たまにプレイする人のWCCFメモと使用感

たまにしかプレイしないので色々なことを忘れないようにするためのメモの話。 ※このブログに書いた使用感は個人的な印象によるもので、全ての人に当てはまるものではありません。 不都合などが発生しても責任は取れませんので予めご了承下さい。

カテゴリ:使用感メモ > KP

・チームスタイルの説明文
チーム全体でゴールへの最短ルートを意識した攻撃を行います。
(AKANANASAさんより)

・使用したときの状況

使用したチーム:ShaggySheep
使用した選手:アクセル・ビツェル(1213黒)
使用時のランク:S
使用したときのグラフ:
チームグラフのみ












・実際に使用してみての感想

ドリブルよりもパスを選択することが増え、チーム全体が指示ボタンに従いやすくなる印象。
パスはショートパスだけでなくロングパスも増えるが縦ではなく横方向へのパスが増えた。
例外としては最終ラインから中盤ないし前線にボールを渡すときのみ縦方向へのロングパスが行われる。
しかし、これは指示ボタンで右サイドを点灯させていたため横方向への展開が増えたものと思われる。

左右どちらかのボタンのみを点灯させている場合はそちらの方向目掛けての素早い展開が増えるが、両方を点灯させているときや中央を点灯させているときはあまり恩恵を感じることは無かった。

説明文では最短ルートを意識した攻撃とあるが、そこまで最短ルートを通っている印象はない。
どちらかといえば無駄な動きを極力減らしている印象である。
敵陣中央を過ぎたあたりからは無駄にパスを出すような動きもしなくなるが、自陣では最終ライン付近でのパス交換を行うなど無駄とも取れる動きをすることがある。


・最終的な評価
今回のバージョンでは人気のチームスタイルらしい。

実際に使ってみてわかったことは癖が無く非常に使いやすい。
似たチームスタイルとしてはムービングパスワークが思い当たるが、ムービングパスワークはドリブルとショート~ミドルパスを中心に組み立てられているのに対し、ダイレクトプレイ重視はパスを中心に組み立てられており長短のパスを組み合わせてボールを運ぶ印象で無駄なドリブルを省いている印象である。
ムービングパスワークと似たような感じで使うことが出来るのでチームの育成方針と相談して使い分けるのもいいだろう。

過去のバージョン(0405だったか?)ではスタミナの消費が多くなるという話だったが現在はそのような印象はないため1試合を通して使用してもなんら問題は無い。

パスワーク系のチームスタイルとしては必要なパラメータがスピードというのも特徴でプレス系の守備チームスタイルを使いたいがパスワーク系のチームスタイルも合わせて使いたい場合には1stチョイスとなるだろう。

かなり久しぶりになるKPの使用感メモなので書き方をいささか忘れているかもしれない。
昔はKPと呼んでいたが最近はチームスタイルと呼ぶようにすることにしたので、その辺りもどうするか考える必要がありそうである。

・チームスタイルの説明文
キープレイヤーによるゲームメイクを意識した攻撃を行います。
(AKANANASAさんより)

・使用したときの状況

使用したチーム:ShaggySheep
使用した選手:カルロス・バルデラマ(ATLE)
使用時のランク:S
使用したときのグラフ:
チームグラフのみ












・実際に使用してみての感想

説明文にある通り、チームスタイルの対象となるのはKPとして指定した選手のみでそれ以外の選手に動きの変化などは現れない。
対象に指定した選手のパスやクロスの精度、テクニックが上がる印象がある。
テクニックはドリブルよりもトラップなどボールを受ける方面で上がるようでトラップをしたときにボールを遠くに落とすことは少なくなった。

しかし、以前のフィールド支配のようにキープレイヤーに指定した選手を必ず経由するというわけではないので攻撃面での目覚しい変化やキープレイヤーによるゲームの組み立てを実感できる機会は少ない。


・最終的な評価
このチームスタイルを所持しているバルデラマもバージョンがもう少し早く出てくれたならばゲームメイクではなく、当時の最高峰のチームスタイル「フィールド支配」だったと思えるだけに非常に残念である。

ボールを経由しなくなってしまったというデメリットは想像している以上に大きなデメリットであり、ボールを持っていない時間のすべてがチームスタイル無しでの試合と同意義である。
現時点では。少なくとも現在のチームにおいては使用する意義を感じないチームスタイルになってしまった。
相性の良い選手を集めてチームを構築するか、レアチームスタイルでもあれば随分とイメージが変わってくるのかもしれない。

他のKPと異なり、漫然と使用してもプレイの質に大きな違いがある印象は無いというのが特徴。
このKPを使っていてもドリブルの突破力が増したり、指定している選手にボールが集まったりという印象もない。

効果としてはミドルシュートの威力や精度が上がるというよりも、射程が少し伸びて消費するスタミナの減りを抑えることが出来るようになった印象がある。

威力と精度が上がらなかったというのはチャールトンを基準にして見ているため、他の選手が打ったのであれば威力や精度も増しているのかもしれない(トマソンがチャールトンに引けをとらないミドルを決めたため)。

