たまにプレイする人のWCCFメモと使用感

たまにしかプレイしないので色々なことを忘れないようにするためのメモの話。 ※このブログに書いた使用感は個人的な印象によるもので、全ての人に当てはまるものではありません。 不都合などが発生しても責任は取れませんので予めご了承下さい。

カテゴリ: WCCF プレイ日記

安元洋貴・江口拓也のミクチャラジオ』が良い意味で狂ってて面白いです。
フリートークが完全に声優系のラジオとは思えないはじけっぷり。
radikoのタイムフリーで聞くことが出来るので、一度聞いてみてください。


前回の検証では肝心のアーリークロスを上げることが無かったので当初の予定を変更。 検証を継続することに。
当初はイングランド縛りによるメンバー調整を考えていたものの、丁度のタイミングでEXキャンペーンに当選したこともあり、ちょっとしたお試しも兼ねてメンバー構成を再調整することに。


今回の検証メンバーと使用感は以下の通り。

デビット・ベッカム(0607)WWF

今回もトライアウトを継続することになった代名詞。

簡潔に結果だけを言ってしまえば、今回もアーリークロスを上げることはなかった。
今回も重点的に育成を進めた結果、レベルが10を越えたもののアーリーを上げることはなかったため選手のレベルよりもグラフの大きさ。もしくはチームスタイルのランクのほうが重要と思われる。
となると、ランクがBになってからがお試しの本番になるだろう。

レベルが10になったことによる変化としては個人の攻撃力が上昇するというまさかの結果になった。
現状では自らボールを持ち上がって行ってからクロスを上げるという展開が主だが、今回はそこから中へと切り込んでいき強烈なシュートで得点を決めて見せた。
クロサーの仕事とは異なるが、クロスが通用しない時にも点を狙えると思えば十分と言えるかもしれない。



インザーギ(LEOC)EX 


トライアウトのもう一人の注目選手。
試合数は限りなく少なく、この検証のあとは知り合いのところに行くことが決定しているので本当にお試しレベルでの使用感となる。

チーム立ち上げからほんの数試合程度では絶対的な決定力を持っているとは言い難いが1試合に1点は狙えるレベルの最低限の決定力は秘めている。
裏面には『味方のプレースキックに反応して~』というようなテキストが書いてあり、クロスにも反応してワンタッチゴールを決めてくれるかも?と期待していたが、立ち上げ時では軽く合わせるレベルになっており、GKが強い印象のある今回では少し厳しいと言える。

クロスに合わせるというよりもグラウンダーのボールに反応させたり、ダイレクトで決めさせるプレイではなく少し早い段階でボールを受けて自ら持ちこませたほうが決定力が高いと思われる。

とりあえず、本質を図るのであればレベル10になってからが本番と言えるだろう。


マイケル・オーウェン(ATLE)EX


ベッカムと同様に今回も継続しての起用。

今回はパラメータ詐欺の白ではなく、付録のATLEを使ってみた。
こちらもスタミナの持ちが良く、最初からフルタイムで使えるレベルだが白の時に感じられた高い攻撃力は身を潜めてしまった印象がある。

今回は彼のチームスタイルを使用していなかったが、ラインブレイクとアーリークロスはタイプ的には似ている戦術になるのでベッカムとの相性は良い可能性がある。
ベッカム主体ではなく、オーウェンを主体に戦術を組み立てるのであればこっちを使う余地はあると思われる。

インザーギと同様に序盤に絶対的なものを持っているというわけではないので過信は禁物だが、レベルが10になってからが本番になるだろう。


・ハーグリーブス
前回からの継続組。
大きな印象の変化はなく守備の1パーツという感じだった。

・キャリック
前回からの継続組。
ハーグリーブスと同様に中盤の守備をこなしていたが攻撃面でも活躍しており、白の選手でありながら中盤に置いておく分には十分な活躍をこなしてくれている。
点取り役、守備、つなぎ役と最低限~平均的レベルだがこなせる仕事は多く、1人いるだけで底上げをすることが出来るだろう。

・ジェラード(WCN)0405

ベッカムとは異なるもう一人の放り込み要員としてロングパス重視持ちの彼を採用してみた。
肝心のロングパスは頻繁に上げるわけではないが早い段階から上げることがあるので攻撃の起点としての活躍が期待できる。
基本的にボランチの位置で起用していたが守備も申し分なく、長短のパスも悪くなければドリブルも悪い感じはしなかった。
ロケットパスやレーザーキャノンのものが注目されることが多いが、こちらのジェラードも穴らしい穴を感じず能力の平均値を高めてくれることだろう。

