たまにプレイする人のWCCFメモと使用感

たまにしかプレイしないので色々なことを忘れないようにするためのメモの話。 ※このブログに書いた使用感は個人的な印象によるもので、全ての人に当てはまるものではありません。 不都合などが発生しても責任は取れませんので予めご了承下さい。

カテゴリ:WCCF プレイ日記 > E・G・Hitch_2nd

チームを終了しての感想
とりあえずバージョンを跨いで使用していたチームということもあり、バージョンが変わったときは動きの変化がひどかった。

印象としてはパラメータこそ育っているものの動きがチーム立ち上げ時のようにぎこちなく、それぞれが機能していないことも多かった。

いわゆる裏パラというものにKPに対する熟練度という項目があるのだろうか?
前々から同じバージョン内でもレアKPの使用条件が整ったからという理由でそれまで全然使っていないKPに変更したときに動き悪くなることがあるのは、この熟練度が低い(システムに慣れていない)から動きがぎこちなくなると考えるといろいろと合点がいく。
今回のバージョンアップでKPの統合があったためそれぞれのKPの熟練度がリセットされたため、立ち上げ時のように動きが悪くなったのだろうか?
まぁ久しぶりにプレイしての印象だったことを考えると勘違いだったことも十分に考えられることだが。

今回のチームの修正点
戦力としての必要なことは中央突破のカウンター中心だけではなく、軸となる戦略を少なくても2つは用意しておいたほうが良さそう。
ウイングにもスペシャリストを置かないとサイド攻撃も戦略の軸として成立せず、ただのオプションになってしまう。
またウイングに一番必要に感じたのは足の速さよりもトラップのうまさだったような気がする。
加速しきってしまえば突破することが出来ても、加速しきる前に潰されてしまえば意味の無いということに気付かされた。
守備に関してはアントニーニ以外に不満はなし。

またスーパーサブ適性(以下SS)がある選手がいないというのは思った以上に悪かった可能性があり、パラメータの上昇よりも悪い流れを断ち切ることが出来無いため、結果として前半の悪い流れのまま押し切られてしまったり点を取りきれないまま引き分けに終わった試合展開がいくつかあった。

押され続けているのなら守備のSSを、攻め続けているのに点を取れないパターンのときは攻撃のSSを投入する必要がありそう。

サブの全白チームでは攻撃系のを入れているが、一方的に攻撃されているときに入れても効果的な結果をあげることは出来なかった。
悪い流れをきちんと断ち切れる選手の必要性を感じた。
 

最後のデータ対戦の結果を公式サイトで確認したが結果は1-0で1回戦敗退。
 
支配率、シュート本数では僅かに勝ってたもののチャンスを決め切れなかったことを考えるとポジションに大きな誤りは無かったと考えても良いのだろうか?

試合の放送自体は終わってしまったので詳しいところはわからないのはやはり残念。

三国志大戦や戦国大戦みたいにWCCF.netで過去の試合の再生やデータ対戦が出来れば課金する価値があると思うのは私だけなのだろうか?
試合中には気付かないところも見れるから自分のチームの研究も選手のレビューも捗ると思うのだが。 

本日の戦績
7戦7勝
・CT





・JT

・レギュラー

オファー辞任→メキシコシティ

師弟
ヴィアッリ、マンチーニ、アントニーニ

最後の最後にJTに遭遇。
CTも獲得し、直前にあったボーナスの効果で好調、絶好調でデータ対戦に登録出来たのは良かった。
継承したチーム(Rabies Growl)でEPCを獲得したら10億までいったので、レギュラーを飛ばしてEPCの決勝で辞任すれば10億まで年俸がいったのかもしれない。

個人別使用感
・ヴィアッリ
もはや伝説と実況されるほど点を取りまくった。
最終的には200点くらいまでいったと思う。

本日の戦績
8戦6勝2敗
・コンチネンタル
勝(優勝)
・Sコンチネンタル
・WT
・プレシーズン
勝(優勝)
(残り任期:10試合)

選手別使用感
・タッキナルディ
印象に残るプレイが見られなかったのでバローネとレギュラーを交代。
途中からの投入でどうなるか。→あまり自分の持ち場を離れないタイプなのかもしれない。ザネッティが追いかけているのを少し離れた所から見ていた。パスコースを切っていたのか?
プレスボタンを点灯させてもプレスに行かないのは困り所。
あまり目立たないポジションでの起用だったため活躍がわかりにくいだけだったかもしれない。
ボールをとると少しドリブルをしてからパスを出すのが基本。
稀にアシスト性のパスを出すこともある。

・キエッリーニ
攻守にわたり、かなり高い位置まで上がってプレイすることがある。
ディフェンスだけでなくコーナーの合わせ役としても優秀でコーナーからハットトリックをかましたことも。
守備は最後の要になることが多く、ザンブロッタやネスタが追い詰めた相手にトドメを刺す。
スライディングも積極的に仕掛けるがカードをもらうどころか、ファウルをもらうことも稀。
しかし、どの選手にもあるようにファウルを与えてしまう時は与えてしまうが、それでもネスタよりファウルを貰うことは少なかった。

