たまにプレイする人のWCCFメモと使用感

たまにしかプレイしないので色々なことを忘れないようにするためのメモの話。 ※このブログに書いた使用感は個人的な印象によるもので、全ての人に当てはまるものではありません。 不都合などが発生しても責任は取れませんので予めご了承下さい。

カテゴリ:WCCF プレイ日記 > Miracle Samp

最近、暑かったと思えば涼しくなったりと気温が安定しないため疲れがなかなか抜けません。
眠りの質も浅くなっているのも影響しているのでしょう。

何かよく寝れる方法はないものでしょうか?


さて、本題。

1カ月以上ぶりにプレイしにいくことが出来ました。
最近ブランクがあくことが多いですが、新バージョンが稼働したタイミングを逃すというのも久しぶりな気がします。

最近、マンネリを感じてきているところがあるので、今後は気分転換を兼ねて何気なく思いついたチームや選手を使ってみる遊びを入れてみることにします。
今回はアーリークロス重視に復権の兆しを感じたので、その点の検証を行うことに。
詳細は後日、別の記事にまとめることにします。


・本日の対戦成績
12戦7勝2敗3分
対戦履歴




























・現チームの統計データ
統計データ



















・行った練習
練習
休養
練習
交流戦(サイド) 習得:アーリークロス重視G
交流戦(カウンター)習得:なし
練習
練習
休養
練習
練習
休養
練習


・現在のチームグラフ
チームグラフ_比較
















・カード配列
■ 309 ピケ
□ A060 スソ
■ 197 コンスタンティノス・マノラス
□ A118 JTサカイ
□ A079 ジャッケリーニ
□ 036 デヤン・ロブレン
■ 313 デニス・スアレス
□ A084 ディオゴ・ジョタ
☆ SOC23 セドリック・バカンブ

■ 201 ナインゴラン 
□ 360 サムエル・カスティジェホ
■ 344 カゼミロ
□ A026 アルフォンス・アレオラ
□ 181 マッティア・デ・シリオ
■ A075 ファン・クアドラード

新バージョン初蹴りで早速、新キラを引くことが出来た。
スキルはゲッツェやサビオラと同じため、攻撃力には期待することが出来そう。
ふと、思い返してみれば追加の時はビジャレアルのキラを早いうちに引くことが多いように思える。排出率が高いのだろうか?


・今回の感想

今回のプレイでアーリークロス重視Gを習得。
これにより、攻撃力に磨きかかかったり、タイミングが早まるか?と思ったものの、そのような感じはあまり感じられなかった。
ランクが上がれば変わるのかもしれないが、それはまだ先になりそう。

最近は仕事で文章を書くことが多いのですが、ブログの書き方をすっかり忘れてしまいました。
ここらで一度、徹底的なリハビリをする必要があります。
とりあえず、内容を薄くしてでも記事を早く仕上げられるようになろうと思います。

そのためにも、出来るだけ早く記事を書きあげ、プレイしに行く時間を稼がなければ。


今回はここまで。

・今回のプレイ動画 
・1試合目


開始時コミュ:秘書 ○

1.グラウンド:ヴィエリ ○
2.ラウンジ:ヴィエリ⇔アバテ ○(緑コメ) 
3.ラウンジ:マンチーニ⇔コイス ○(黄コメ)


・2試合目


開始時コミュ:なし

(特別指導) (習得:) (変更なし) (緑黄コメ) (アイテム:) (秘書介入)
1.ラウンジ:シルベストリ⇔ビエリ ○(黄コメ)
2.グラウンド:ヴィアッリ ○
3.ラウンジ:ビエリ⇔アバテ ○(黄コメ)


・3試合目


開始時コミュ:コーチ変更(ディフェンス)

1.ミーティング:ヴィアッリ(特別指導)  ○(習得:ストライカー)
2.グラウンド: ミーティング: ラウンジ:アバテ⇔コリーニ ×(黄コメ) 
3.グラウンド:アバテ ○