・ヘスス・ナバス EX
基本的にはベッカムとポジションが被っていることもあり、本来のポジションとは異なるところでの起用が主。
ドリブルのスピード感、かわそうとする動きなど突破力には期待できそうだった。
球離れも良いほうなのでアシスト役としても活躍できるだろう。

・フランサ ATLE-RE- EX

クロスに頭で合わせるのだがただ当てるタイプではなく、叩きつけるように合わせるのでターゲット役としての決定力は高いほうに分類できるだろう。
ATLE-RE-の選手を使ったのはこれが初めてなのだが、予想以上の強さに驚かされた。
レアリティを圧迫せず、ターゲット役として使えるのであれば悪くないだろう。

・D・サンチェス EX
相手の進行方向を塞ぐように横へ移動して守備の時間を稼ぐ。また枚数を稼いでいた。
一人でスパッとボールを取りに行くわけではないので瞬発力こそ感じられないものの、連携しながらの守備を軸に据えるのなら及第点の性能はあるだろう。
若干、持ちたがる傾向があるのかボール奪取後にすぐに蹴りだすというようなことはあまり見られなかったので不利な状況が続いてしまう可能性があるのは気になるところ。


・総括

クロスに合わせるプレイとしては現行チームのヴィアッリとマンチーニの2人と比べると上手い選手が多く、ヒールリフトからのダイレクトシュートというようなオサレなプレイこそないものの、ジャンプしながらのヘッド。相手のDFの前に回り込んでからのシュート。叩きつけるようなヘディング。相手GKの上を飛び越えるようなヘディングなどバリエーションに富んでいた。
この中でも特にGKの上を飛び越えるようなヘディングが一番決定力が高かった気がする。


今回もアーリークロスを上げなかったため、次回もアーリークロスの検証を挟んでみることにする。
マンU、イングランド寄りときたので次はレアルで構想してみることとする。

内容としては相性の良いターゲット役を検証を行う。
登録の移動が面倒なので基本的には黒の選手検証を行う。

タイプの分類は
・ハイタワー(クリロナ 1415OE)
・ラインブレイク(イグアイン 1213)
・フィニッシュワーク(フンテラール 0607)

それぞれ1トップで1試合ずつ、フルタイムで検証を行う。
次回もアーリークロスを上げない可能性はあるため、不十分な検証になる可能性があるが、その場合は通常のクロスのターゲットとしての働きでの検証とする。


最近、ゲーセンに行く体力も時間もなければ、現行のチームに不満が募ってきたことだし、気分転換を図るためにもチームを解散する頃合になってきた。
次回の検証でメインのターゲット役を絞り込むことにする。

しかし最終的にはGGクリロナかWBEベンゼマになりそうな気がすると思ったところで、今回はここまで。

この間の土日に群馬の水上のほうに行ってきたのですが、その際に買ったこんにゃくジャーキーが中々、おいしいです。
「こんにゃくジャーキー」の画像検索結果

どちらも味が濃い目で噛みごたえがあるので酒のつまみに最適。
ホタテ味のほうはまんま貝ひものような味わい。

ダイエットにも適しているそうですが、そんなことよりも単純においしい。
コンビニとかで売ってれば普通に流行るじゃないかと思います。

群馬に行った際はお土産としていかがでしょう?


さて、本題。

いつもならプレイした日やその翌日くらいにはプレイ報告の記事をまとめておくのですが、今回は先に述べたとおり旅行に行ってしまったので記事をまとめるのが遅くなってしまいました。
いつもより遅めの時間にプレイを強行しに行ったのもその一因でしょう。
アーリークロス検証の記事を含めて早めにまとめるように努力していこうと思います。


先日、手元にデップーインザーギさんが来たので、アーリークロス検証と一緒に初期の使い心地をお試ししてきました。

インザーギさんだけでも良かったのですが、折角なので他のEXカードの使い心地もチェック。
そちらの使い心地はまた別の記事にまとめることにします。


・本日の対戦成績
12戦8勝4敗
対戦履歴




























・現チームの統計データ
統計データ



















・行った練習
スペトロ
スペトロ
スペトロ
スペトロ
スペトロ
スペトロ
スペトロ
スペトロ
スペトロ
スペトロ
スペトロ
練習 休養


・現在のチームグラフ
チームグラフ - 比較














これくらいの大きさになると1回の練習ではほとんど上がっていないことが分かる。
というよりも、今まではまんべんなく上がっているように思っていたが上がり方もバラけていたと思われることを初めて知った。


