹操も今回は伏兵がはく奪されてしまったので序盤の戦い方も見直ないといけません。

少し話は戻りますが、ある程度はカードをシェアしながらプレイするという状況のため、今までのペースでカードを集める必要性は薄れたと言えます。

とりあえず、これで三国志大戦は一段落かな。


で、そうなると気になるのは今回の賭けで嫁に行きそびれた小虎の行く末。

さて、どうしようかな~?とか思いながらトレード掲示板にセット。

誰なら可能性があるかな~?ていうか、無理だよなぁ~。
とか思いながら、未所有のカードをぺちぺち。

わかりきってたことだけど、ぜんぜんヒットしないなぁ。

ほろりと涙がこぼれます。

何度目かの登録・選択を繰り返していると。


「希望の条件がヒットしました」


…はっ!!??


そして、気になるトレードの相手は!?


DSC_0149
















まさかの司馬懿!!


えぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!!!!!!!!!!

「カイジ 感謝」の画像検索結果

奇跡や…。奇跡が起きたんや…。

これはやはり魏に降ったことの影響なのでしょうか…? 


それともこれは。
私にわらしべ長者になれということでしょうか? 

それもちょっと面白そう。


ということで、この司馬懿は次回以降に印刷したらそのままトレードに出すことにします。

でも、最終目標はどこにしようか?

正直、すごい欲しいと思えるカードは私も友人もゲット出来てしまっているので、現時点ではそんなに欲しいものが無い。
レアリティを超えてのトレードが出来れば関羽の兄者とトレードをしたかったのですが、現在の仕様では残念ながらレアリティを跨いでのトレードも無理。

う~ん。どうしよう?


そうだ、だったら司馬懿に関係ある人とトレードすることにしよう!
ということで最終的な目標はトレードのみで張春華を手に入れることにします。

サブの計略としては独自性が高く、最も層の薄い1.5コスト帯のサブ計略というのも素晴らしい。
特に素晴らしいのは旦那と同じ武力なので戦闘力が大きく変わらないといういこと。

これだけの格差があれば成功したときにわらしべ長者になれたと言えるでしょう。
関銀屏やら孫尚香でもよかったのですが友人に先に手に入れられてしまった今では完全に二番煎じで面白くもないしね。


で、折角なので他のダブったRもトレード掲示板に放出することに。
今回ダブったRは夏侯月姫、周泰、甘寧、太史慈の4枚。

どれも将器が被っていたり、使わない将器ばかりだったのでほとんど必要ありません。

とりあえず太史慈から掲示板に。
関係ないですが、この太史慈がずっと桐生ちゃんに見えて仕方ありません。

とりあえず、欲しいRの関羽と夏侯覇を選択するもヒットせず。
ならば。と同じ弓で群雄伝で使うつもりで夏侯淵を選択したところ、募兵持ちの夏侯淵がヒットしました。

よしよし、これで魏伝が進められるぞ。


次に夏侯月姫を掲示板に。

ここでもまた関羽と夏侯覇を選択するもヒットせず。まぁ、妥当ですね。
では誰をもらおうか?と考え、格上だが縁を使ってまで欲しいと思えなかった呉夫人、丁奉を選択するもヒットせず。これもまぁ仕方ない。
というか、私はもう孫呉の民では無くなってしまったので縁は無くなってしまったのでしょう。

ならばと群雄伝用にと魏の武将を選択したところヒット。
曹仁をゲットしました。


残る周泰、甘寧でも関羽と夏侯覇とのトレードを画策してみましたが、結局ヒットはしませんでした。
とりあえず使ってれば強いカードなので流石にパーツで手に入れるのは厳しそうです。

さて、どうしよう?と考えていると友人が「徐庶持ってないから徐庶いこう」と提案。
私もかつてお世話になっていたカードだけに了承し、掲示板にのせたところヒット。
甘寧とのトレードで徐庶をゲットしました。

今回は伏兵が無くなってしまったので魅力が減ってしまっていますが、現時点では十分裏の手として機能するので問題はありません。

残すところは周泰のみとなりましたが、これは当面の間は残しておくことに。
これ以上ストックしていても印刷のコストが大変ですしね。


縁に関しても次回のプレイで100溜まることがほぼ確定なのでHIGEチャンスを開催しようと思うのですが、ここで問題が発生しました。

私の欲しいRが3枚もいません。
関羽は確定としても、残りが思い浮かびません。
呉夫人と丁奉でも選択して麻痺矢デッキ。もしくは孫権、呂蒙とでも組ませて使いましょうか?

夏侯覇でも良いのですが、それは友達の欲しいカードになるので半々の確率で欲しいカードが手に入ってしまうというのは悩みどころ。
う~む。どうしたものか?

