たまにプレイする人のWCCFメモと使用感

たまにしかプレイしないので色々なことを忘れないようにするためのメモの話。 ※このブログに書いた使用感は個人的な印象によるもので、全ての人に当てはまるものではありません。 不都合などが発生しても責任は取れませんので予めご了承下さい。

カテゴリ: WCCF プレイ日記

プレイしてから報告を仕上げるまでに数日かかってますね。
とりあえずプレイしたよ~。程度の内容を書くだけなのですが、ここまで時間がかかるとは…。

いや、仕事が…。仕事が毎日長引くとです…。
毎日毎日12時間近く働くのは座り仕事とはいえキツいものがあります。
しかも残業代も出ないし。

仕事終わって家に帰ったらご飯食べて、風呂入って、寝るだけの生活だとストレスが溜まりっぱなしです。

繁忙期が過ぎるまでとはいえ、年間の半分が繁忙期というのはいかがなものでしょうか?
・・・そもそも、それって繁忙期というのかな?


普段抱えている不満が少し顔を見せたところで、さて本題。

前回のプレイ日記を半年ぶりにやっとこさ書き終え、いつでもプレイできる状況になった途端、久々にムラっと来てしまったので半年ぶりにプレイをしに行ってきました。

新バージョン初プレイ、半年ぶりのプレイということもあり当初の予定では最初の5試合でミランヴィエリの検証をしてベッカムのアーリークロス検証をする。
…つもりだったのですが、途中で.netのデータが消えてしまうことに気がついたため当初の予定を変更してヴィエリの検証だけすることにしました。

検証の内容はプレイ日記のほうでまとめていくことにします。


・本日の対戦成績
5戦1勝3敗1分
対戦履歴










今回は負け越しているが基本的にスコンクではないだけマシな部類。
それでも4点取られたのは久しぶりな気がする。


・現チームの統計データ
統計データ

















負けはこんでいる印象があるが意外なことに失点率は0.5を下回っている。


・行った練習
ヴィエリを中心に適当に。



・現在のチームグラフ
チームグラフ - 比較















全体的に微増。
テクニックの項目はピクリともしていないため、通常に育成した場合の天井に達したということでしょう。
ここから震撼させるのにどれほどの手間がかかることやら。


・カード配列
□186 ルーカス・レイバ
■243 マルセロ
□J-17-2 60 ヒロタカ・ミタ
■224 グリーズマン
□J-17-2 61 エデル・リマ

■006 ナチョ・モンレアル
■087 キングスレイ・コマン
■251 トニ・クロース
■082 ダビド・アラバ
☆YGS3 ミリンコビッチ


■235 セルジ・ロベルト
□J-17-2 12 ケイゴ・ヒガシ
■029 ロベルト・フィルミーノ
□093 コランタン・トリッソ
■007 フランシス・コクラン

Jリーグのカードが出るようなってから初めてプレイするのでデザインの異なるカードが出ることに少し違和感を感じます。
AKANANASAさんのカードリストを見る限りだと、今回のバージョンはJリーグ以外だと黒が多いようなので掘り出し物たりえる選手が出てくるかが少し気になります。


・今回の感想

改めて今回の育成形式になるとレアチームスタイルの発動が困難になる気がします。
現行チームではそのような選手がいなかったため、特に気にすることは無かったのですが、練習が毎回全体的に少しずつ伸びるのであれば特定のパラメータの新刊が求められるレアチームスタイルとはどうしても相性が悪い。
稀に特定のパラメータを上げる練習が発生するが、今まで指折り数えられるレベルでしか起きていないし、上げられる内容もランダム(だった気がする)。
となると益々、レアチームスタイルとの相性が悪い感じ。

また、このような育成方法だとほとんどの人が似たグラフ構成なってしまい、それまであった個性が薄まってしまうのではないでしょうか?
せめて10試合に1度ほどパラメータを重点的に伸ばす方針を決めて、全体的にグラフは成長するけど指定したパラメータは伸びが少しだけ大きい。とかなら不満もなかったのですが…。

というか、今までの育成方法のままでグラフの伸び幅の上限を無くすのではいけなかったのでしょうかね?