・カード配列
■A080 カジェホン
□047 ディボック・オリジ
□A088 アレックス・グリマルド
■317 ブスケッツ
□243 ファウジ・グラム

□A014 ケビン・スチュワート
■227 バルザーリ
□A015 シェイ・オジョ
□A001 キーラン・ギブス
■123 リベリー

☆WSA2 ドウグラス・コスタ

□A008 マティ・ジェームズ
□206 エディン・ジェコ
■048 タニエル・スターリッジ
□140 マックス・マイヤー


・今回の感想

ゲーセンに行ったらスペトロが開催していたので久しぶりに参戦してみた。
これといって練習などが無ければプレイ時間というのは結構短くなるものである。

育成モードの時とは動きが異なるようで、全体的に動きの質が良くなっていた印象がある。
今回は半ば遊びで変則フォーメーションも試してみたのだが、あまりしっくりと来るような印象はない。

チームを解散する前にベッカムの実験台としてこのチームを使ってみるというのも悪くはないのかもしれない。


今回はここまで。

・今回のプレイ動画 
・1試合目


開始時コミュ:秘書 ○

1.グラウンド:アバテ ○(緑コメ)
2.グラウンド:ヴィアッリ ○(緑コメ) 
3.グラウンド:アバテ ○


・2試合目


開始時コミュ:秘書 ○

1.グラウンド: ミーティング:ヴィアッリ(特別指導) ○(習得:オフェンシブ)  
2.グラウンド:ザウリ ◎ 
3.グラウンド: ミーティング: ラウンジ:パリゥーカ⇔シルベストリ ○(黄コメ)


・3試合目


開始時コミュ:なし

1.グラウンド: ミーティング:ザウリ(特別指導) ○(習得:パワフル) 
2.グラウンド:アバテ ◎ 
3.グラウンド:アバテ ○


・4試合目


開始時コミュ:なし

1.グラウンド:ヴィエリ ○
2.グラウンド:アバテ ○ 
3.ラウンジ:アバテ⇔ヴィエリ ○(黄コメ)


・5試合目


開始時コミュ:なし

1.グラウンド:マンチーニ ◎
2.グラウンド: ミーティング: ラウンジ:ヴィエリ⇔アバテ ×(緑コメ)
3.グラウンド: ミーティング: ラウンジ:アバテ⇔コリーニ ×(黄コメ)


・6試合目


開始時コミュ:スポンサー変更(K's Lee)

1.グラウンド:ヴィエリ ○
2.グラウンド:マンチーニ ○ (黄コメ)Lv.MAX
3.グラウンド: ミーティング: ラウンジ:アバテ⇔コリーニ ×(黄コメ)



続きはこちら
プレイ動画(7~12試合目)

アキバのソフマップが新装開店するということで友人と一緒に買い物に。
私の目的はBluetoothのイヤホンだったのですが、10時半ごろに着いた時点では無かったのですが、友人の買い物の後に売り場の前を通ったら出ていたので無事にゲットすることが出来ました。

この手の先着販売商品は中国人が大量に買い占めるというのを聞いていましたが、物によるみたいですね。
明日も先着や抽選販売でお買い得商品を売ったりするようなので行ける人は行ってみてもよいのではないでしょうか。

その後、友人が「職場の人に頼まれた」ということで、浅草のWINSへ。
折角なので私も久しぶりに馬券を買うことに。
サイコロ様に任せて買って遊ぶことはありましたが、自分で選ぶのは何年ぶりのことか。

レースは宝塚記念。
選んだ馬券はこんな感じ。
419

















人気のキタサンブラックを外して、ピンと来た11番サトノクラウンを軸に据え、そこからさらにピンと来たものをいくつか組み合わせたかたち。
ワイドの2-4は出馬リストも見ない段階で適当に「これが来るね!!」と適当に断言したもの。
500円分は買おうと思っており、直前までは2-8で予想していたのですが初志貫徹するためにこちらに書き換えました。


そんな適当に勝った結果は…?








よし、とった!!



ワイド1件、複勝2件の合計3件。しめて2500円くらい。
約2000円くらいの儲けが出ました。

久しぶりの馬券でこの結果は上々と言える結果でしょう。
とはいえ、熱くなる性分というのは自覚しているので積極的に競馬をやることは無いでしょうが、たまにやるくらいなら楽しめるかな?