通常のシュートには関してはこれといった変化はないようで、これといった違いは感じなかった。

ランクS、レアKP「キャノンシュート」になった時に印象がどう変わるかは要検証。

それぞれの状態になった時に追記しようと思う。

13-08-28:追記
ついにKPがキャノンシュートになったので次回プレイ時から使用感をまとめていこうと思う。

使用環境
O:ミドルシュート重視(A)
D:ハードプレスディフェンス(B) or プレスディフェンス(B)
S:チェイシング(B) or フォアザチーム(A)

13-04-16時点での印象は前線での奪取力が上がったり、前線で積極的に奪取を仕掛けるようになるというよりも、守備範囲が後ろに伸びるといった印象でセンターサークル付近にも頻繁に顔を出すようになる印象がある。
 
Bランクの時点では守備範囲が横に広くなった印象はないので、ランクが低いうちから守備にも貢献させたいのであればカードを配置する位置が重要になってくると思われる。
CBが主な相手になる中央のトップ下辺りの位置がベストかもしれない。
 
センターラインよりも深く、ボランチの辺りまで戻っていくこともしばしばあるので足の遅い選手の場合は、ディフェンス時には間に合わず、攻撃時には存在しないなど戦略的な致命傷になる可能性は高いので、イアクインタのようにパワーの高い鈍足タイプよりも、ビジャやエトーのようにパワーは低くても足の速い選手の方が活きるかもしれない。
KPとして使用しているビジャは奪取するときは足元から掠め取るタイプだったので、パワーに関しては特に問題は発生しなかった。
こちらもランクが上がったり、レアKP「フロントミッション」になることで守備範囲や奪取力が増したり、襲い掛かるタイミングが良くなるかは要検証である。

こちらもミドルシュート重視と同様にランクアップに伴い、徐々に追記していこうと思う。

13-08-29:追記
チェイシングは幅広い守備を期待するスキルというよりも目の前に来た相手を追いかけるためのスキルと考えるほうが正確かもしれない。

そのため、
□●□□□□□□□
□□□□□□●□□
□□□□●□□□□
↑のようにずれて配置するのではなく、
□●□□□□□□□
□●□□□□□□□←この辺りにチェイシング持ちを配置する
□●□□□□□□□
というようにライン際などで相手の攻撃の方向を限定させて扱うほうがその効果を発揮させやすいと思われる。

ライン際で高い効果を発揮するKPといえばクロス重視。
今回サンプルとして使用したビジャのいるチームにはクロスの名手であるダニエウ・アウベスがおり、KPはフロントミッションと同じパラメータでレアKPが発動させることができる。

先述した用法とあわせて考えると1011の黒ビジャの最大のパートナーはダニエウ・アウベスということで間違いないと思われる。
WGにはさらにメッシを配置したり、CFでイブラヒモビッチを使えばかなりガチでタチの悪いバルセロナ縛りを作ることが出来るかもしれない。
 

使用環境

O:ミドルシュート重視(A)
D:ハードプレスディフェンス(B) or プレスディフェンス(B)
S:チェイシング(B) or フォアザチーム(A) 

KPをミドルシュート重視(A)からフリーロール(A)に変えたとき、選手の動きが今までのものよりも明らかにキレのある素早いものに変わった。
大まかな印象としてはムービングパスワークのドリブル版と見てよさそう。

ムービングパスワークがチーム全体で攻撃を仕掛けるのに対し、フリーロールは単独での突破からゴールを狙っていくのが基本になる。
他の選手はKPに指定した選手にボールを回すために素早く持ち上がったり、細かく正確なパスワークでボールを運んでいく。
最前線にいる他のFWも単独での突破が増える印象があり、普段は直線的でシンプルなドリブルを使うことが多いチャールトンも足元で行う細かいフェイントが増え、単独での突破を図る。

チーム全体に運動量が増える印象があるので、スタミナの減りも全体的に増す印象がある。
とはいえ、今までのキングオブフットボールほどではなく、前後半の半分でスタミナが全て無くなるというほどではない。

試合開始時から使うよりも、相手も消耗してくる後半から使用したほうが効果を発揮すると思われる。
1試合通して使おうとするにはスタミナの多い選手を優先して入れる必要がある。

検証するときにしようしたクリロナは元々の運動量が豊富なため、フリーロールを使用していなくてもスタミナがギリギリになってしまうことがあるので使用するタイミングやポジションが非常に大事になってくる。

以上の点を踏まえると前回では強力だったフィールド支配がゲームメイクと統合された影響でKPが弱体化した印象があるWMVPのカカよりも、EMVPのカカを使用したほうが爆発力があるかもしれない。

初心者の方が初めて使うのならばシンプルな動きで癖が少ないながらも全体的な能力が高く、価格も安いのでEMVPカカで試してみたほうが良いかもしれない。

使用環境
O:フリーロール(A)
D:ハードプレスディフェンス(B) or プレスディフェンス(B)
S:チェイシング(B) or フォアザチーム(A) 

このページのトップヘ