試合内容としては、やはりというかバージョンを跨ぐと動きが悪くなるような気がします。
ブランクが開いているうえに上級タイトルということも大きく影響しているのだろうが、全体的にパスの通りが悪くなった印象。

全体的な印象ではGKの動きが弱くなり中盤。特にトップ下あたりの守備が固くなったような気がします。
攻めるにせよ、守るにせよ一度このあたりの流れが出来あがると一方的な展開になりがち。
前にWMVPカカの前線奪取力が高いと話題になった時の動きに近いような気がする。

ということは、今回はクリロナorメッシの後ろにクライフとかカカを置くのが正解ということでしょうか?
それかチェイシング持ちの選手を置いておくのが吉?

最終ラインはそれほど重要でもない気がします。
中盤の厚みを増させるためにライン際ギリギリの位置に置いておいたほうが相性が良いのかもしれませんが、現行チームのやわめな守備陣では断定するのは難しいかも。

とりあえず横並びの形にするよりかはボックス型に並べるか、スイーパーを採用するなどして層を厚くしたほうが
守備の安定感は増す気がします。
検証のテーマであるアーリークロス自体はまだ使えそうな印象はあります。

ただ今までよりもキープレイヤーにボールが集まりにくい。というか通りにくくなったような気がします。
肝心のアバテ自身もボールが来るのを待つというか、もらいに下がって行ってしまったり、カバーに入ってからの戻りが悪かったりするのも影響しているのかもしれません。

ただ上げる頻度自体は悪くは無いのですが、受け手のほうが重要視される気がします。

今回は相手に囲まれている状態など、強引な状態からのクロスを上げることが多かったこともあり、ボールの性質としてはターゲット役がいるところ目がけてのクロスという単調な展開が多く、上げたとしてもボールに触れないということも多々見られました。

これに対抗するならばクロスを上げる瞬間に飛び出して、マークを外すことが出来る選手か、マークを気にせず強引に仕掛けられる選手が良いのではないでしょうか?
ゴールの近くに上げるならパワー型。離れたところに上げるのなら抜け出し型。といった感じになりそうです。


とりあえず、次回からしばらくはベッカムを用いてのアーリークロス検証をU5で行うつもりだったですが、検証と並行して守備の検証も行っていくことにしようと思います。


とりあえず次回のプレイ方針が見えてきたところで、今回はここまで。


プレイしてから記事をじっくり書き終えるるまで5日ちょい。
今週中に本文全てを書きあげられるだろうかな?

・今回のプレイ動画 
・1試合目



開始時コミュ:スペトロ


・2試合目



開始時コミュ:スペトロ


・3試合目



開始時コミュ:スペトロ


・4試合目



開始時コミュ:スペトロ

・5試合目


開始時コミュ:スペトロ


・6試合目
https://youtu.be/_FzhUpd1zfg

開始時コミュ:スペトロ


続きはこちら
プレイ動画(7~12試合目)

・今回のプレイ動画
・7試合目


開始時コミュ:スペトロ


・8試合目


開始時コミュ:スペトロ


・9試合目


開始時コミュ:スペトロ

・10試合目


開始時コミュ:スペトロ


・11試合目


開始時コミュ:スペトロ


・12試合目


開始時コミュ:なし

(特別指導) (習得:) (変更なし) (緑黄コメ) (アイテム:) (秘書介入)
1.グラウンド:アバテ ○
2.グラウンド:アバテ ○
3.グラウンド:アバテ(黄コメ) ○