この試合からオールAに。


・4試合目


開始時コミュ:なし

1.グラウンド:アバテ  ◎
2.グラウンド:シルベストリ ○ 
3.ラウンジ:アバテ⇔ヴィアッリ ×(黄コメ)


・5試合目

ユニバ1戦目




続きはこちら
プレイ動画(6~10試合目)

・6試合目
 

ユニバ2戦目


・7試合目
 

ユニバ3戦目


・8試合目
 

ユニバ4戦目


・9試合目

ユニバ5戦目


・10試合目

開始時コミュ:秘書 ×

1.ラウンジ:アバテ⇔コリーニ ○(黄コメ)
2.グラウンド:マンチーニ ◎ 
3.ラウンジ:アバテ⇔ヴィアッリ ◎(黄コメ)



続きはこちら
プレイ動画(10~15試合目)

・11試合目
 

開始時コミュ:なし

1.ミーティング:マンチーニ(特別指導) ○(習得:オフェンシブ)
2.ミーティング: ラウンジ:ヴィアッリ⇔シルベストリ ×(黄コメ)(秘書介入) 
3.ラウンジ:マンチーニ⇔アバテ ○(黄コメ)


・12試合目
 

開始時コミュ:なし

1.グラウンド:マンチーニ ◎
2.ラウンジ:ドニ⇔アバテ ○(黄コメ) 
3.グラウンド:ヴィアッリ ○


・13試合目
 

開始時コミュ:なし

1.グラウンド:マンチーニ ◎
2.ラウンジ:ドニ⇔シルベストリ ○(黄コメ)
3.グラウンド: ミーティング: ラウンジ:アバテ⇔シルベストリ ○(緑コメ)


・14試合目
 

開始時コミュ:なし

1.グラウンド:パリゥーカ ○(緑コメ)
2.グラウンド:コイス ○(緑コメ) 
3.ラウンジ:アバテ⇔ヴィエリ ×


・15試合目
 
開始時コミュ:なし

1.ミーティング:コイス(特別指導) ○(習得:ディフェンシブ+)
2. ミーティング:パリゥーカ(特別指導) ○(習得:ディフェンシブ) 
3.ラウンジ:ヴィエリ⇔マンチーニ ○(黄コメ)

新バージョンが稼働してかれこれ1,2週間ほど経ちましたか。
私のほうも遅ればせながらカウントダウンの記事を読みましたが、今シーズンが開幕する時に予想したモストヴォイに続いて、カルヴィンまで来るというのは少々予想外でした。
しかし、EXカードとはいえ同じチームからLEOCが登場していることを考えてみると不思議ではないですね。

ということはユーベのLEOCでデルピエロが出たり、パルマが復権すればカンナ、テュラム、ブッフォンが。ラツィオでネスタが。ということもあるかもしれないと思うと胸が熱くなります。
稼働当初の目玉でもあった中田が出たりしたらそれはそれで面白そうですね。

で、LEOCマルディーニさんはいつ出るんですか?

新バージョンが出るときは毎度のことながら楽しみです。


さて、かくいう私のほうはと言うとろくにプレイにも行くことどころか、記事を書く時間すらもまとめて確保することができませんでした。
というのもスマホの調子がおかしくGWに修理に出したのですが問題の解決まで1ヶ月と少し。
その際に受けたドコモショップの店員。それも責任者の対応も含めてひどく、無駄に時間がかかっていることが大きな原因と言えるでしょう。

フルに話すとあまりにも長くなるので要所だけかいつまむと
・思い当たる節が無い状態で本体が破損。またタッチ位置のずれが頻発するので修理に出したところ、別のところが壊れて返ってくる。

・店員、責任者(副店長)ともに対応がふざけており、数日にわたり押し問答に無駄に時間をかけさせられ「まともに使いたいなら買い直せ(店員)」「(状況を確認もせずに)もう一回、同じところに修理に出せ。それ以外はうちじゃ何もしない(責任者)」と言われてブチギレる。