さて、本題。

気分転換を兼ねてアーリークロス重視の検証を行ったことで、動きの違いをはっきりと感じることが出来た。
思っていたよりも実りは大きく、内容としても面白かったのでメンバーを調整して次回も検証は行うことにする。

よい合わせ役が見つかったら現行のサンプドリア縛りを解散し、アーリークロスの本格的な検証に移ることにする。

ここ最近のチームの中でも得点力の低さが目立っており、厳しい戦いを強いられているのは思っている以上に面白みに欠ける。
モチベーションを上げるためにもそろそろ根本から見直すべき頃合だろうか。




・選手別の印象
・ヴィアッリ
ヴィアッリ






























3点リードしている状態で前線でのボール奪取に成功したのだが、走らせようとしたアバテと呼吸が合わず折角のチャンスを不意にしてしまう場面も見られた。

シュートは威力があるものの相変わらずコースを狙っている印象は薄く、マンチーニは相手GK裏をかくように逆方向目がけてシュートを打つのに対し、彼はGKがいるあたりを目がけてシュートを打っている印象がある。

彼のパワーを伸ばそうと思ってトレーニングした結果、頭の中まで筋肉になってしまったのだろうか?

とりあえず、ダイレクトにシュートを打たそうとするよりもワントラップ挟んでからのシュートのほうが決定力が高いことがわかったので焦らず、トラップをしたのを見てからシュートを押すよう心掛けてみるのが良いかもしれない。


◆累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回


累計負傷
練習:0回

試合:0回


・マンチーニ
マンチーニ































今回のプレイで初のLv.30到達者となった。
上昇した数値はオフェンスとテクニックの合計+2。
今回の育成仕様になってパラメータの上昇するタイミングが増えたことと、意図的に上昇させることが出来るようになったことの大きさを実感することが出来た。

意識して育成すれば+3やそれ以上を狙うことも出来るのかもしれない。
そのためにはその選手の得意なものを把握する必要があるだろう。

また、今までの仕様だったらば覚醒した選手を呼び出すことでチーム全体の能力を上げることも出来たが、今回もそのようなものがあるのか気になるところである。

アバテがニアにクロスを上げたほうが決定力が高いと感じたため、ニアサイドに配置してみたところクロスを上げずにショートパスでつなぐようになってしまった。
その代わりに彼がクロスを上げたり、そのまま持ちこんだりするように。
持ちこんだ場合は強烈なミドルでチャンスをものにすることがあるのだが、クロスの場合はターゲット役との呼吸が合わないのかあまりパッとした感じはなかった。



◆累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:1回

試合:0回


・ドニ
ドニ






























今回はトップ下とCHの境目あたりに配置していることが主だったが、このような高めの位置に配置しているのにも関わらず守備力が高めのように感じた。
また、こちらの攻撃方向が右サイドに偏っていることもあってか、中央からサイドまで流れていってはそのまま攻守に参加するということも珍しくはなかった。


累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回


・アバテ
アバテ































チームの主な起点である彼も流石にS級タイトルとなるとボールを持ちあがる前に潰されてしまうことが多くなる。
それでも、まったく上げられないというわけではないので、いくらか工夫すれば十分戦うことができるだろう。

むしろ、問題は上げるほうよりも合わせるほうにあると思われる。
上段回し蹴りや延髄切りのような強力な一撃ならいざ知らず、頭で軽く合わせるようなものだと簡単に止められてしまう。
きちんと足で合わせるようにならないと厳しいかもしれない。

お試しとして使ったベッカムと比べると、彼の場合はテクニックよりもスピードに依存しているプレイをしているということがよくわかる。

ベッカムの場合は相手に取られまいと相手とボールの間に体を入れたり、取られても攻勢を維持できるようにラインの近くにいるなど、どんな相手に対してもアドバンテージを確保しようとする。
対して彼の場合はドリブルで相手を振り切ろうとしたり、詰められる前にクロスを上げたりという展開が多い。
そのため強引な展開がが増えたり、クロスの精度に違いが生まれてくる。
またスピードに乗れない時には不利な展開に陥ることもある。

白とレアの違いは大きく、合わせ役の負担も大きいがアーリークロスを上げられるというだけでも出場試合数を上回るアシストを記録できるのだから、アーリークロス重視は復調してきていると思ってよいだろう。

彼のアーリークロスはファーよりもニアに出したものの方が得点に繋がることが多いように思える。
というのもファーに飛ばす場合は空中戦になることが多く、ほとんどの場合において競り負けてしまうため。