先日、東京で雪が降ってから毎日寒くて仕方ありません。
うっかり手袋を忘れようものなら、指がちぎれんじゃなかろうか?という気持ちで過ごしています。
そんな寒さも影響してか野菜(特に葉物)が高騰し、お鍋のパートナーである大根もいい値段するようになってしまいました。
野菜がが高くなるとビタミンの摂取量が少なくなるせいか、風邪やインフルエンザも流行るような気がします。

かくいう私も野菜の摂取量が著しく減ったので、野菜ジュースなどで少しでも補っている状態です。
それでも調子は落ちている感があるので果物も食べてコンディションを整えていく必要がありそうです。

まだまだ寒い日が続くと思いますので、皆さんもご自愛ください。


さて、本題。

というわけで随分と久しぶりのプレイ日記の更新になります。

前回プレイしたのが6月の末なので半年以上前のプレイ日記になりますね。








日記ってなんだろう?
鼻兎2












・選手別の印象
・ヴィアッリ
ヴィアッリ






























スペトロ1戦目でセンターラインを割る位置まで下がってきてからアバテ目がけてのサイドチェンジを敢行。
その後、アバテの上げたアーリークロスを自ら受け取るなど、攻撃の起点~終わりまでこなしてみせた。

低い位置まで下がってくる傾向はチーム立ち上げ時には頻繁に見られるが、連携が出来始める頃になると見られなくなってくるのだが、このような場面で見られるということを考えると根本にあるのは味方との連携で持ってゴールを目指すスタイルなのだろう。

また相変わらずミドルシュートや反転後すぐのシュートは力がない印象なので待つ必要がある点も変わりがなかった。
連携主導の選手でありながら浮き球をダイレクトで叩きこむのはあまり得意ではないのでクロスのターゲットとし
ては少々厳しいところがある。

運も絡んでくるがフィジカルを活かしたドリブル突破をすることがあるので、スルーパスでボールを供給するのがベストと言えるかもしれない。

今回は体を横に曲げながらのトラップからのシュートは決定力が良かった気がする。
クロスボールに対しては「エリア内で前を向いてのトラップ」が得点へのカギになるのは違いない。

彼の長所はもしかしたらトラップの能力なのかもしれない。


◆累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回


・マンチーニ
マンチーニ






























クロスに対して飛び出す動きがよろしくなく、相手にボールを取られてから動き出すということもある。

シャドーストライカーのような動きを期待して1トップ体制下でMF登録をしてみたりしたが、消えている時間が長くなってしまうことも珍しくなかった。

持ちこむ分には強いのだが、ターゲット役としてはチーム内でも最低レベル。
現状ではすっかりアーリークロスが主な戦術になってしまったため、相性はよろしくは無いと言えるだろう。

◆累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:1回

試合:0回


・ドニ
ドニ






























中盤で競り勝てる可能性が高いので中盤に置いておくと相手GKのクリアボール処理という面で役にたつ。
球離れも悪くは無いし、持ちこんでもそれなりに抜けるので思っている以上に早いカウンターの起点になることも。

中盤に置いておくことで攻守において幅広い活躍をしてくれるため、一人いるだけで中盤の安定感が大きく上がる。


累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回


・アバテ
アバテ






























チームスタイルを使用している影響は間違いなくあるだろうが、スペトロであってもアーリークロスによるアシストを加算し続けてくれた。
やはり彼の最大の特徴はアーリークロスと言えるだろう。

今までも何人かアーリークロス重視持ちの選手を使ってきたが彼は上げる頻度がとにかく高く、それでいて精度も悪くは無く。さらにレアリティも圧迫しないと良いことづくめ。
アーリークロスに興味があるなら、気軽に試せる実用性の高さを改めて感じられた。

上げミスなのか、はたまた故意によるものなのかはわからないが選手に出すのではなく、空いたスペース目がけて放り込むこともある。
今回はパッツィーニに対して上げているのを確認したのだが、これは選手ごとに対する相性によるものなのかもしれない。