・この時、交換保証の対応もおかしかった。と伝えたら後日、自分の都合の良い部分の電話ログだけを抽出。これを元にこちらが同意していると言われてブチギレる(こちらの要望は「交換対応の対象か否か」なので冒頭の部分で「交換保証を使いたい」となっている時点で食い違っている)。

・店長代理が出てきて初めて進捗が出る。(この時点で3日経過)。しかし、この時も無駄に電話口でこねくり回され、無駄に時間を過ぎたせいで問い合わせる先が閉まったとぬかされる。

・電話口では進捗が無かったのですぐさま店頭に。この時、副店長からはメンチ切られながら店長代理に状況を伝える。先の通り部署が閉まったため、後日対象と言われる。

・2日後に電話が来たので店頭へ。ここで修理センターではなく、メーカー送りになることが決定する。この時点で副店長の言ったことが嘘だったということが確定する。この時点で1週間が経過。

・なぜか通信制限がかかっていることが判明し、店頭で明細を請求。最初に修理に出した日に思い当たる節がないものの月の上限まで使用されており、店頭に通信の詳細を確認する方法は無いか?と尋ねたところ、「センター(151)に電話をして聞いてくれればわかる」と言われる(この時点で何度か内容を聞き直している)。

・帰宅し、センターに電話するも「そんなことはやっていない」と言われ、「ドコモショップから折り返し電話させる」と言われ通話終了。

・折り返し電話が来るまで5時間以上放置され、対応について尋ねたところ、「そんなつもりで言っていない」と小学生どころか幼稚園児並み言い訳を食らう。

そんなことがおよそ1ヶ月ほど繰り返され、つい先日、終了しました。
それでもこちらが完全に納得する形で終了したのではなく、ほとんどの面で妥協することで終了しました。
バグが放置されたままなど納得しきれないことも多く、腑に落ちてはいませんがこれ以上やっても意味は無いでしょう。

それにしてもこの間、何度として店に脚を運んだでしょうか。
てめぇのところでやらかしているのに同じことを繰り返したところで時間の無駄とはっきり伝え、ドコモショップ側もそれしか対応できないとか言っておきながら、結局はメーカー送りになっている時点で対応の悪さが窺い知れます。
マニュアル通りの対応しかできない癖に、それすらも出来ない奴が責任者をやっている時点でどういう店かもよく分かる証拠ですね。

メーカー送りから返ってくるまで2週間ほどとは言われていますが、本当に返ってくるかも怪しいところ。
そもそも最初からこのような対応を取っていれば、確実に週末には戻っていた計算になります。
無駄にメーカー送りを引き延ばされた結果、なんで私が迷惑を被らなければならんのしょうか。

最初の修理から戻ってきたタイミング当たりでなぜか通信制限もかかっていたことに不安と同時に疑問を抱きます。
これでデータでも抜かれていたとすればドコモを訴えれば良いのでしょうか?

以前と比べると対応の悪さが露骨にひどく、むしろ平気で嘘をついてきては露見するとしらばっくれる分、タチが悪くなっていると言っていいでしょう。
もしかしたら2度と使わないかもしれません。
責任者が入れ替われば改善するかもしれないので意見を送っておくことにします。


代替機ではまともな撮影が出来そうもなく、私のEXキャンペーンは連休中に終わりを告げたようです。
知り合いの分と合わせても10数口。
これは残念な結果になりそうです。

ろくに仕事も出来ない癖に役職持ちの阿呆に足を引っ張られるのは何よりも不快だというのに何度も嘘をつかれるとは思ってもいませんでした。
何度殺意を抱いたかは覚えきれません。
ドコモは高校の時から10年以上使っていますが、これならキャリアの変更も視野に入れておいたほうが良いかもしれません。