悩みが尽きないなと思ったところで、今回はここまで。
このキャラ良いですよ。っていうのがいたら教えてください。お願いします。

寒い寒いと思っていたら、今日は寒の入りだったのか。
通りで冷えるわけだ。
あぁ、寒い寒い。


さて、本題。

今しがた曹操を勝ち取った友人と話をしていたのですが、「袁家」が追加されたらどんな特徴を引っ提げてくるのかな?という話になりました。

過去の特色を振り返ってみると兵種はいずれもバランスが良く、スペックはコスト相応ながらも高コストがいないためトータルでは少し武力に劣るという印象。

計略の内容も
2:士気バック+ 士気参照、枚数参照型
3:上記に加え、士気上限減少+独自ゲージの国力参照
という少し癖のあるものの、爆発力を秘めているという感じの勢力。

そんな袁家が今回追加されるとしたらどんな感じに仕上がってくるのか考えてみました。


まず勢力的な特色である、基礎的なスペックでは少し劣るものの爆発力はある。
ということを考えると計略ありきの勢力になるでしょう。
従来の特色の士気の量や上限を参考にする計略、枚数を参照する計略も出ると思われるのでここは維持。 
となると国力の部分が失われることになりますが、これは袁家ではなく漢という別の勢力の所属だったこともあり、消滅も致し方ないところ。

そうなると代わりに新しい爆発力を得る手段が欲しいところになります。
そこで今回の計略カテゴリ『連撃』に注目してみました。

現状ではこのタイプの計略を持っているのは魏のSR王異のみ。
効果もシンプルに武力が上がるだけですが効果時間は実質的に永続。さらに効果中にも再発動することが出来るので1度使うだけでもコストが1相当分上がり、2回使えば戦国大戦の4コストに相当する高武力になります。
もしこれで彼女が槍を手にしたのではなく、馬に乗っていたのなら早くも女性単デッキを考える人もいたことでしょう。

ですが、この王異の特徴。
袁家のそれに似ていませんか?
計略を繰り返し使うことで強くなるというのは国力の概念にも近いものがあります(国力の場合は計略が強化されますが)。
そこでこの連撃が袁家にきたらどうなるのかを考えてみることにします。


効果時間中にもう一度使えるという部分は残すものの、効果時間に関しては永続ではなく1回目の効果時間の準拠する形になると思います。

連撃の内容も同じ効果のものを重ねるものと、1回目と2回目で違う効果を重ねるものの複数のパターンが考えられます。

同じものを重ねる場合は効果はマイルドになるものの1回目でもそこそこ。2回重ねれば同系統のものの強化にはなるものの超絶強化のように1人で戦局を決められるほどにはならないと思います。
また爆発力はないものの効果時間は長めになると思います。

もっとも考えやすい馬の強化なら武力上昇(+2)+速度上昇(1.5倍)で12c前後。士気3という感じでしょうか。
コスト比武力は高め。もしくは相応の1.5コストが持ってきそうなイメージです。

槍ならば武力と槍の長さが上がるという感じでしょうか。
車輪のだと強くなりすぎてしまうのと、重ねると効果が上がるのを考えると長槍のほうが合致していると考えられます。


もう一方の重ねることで別の強化をしていくパターンは戦国大戦の長宗我部の計略にあったようなものになります。
あちらは武将のモードでそれぞれ別の計略というように判断していたため、それぞれ異なる効果時間をしていましたが、今回は1回目の計略使用に依存する形になります。

1つ目のような馬の強化で考えると、1回目は武力と移動速度上昇。2回目で更に武力が上がり、突撃ダメージが上がるという感じになると思います。

号令なら士気4で全体に武力+3。2回目で更に武力上昇+移動速度上昇。3回目で更に無聊が上がり兵力が回復といった感じになるでしょうか。
一人でフルコンボが出来ると考えれば悪くないですが士気が溜まる前には弱く、2つまでは士気相応。もしくはそれ以下の働きというように考えれば無くはない思います。

過去のバージョンのように勢力の追加初期は武力9がいなかったりしたので、士気8使って武力+6と移動速度が上がっても14にとどまるのであれば壊れというほどではないと思います。


ダメ計に関しては1の頃に司馬懿が持っていた水計連破が連撃のイメージに近くて良いのではないでしょうか。
士気は同系のものと比べて軽かったものの、威力も軽く1回目では倒せないこともありました。
しかし、回数を繰り返せば高知力にも大ダメージを与えることが出来るようになるので侮れない計略でもありました。
このような計略は1以降は出ていなかったので原点回帰を匂わせる今作でも排出が期待されます。


以上が今回、話していて出てきた袁家が出た際の計略の予想になります。
稼働したばかりでカード追加はまだまだ先のことでしょうが、袁家の所属している勢力は愛用していた勢力だけに少しでも早く出てほしい勢力でもあります。
仮に今回、構想したような感じで出てもパーツがほぼ固定になりそうなのも変わり映えがなさそうなのも気になります。


カードの追加を心待ちにしながら、今回はここまで。
仮に出ても最初以外は微妙な感じになるんだよなぁ。袁家って。

このページのトップヘ