・アントニーニ
個人が成長し相変わらず守備は軽いが穴を空けなくなり、クリアの距離も伸びた。
積極的に呼び出せばすぐに星が付いていった気がするが成長しきるまでは多少の我慢が必要。
成長しきっても高い位置に上がりたがる癖は健在でトップ下の位置まで上がってくることも度々ある。
高い位置に上がってからのパスも通常時と変わらずシンプルなショートパスで、密集地帯では相手CBに取られてしまうことが多い。
高い所に上がって行ってもあまり期待しないほうがいいかもしれない。
高く上がった時は中に切りこむ癖、ボールを持ちたがる癖もあるは変わらず。

守備は軽さの問題は厳しくwtなどでは少し厳しいかも裏面のポジションを見る限り、DFよりMFの方が適正が高いことが発覚。やは左SHでの起用の方が適していると思う。

・ザンブロッタ
自分のエリアに侵入してきた相手に一度抜かれてもすぐにまた襲いかかるが、上がっている状態では守備意識も少し身を潜める印象。守備もやや軽い気がする。
フィルター役ならかなり優秀。
スライディングは控え目。

・ペリッツォーリ
最終ラインまでで防ぎきってしまうことが多いため仕事をする機会は少ないが、相変わらず優秀な印象。
ミドルにも対応出来る可能性が発見された。少なくともシャビアロンソのミドルには対応出来た。
超至近距離では反応出来ないこともあるが誰も取れないシュートのことがほとんど。
クロスなどを上げられたら飛び出しボタンでカバーする必要がある。
自分では前に取りに行くことがないのでプレイヤーが飛び出しでカバーしてやる必要がある。
飛び出せば身体のどこかに当たり、待ち構えたりプレイヤーが反応出来ないシュートにも反応してビッグセーブを見せてくれる。
飛び出しボタンを押せばすぐさま飛び出してくれるので足が遅いという印象もない。
高さ、リーチ、パワー、スピードとGKに求められるものを全て兼ね備えており、欠点らしい欠点が感じられない。
任期中PK戦になったことが一度もないので強さはわからないが、フィールドでのPKは一度あり、そのPKは止めたが強いかどうかは判断することは出来ない。

・ネスタ
ディフェンスラインから離れずに仕事をこなす。
しかし精度が甘いのかキエッリーニが目立っているせいか仕事をしている印象がない。
待ち構えるタイプのディフェンダー。
相手のフェイントに惑わされないので安定した守備を行うことが強み。スイーパーとしての起用がベスト。
一方で守備範囲はあまり広くないようなので、相手の動きに合わせてカードを動かした方がスペックをフルに引き出せそう。

・ユリアーノ
前回の評価は個人☆なし、戦術☆2での状態での使用感。
☆がもっと付いていたら評価は変わっていたのかもしれないし、そうでもないのかもしれない。 

オファー
リーズ なし CK練習 1st
メキシコシティ なし FK練習 プレミア

本日の戦績
9戦9勝
・フレンドリー
・レギュラー
・ICC
・レギュラー

選手別印象
・コンテ
クロスに対してボレーで合わせようとする場面が見られたり、実際に本職FW顔負けな強力なシュートをクロスに合わせる場面も見られた。
一方でICC獲得後は動きにぎこちなさが出てきて攻守にわたり動きがあまりパッとしなくなった。
一体どちらの姿が本当の姿なのだろうか。

・タッキナルディ
kpにした影響か、はたまたポジションの影響か休みの影響かわからないが、タッキナルディの動きが一時的にいつもより素早くなったが、次の試合には元に戻ってしまった。
選手の調子に関わらずプレイの安定感にやや欠ける印象。

・コリーニ
逆サイドアタックを使っているときは相手DFを引き付けてから決定なラストパスやクロスを出していた。
ロングパス重視より効果的かもしれない。

・ザンブロッタ
サイドバックとして使うよりもボランチとCBの間で使ったほうが守備範囲の広さやスピードを活かせる印象。
その場合は1枚で良い。

・ヴィアッリ
成長しきってしまえば調子に関係なくゴールを量産してくれる。
ただ精度が若干落ちるようで相手GKに弾かれたりしてしまう。
威力に関しては減衰など一切なし。
キャプテンシーボーナスはモチベーションの選手を使うのが良い感じ。
エリア外からのシュートは入るときもあれば入らない時もある程度のもの。
安定感にはかけるのでシュートを打つときはキチンとエリア内に入ってからにしたほうが良い。
一歩でもエリア内に入ってしまえばどこからでも強力なシュートを打つことができ、エリアの角からでも角度がないところからでもボールがゴールネットに突き刺さる。