さて、本題。

この時は久しぶりにユニバに参戦。
安定の一人旅だったのですが、このあたりから動きがよくなり始め、これまでとは打って変わり大量得点を記録することが出来るようになった。

育成の目安が判明したので次回のチーム以降ではバランスよりも1点特化で育成を進めていったほうが良いでしょう。


・選手別の印象
・ヴィアッリ
ヴィアッリ




























トラップからそのままドリブルに移行することがままあるのだが、その際に一瞬体勢を崩してしまうこともあるので折角のチャンスを不意にしてしまうことも。

やや低めの位置なら戦術ボタンに従ってボールを移動させるのだが味方を走らせるようなものではなく、現在いる場所目がけてボールをけり出すので攻撃のリズムがワンテンポ遅れてしまう。
確実性を重視してのことだろうが、マークが付いている状態ではその限りではないのでデメリットのほうが多いかもしれない。
ブースト中は走らせるパスを出せるのでもう少し成長させれば印象が変わってくる可能性はある。


持ち前のパワーを活かして競り勝ち、ボールを足元に納めるのでポストプレイを中心にしたパーツで使うほうが安定感があるのかもしれない。
マンチーニのちょい下。1.5列目くらいが適正か?

アバテの低めのクロスをトラップしてからのシュートはコースも威力も誉められた感は無く、蹴り込んだというよりも、足に当てて進路を変えたら入ったという感じだった。

味方のスルーパスに合わせて動き出すことが出来ない。
スピード感のあるプレイというよりも、彼にいる場所目がけて他の選手がボールを出させる必要があるだろう。
昔ながらのストライカーは好きだが、それでも折角のチャンスに反応出来ないのでは困ったものである。

全体的に威力に問題はなさそうだが精度に問題があるようで、キーパーのそばに飛んでいくボールが多かった。
これまでは強力なシュート力でもって多少の甘さがあっても相手の手を弾き飛ばして決めていたが、GKが強くなった印象のある今ではそれも通用しにくいのかもしれない。
威力だけでみれば今までは出来なかったエリア外からのシュートも決められそうなものを持っている。

サイドに流れてのクロスは点を引き出せるレベルだったが、今回も十分得点を引き出せるレベルを持っている。
何気に万能型のFWだったりする。
他にもアーリー気味のクロスを上げることも出来るのでアシストもこなさせながらくらいのつもりで丁度よいのかもしれない。

申し分のない威力のダイビングヘッドを見せたがコースが甘く、GKの正面に飛んで行ってしまい止められてしまった。
今回バージョンで彼のプレイを見ていると、このような少し精度の甘いプレイが出ているように思われる。
もう少し精度が良ければチーム全体の得点力にも影響してくるのだろうが。

後ろから来たボールを足元で大きくトラップすると反転(頭の上を越していく感じ)してシュートを放つという、押されなプレイを見せるも止められてしまう。


◆累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回


累計負傷
練習:0回

試合:0回


・マンチーニ
マンチーニ




























アバテのクロスをヒールリフトでトラップしてからシュートを放つもGK正面に飛んで行ってしまい止められる。



今回のプレイではユニバを含め5試合ハットトリックを記録するなど、これまでの決定力ではとても想像できないほどの大爆発をして見せた。
これはクロスに対して走り込みながら合わせたり、トラップ出来るようになったことが大きな要因だろう。



従来なら彼はアシスト役を兼ねて点を取るタイプだったのだが、現行のチームでは彼が点取り屋として大暴れすることになりそうである。

◆累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:1回

試合:0回


・ドニ
ドニ



























相手のクリアボールを落として、こちらのボールにして見せた。
最近、中盤にクリアボールの競り合いをこなせる選手がいなかったため、たまたまであっても競り合いに勝てる選手が出来たのは非常にありがたい。

トップ下、CHのあたりで使用。
守備もそれなりにこなしてくれる。

センターサークルよりも低めの位置だと大きく蹴りだすというよりも短めのパスで確実に味方にボールをつなげる印象。
センターサークル付近なら大きく蹴りだして攻撃の起点にボールを渡すこともある。
というよりも、奪取したボールをダイレクトで攻撃に返還させることが少ない?
ボールを自分で確保した場合は近くにいる相手からボールを遠ざけるために、相手の進行方向からそらした位置にボールを蹴りだして、リスクを回避。
味方からボールを受ける時は、相手からそれなりに距離が開いているから大きく蹴りだす。というような感じだろうか?