ターゲット役たりえる選手がもう少し強かったら話も変わってきたのかもしれない。

◆累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回


・コリーニ
コリーニ






























彼がボールを持つと相手がわらわらと寄ってくる印象がある。
最低でも2人ほど引きつけ、そのままアバテにつなぐことが多かった。

この引きつける動きがよく、彼がボールを持つと多くの場合においてアバテがフリーの状態になっている。
恐らく、彼が囮となってアシスト役が仕事をしやすい場を作っているのだろう。
まさしくチームの縁の下の力持ちである。

カードの数値にも表れない優れた能力と言えるだろう。。

累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回



続きはこちら
選手別の印象(ボランチ~GK)

・選手別の印象
・ザウリ
ザウリ






























コリーニが攻撃の陰の功労者とするなら、彼は守備の功労者。
相手の後ろからボールをさらい、近くの味方へと確実にボールをつなぐ。

今回はサイドチェンジのような大きく蹴りだすようなプレイはあまり見せなかったが、まるで暗殺者のように静かにかすめ取るような守備が印象的だった。

静かながらの守備にかける意識は強いようで、相手を追って最終ライン付近まで顔を出してくることも決して珍しいことではなかった。


◆累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回


・パロンボ
パロンボ






























中盤の底としてフィールドの様々な場所に顔を出しては相手を抑え込んだり、ボールを奪取するなど中盤守備の軸を担っていた。

しかし、その運動量が仇となってスタミナは豊富にある分類に属する彼であってもスタミナがギリギリになってしまう試合も少なくない。
疲れが溜まってきたなら気をつける必要があるだろう。

◆累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回


・ドミッツィ
ドミッツィ






























守備力はそれなりにあるとは思うのだが、攻撃に関する動きは悉く悪い印象がある。
どうも、自分で持ちあがろうとする気概が弱く、相手がボールを取りに来る素振りを見せたら、背を向けてしまうことも。

守備範囲の広さや卓越した能力というものをあまり感じることが出来ない。

◆累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回


・ガスタルデッロ
ガスタルデッロ






























相手の体を抑え込み、ドリブルの勢いそのままにボールを相手を離すというディフェンスを見せた。
この場合、真っ向からぶつかりに行っているのに倒してファウルを止めることなく、かといって競り負けているわけでもないと誉めるべきなのだろうか?

1人では一時しのぎにもなりにくく、ラインを割ってもどちらのボールになるのかわかりづらいが進路上に現れたら嫌な存在かもしれない。

今回の場合は相手に向かっていったことでこのような事態になったが、これが相手が内に切り込もうとしたタイミングで進路上にいられたりしたらかなり嫌なプレイでは?と思う。

累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回


・シルベストリ
シルベストリ






























3バックの右として使っているのだが、気がつけばWGの辺りまで上がっていることもしばしば。
そこそこにアシストをしようとしているのだが、精度に関してはまだまだといったところだが、ターゲット役が得意な選手と組ませれば活躍できるのでは?と感じさせてくれるレベルにはなってきた。

頻繁に上がって行く彼だが戻ってくるスピードもそこそこあるようでカウンターの穴にはなりにくくなっている。
守備範囲は縦方向に長く、横方向の守備範囲は縦の半分くらい。
ポジションを調整すれば多少横にも広くなるのかもしれないが、スタミナが格別高いというわけでもないのでガス欠には注意が必要と言える。

ドミッツィはカードの置かれている辺りからあまり動かないのに対し、彼はピンチと見るや配置個所から離れた場所であっても積極的に顔を出しに来る。
クロスやカットインといったサイドからの攻撃に対してその印象が強く、逆サイドからの仕掛けであれば自らもガツガツとボール目がけて走り込んでくる。

サイドではパットしないことはあっても、中央寄りでは足を伸ばしてボールをずらすなど水際で防ぐ守備で持って活躍をしてくれている印象がある。

◆累計カード
Y:1枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回


・パリゥーカ
パリゥーカ






























元々の足の遅さもあった左右に大きく降られるプレイの時は間に合うことなく、シュートを打たれてしまう。
調子が低水準で安定していることもポテンシャルを引き出すことのできない重要な要素と言えるだろう。

FCエウローペー12戦では特にひどく、クロスからヘッドだけでもれなく頭の上を越えられ3失点してしまった。
それともイブラヒモビッチが流行っているというのはクロスに高さで合わせるのが強いということなのだろうか?


◆累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回



続きはこちら
選手別の印象(控え)と今回の総括

このページのトップヘ