・バローネ
相手のボールに積極的に足を伸ばして取りに行くプレイに好感が持てる。
取りきれないことも多いがまとわりつくので相手のスピードを落としてくれるのも良い。
パスはKPによるところもあるだろうが長短を使い分けている印象があり、精度も悪くはない。
彼一人で止めているわけではないのであまり目立たないが、影に日向に守備を支えているという印象がある。

・マンチーニ
ゴールエリアに近い位置からの直接FKなら決められることがわかった。
絶対的な名手という訳ではないのでキッカーに指定するのは辞めておいたほうが無難かも。
FK自体はゴールの角にカーブをかけて狙うタイプ。

・ユリアーノ
リベロ+3CBの左CBとして使用。
サイドから攻めてくる相手に対して積極的に仕掛けにいくものの相手に触れることなくかわされてしまうことがほとんど。フィルターとしても疑問点が残る。
スライディングをしても目測が甘いのか届かないこともしばしば。
相手選手の上にマークするように置いていても近くにボールがくるとマークを無視してそっちに向かっていってしまい、そこからパスを通されて突破されてしまうこともあれば、動き回るタイプなのかトップ下の位置まで上がっていて守備陣に大きな穴を開けていることもある。
彼を使うのならボランチに置くのがベストだと思われる。
ボールホルダー目掛けて突っ込んでいくので、スピードの早い選手をまとわりつかせてスピードが落ちたところにぶつけさせるのが理想的。
いずれにしても彼一人で相手の攻撃を防ぐことはまず無理だと思っておいたほうがいい。
昔ならいざしらずカード排出で種類が増えた今なら特に固執して使う必要はない。というのが素直な印象。
覚醒させるならスピード一択。
使用出来る範囲は広いのは強み。
パスについては奪取出来なかったので不明。

KP別使用感
・逆サイドアタック
ロングパス重視と同じく、大きく蹴りだすパスがを出すことが増えた印象。
ロングパス重視との違いは方向ボタンの点灯に関わらずサイドから攻撃をするようになることと、バックパスをするようになること。そして両サイドのボタンを点灯させないと大きく蹴りだすプレイが見られなくなること。
前にスペースが開く、フリーの時以外はあまりドリブルを使わなくなった印象もある。
両サイドのボタンを点灯させない時はロングを出さなくなることが増え、その場合はショートパスで確実につないで攻め上がっていく印象。
ロングパスを軸にした攻撃の組み立てではなく、相手の動きやポジションなどで使われるオプション的なもの。
逆サイドに大きく蹴りだすプレイは今回の9試合中では1度しか見られなかった。

・フォアザチーム
その時、その時で足りないものを補ってくれている印象。
トップ下での起用、ヴィアッリの調子が悪かった時は本職のストライカーにも負けない強いシュートを放ったり、ボランチで使用した時は守備の積極性が増した印象。
欠点としてはその対極にあたるプレイの質が悪くなること。
簡潔に言えば攻撃に積極的な時は守備力が落ちる印象。
また、試合毎にムラがある気もする。
ただ、これはランクBでの使用感なのでより上のランクやレアKPになった時にどうなるか期待が持てる。
安定感が増したなら今よりも強力なスキルになるかも。
ディフェンダーが使うのならカバーリング型のDFが多ければフォアチェック気味に、フォアチェック型が多ければカバーリング気味にプレイするかもしれない。

・ムービングパスワーク
良いパスが出せずドリブルもしづらいと判断したときはバックパスや近場でパス交換をする時もある。
パス交換は主にCB同士やボランチ同士で行う。
「素早く攻めろ」のようにスピードや支配の上がるハーフタイムコミュニケーションと組み合わせることで動きが更に加速するかも。


・オファー
パリ ジュゼッペ・スクッリ、なし

総評
捨てクレで1回プレイし、次の大会がICCだったのでプレイ。

ボランチの縦並びは有効な手段かもしれない。
中央はフィルターが1枚増えた印象になり、相手のドリブル突破を遅れさせてくれる。
サイドバックの位置を高くし、CBとボランチの位置の間に置くことでサイドからの突破に対してもフィルターをかけることが出来ている。

久しぶりに上級タイトルを獲得した。
来たオファーはプレミアディビジョン優勝と同程度。

あと18、9試合で任期が終了する。
現在の年俸が9億1500万キングスクラブなどを獲得し続ければ10億も狙えるかもしれない。

ICC獲得前と獲得後でプレイに差が出た。
獲得前は積極的に動いていたものの、獲得後は全体的なプレイの質やスピードが落ちた。
もしかしたら直前に達成した公式戦20連勝が影響しているのかもしれない。

実況で誰かがベストイレブンに選出されているみたいなことを言っていたので週明けに見に行ってみるのもいいかもしれない→結局店内BEには選ばれていなかった。

このページのトップヘ