移動しながらのトラップはあまり得意ではないのか、こぼしている場面も。相手が近くにいないからといって過度な期待は厳禁。

行動範囲はかなり広く、結構な時間を動き回っているのでスタミナに少々不安が残る。
4,5試合したら1試合持たないこともあるので交代要員がいたほうが安心できるだろう。

累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回


・アバテ
アバテ



























センターラインを越えたあたりで上げることが多い。
複数人に囲まれている状態であっても上げることが出来る。
突破力、キープ力があるため安定感は存外に高い。
セットプレイ時の密集下においても同等の働きを見せる。
そこそこに守備もこなし、時間を稼いだりカウンターにつなげることも可能。
動き回り、チームの中軸の仕事をこなしながらもスタミナが切れることが無いので安定感があるように感じる。

クロスは現時点でも十分、点を取れる水準にはあるが精度の面でまだまだ伸びしろがあるように感じる。もう一人分ずれた位置に狙って出せるようになればどのようなクロスもダイレクトに合わせることが出来るようになるかもしれない。

シュートはコースを狙っている印象。というか、枠の中に飛ばそうとしている印象。
威力は強力という感じではないのでミドルシュートは期待できない。
至近距離でならワンチャンはあるかも?という程度。

マークが付いている状態での競り合いは弱め?

SBのあたりからでも縦方向に蹴りだすロングパスを見せる。
サイドのポジションで攻撃的な役割ならどんなことでもこなせるかもしれない。

守備は基本的に時間を稼ぐものが多く、相手の足もとからボールを外すという感じで、奪うという感じではない。
ライン際ではその感じが顕著に感じる。
軽く蹴りだす→ライン割る→守備陣の構築する時間を稼ぐ。という感じだろうか。
それ以外の守備は基本的にディレイをかけるのが精いっぱい。
これはSBの時も共通と思われる。



前回に引き続き、今回もチームの攻撃の起点として大量のアシストを記録。
早くもアシスト数が試合数を上回り、アシストランキングもあっという間に1位に躍り出ている。
途中加入ながらすっかりチームの中軸を担う選手となった。

アシスト役としての活躍だけでもありが体が、それに加え前線での守備もそこそこにこなしれくれるので、1度ダメでも自らボールを取り返して2度3度と上げてくれることも。

彼が強いのか。はたまたアーリークロス重視が強いのかはっきりさせるために一度実験的なチームを試してみようと思う。


◆累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回


・コリーニ
コリーニ




























今回はいつものキラではなく、黒のほうを使用。

いつも使っているキラも格別守備が上手い印象があるわけではないが、こちらも守備はそれなりといった印象で一人でボールを奪いに行ってもディレイをかけるくらいが関の山といったところ。
ザウリやパロンボといった他の選手と一緒にプレスをかけてやっと、たまに取れるかな?というレベルなので単独での守備的な動きを期待するのは厳しい。

戦術ボタンには素直に従う印象で、つなぎ役として味方から来たボールをほぼダイレクトでサイド周辺にいる味方目がけて蹴りだす。
パスの精度は基本的に悪くなく、ラインを割ることも多くは無い。

ダイレクトに蹴りだすことが多いためかドリブルよりもパスを選択している印象が強い。
とはいっても全くしないわけではなく、少し持ちあがって行くということもあるが、密集地にたどり着くまでにパスを選択することがほとんどなのでロストボールすることはあまりない。


累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回



続きはこちら
選手別の印象(ボランチ~GK)

このページのトップヘ