こちらのほうがフリーな状態で打つことが出来るため、結果に繋がりやすいと思われる。


◆累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回


・コリーニ
コリーニ






























アバテのそばに置いて中継役として使っていたのだが、肝心のアバテとの相性はあまりよろしくなかったのか走らせるパスを出しても反応しなかったり遅れたりということばかりになってしまった。

レジスタとしても使ってみたが、やはり守備力には不安が残る。
この点はドニのほうが上回っていると言えるだろう。

呼吸の合う選手には最高の供給源となりえるが、合わない選手にはとことん合わない印象。
この辺りはバルデラマにも通じるところがあると言えるだろう。

起用するなら素直にトップ下辺りに置くのが良いだろう。
現在の連携の仕様では今まで相性の悪くなかったマンチーニやヴィアッリとの相性が落ちた印象があるので活躍させづらくもある。

過去の仕様では自らも得点源になれる頃合だったろうが、この頃は突然覚醒するような印象があまり感じられないので彼に黒・キラ枠を割く必要が薄くなってしまったと言えるだろう。

うちでは貴重な得点を狙えるフリーキッカーだが、他にも蹴れそうな選手が何人かいるので少々気になるところである。

累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回



続きはこちら
選手別の印象(ボランチ~GK)

・選手別の印象
・ザウリ
ザウリ






























戦術ボタンに素直に従う傾向があり、左サイドで起用していると、「とりあえず」と言わんばかりにサイドチェンジを敢行する。
少しばかり引きつけてくれればなお良いのだが、今でも最短距離を目指せるので悪いものではない。

数値以上に輝くものを持っていることが今回のスペトロで証明された印象がある。

個人的にはコンテ、ザウリ、アバテは縛りゆるめのイタリア縛りなら優先的に入れられることだろう。
イタリアは枚数の多さゆえに層の厚さが相当なものがあるが、その中でも埋もれる選手ではないだろう。

◆累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回


・パロンボ
パロンボ































中盤の守備能力は悪くは無いのだが、その後の展開力は物足りない。
折角、ボールを奪取してもパスミスで再び受けに回ってしまうことも珍しくは無い。

スタミナはあるのだが、動き回るからか思っている以上に消耗は早い。

絶対的な強みは感じにくいので印象には残りづらい。

◆累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回


・ドミッツィ
ドミッツィ






























3バックの左として起用。
SBとしての動きも兼ねているため、時たま予期せぬ位置まで上がってボールを取りに行くことも珍しくは無い。

抜かれてもすぐに諦めることは多くないので、抜かれても相手のマークに付き続ける。

この時のバージョンはDFにスタミナはあまり必要ない印象があるので運動量の割にスタミナは余裕がある。


◆累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回


・ガスタルデッロ
ガスタルデッロ






























足を伸ばして相手の足もとからボールをかきだすなど、CBの中央としてふさわしい仕事をしてくれている。
しかしながら、一人では取りきれないこともしばしばあり、油断をしているとあっさり抜かれてしまうことも。

守備の範囲は想像以上に広いので3バックでも穴を出すようなことはそう多くない。

ボールのクリアは大きく蹴りだすよりも、持ちあがる傾向があるので取られてしまった場合は一気にピンチになってしまうことも気に留めておきたい。

累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回


・シルベストリ
シルベストリ































守備にも貢献してくれるが、それよりも前で待つアバテへのボール供給という面でも仕事をこなしてくれる。

逆サイドにいるドミッツィと比べると守備範囲は狭まる印象があるが、守備力自体はそう違わないように思える。

絶対的なストロングポイントこそ感じられないが、アバテの後ろに置いておくことでボールの供給量を増やしたり、リスクをカバーさせることは出来るだろう。

◆累計カード
Y:1枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回


・パリゥーカ
パリゥーカ































◆累計カード
Y:0枚

R:0枚

累計負傷
練習:0回

試合:0回



続きはこちら
選手別の印象(控え)と今回の総括

このページのトップヘ